2010年08月29日

ペリカン カムバック

日本通運の宅配サービス「ペリカン便」を私は愛用していた。
出張や、参勤交代など、ペリカン便には本当にお世話になった。
配送センターの事務所の人も、配達してくれるお兄さん(おじさんかも)も感じよかった。
荷物のトラブルなど一切なかった。

それが、昨年4月より、郵便事業株式会社とで設立したJPエクスプレス株式会社になり、
挙句の果てには、今年7月1日に、JPエクスプレス株式会社の宅配便事業が
郵便事業株式会社のゆうパック事業に引き継がれたため、
全く持って日本通運に頼ることができなくなってしまった・・・

郵便事業株式会社の「ゆうパック」は、遅延等の騒ぎもあったし、
配達する方々が、恐らく再雇用であろう年輩の方らしく、
年齢は良いにしても、制服ではない。
制服萌え〜ではないけど、制服でないのは、企業の信頼感にかけるような気がする。
おまけに、休日に営業している郵便局が我が家からは遠い。

ならば、と制服で私企業のクロネコヤマトに!と意気揚々とお願いしたら、
荷物が行方不明になり、余裕を持って指定した日にも、その翌日にも届かなかった。
企業の対応も全く埒があかず、現在の輸送システムでは、
預かった荷物が陸送で移動しているのか、空輸中なのか、飛行機待ちなのか、把握できないという。
温厚な私が久々に大声を出したほどだ。
結局、ホテルをチェックアウトする朝に届いたのだが、時はすでに遅し。
それ以外にも、配達時にノックもチャイムもなしに、ドアを開けようとする態度に、
疑問を感じる(それも玄関ではなく勝手口で)。

となると、制服というのは関係ないなあ。

やはりゆうパックが良いのだろうか。
ペリカン便に戻ってきてほしいと切に願う。
posted by H.A at 07:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする