2010年09月18日

五感が磨かれる

今年度の後期より「マーケティング論」の講義を持つのだが,
三井不動産の協力を得て,授業を進める予定。
三井不動産の関連会社にららぽーとマネジメント株式会社があり,
そこが広島市西区にあるアルパークという商業施設を管理運営している。
そのアルパークが教材。

先般,三井不動産のA氏とアルパークの所長さんと打ち合わせをしていた。
雑談も含めながら,いろいろ話していたら,所長さんが次のように言われた。

ネット等を通じて通販で買い物が簡単にできるけれど,
実際にお店に出かけた方が,五感が磨かれる。
お店に並べられている商品を眺めるだけでも,
季節の移ろいや流行の変化を感じ取ることができるから。





「五感が磨かれる」・・・メモメモ。



車通勤であり,買い物もできるだけ通販ですませたいと思っている私自身の五感は鈍っている。
まずは,私が磨きに行かねば。
posted by H.A at 18:26| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ISO26000勉強会

広島市企業等社会貢献員会が主催するISO26000のガイダンスにゼミ生と一緒に参加した。
講師は,産業界代表としてISO26000策定に関わっておられる損害保険ジャパン 理事CSR部長 関 正雄氏。

学生にとってはまだ夏休みなのに,よく参加した!えらい!(教員バカですみません)

ISO26000ガイダンス.JPG

2時間に及ぶ講演が終了した後,
場を変え,関氏と同委員会に所属する企業のCSR担当者とで情報交換会が行われた。
私もオブザーバーとして参加し,意見や質問をさせてもらった。

企業の方からもCSRに関する現在の取り組み状況など情報提供がなされたが,
その中で次のような意見があった。
ようやくCSRブームがおさまり,
企業独自のやり方でCSRに携わることができるようになったこの時期(2010年12月)に,
こうした規範が発行されると,また考え直さなければならないのではないか。

関氏はその意見に対し,このISO26000は,活動の検証に活用すればよいのであり,
そう難しく受け止める必要はない,
企業がCSR経営を行っていることを慢心しないツールとして使えばよいのですよ,と答えられた。



その会合に参加している企業は,大企業であり,CSR経営に熱心な企業ばかりだ。
よって,ISO26000の項目と現在の活動を照合しても,遜色ないことをしていると思う。
ただ,CSRの定義が曖昧であるがために,企業の担当者の方も不安に思われるのであろう。

CSRとは,当たり前のことを当たり前にして,利潤を求めることだ。
ISO26000のような規範は,何が当たり前を明確にするために存在するのだと思う。
ただ,そうした活動を明文化し,情報開示しないといけないところが企業にとっては,工夫が必要なところだ。
一部の最適が,他では不都合になり,全体最適につながらないこともあるからだ。
だから,ステークホルダー議論が生じる。
posted by H.A at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする