2010年07月07日

大リーグボール養成ギブス

勝間和代氏の講演を聴講するには,
2000円を支払い,『女に生まれたらコレを読め ○活必勝法』(2010)扶桑社を
購入することが必要だったので,
せっかくなので読んでみた。
(ちなみに同書籍は1200円なのですけどね)

読んでいくうちにまた,一つ面白い言葉を発見,メモメモ。。。

「子育ては大リーグボール養成ギブスである。」
(『女に生まれたらコレを読め ○活必勝法』(2010)扶桑社 p.107-108)

巨人の星の同ギブスが運動性生理学的に効果があるか否かは,
ここでの議論ではないことを前提とした上で,
子育ては,時間,行動範囲,金銭的な制約を同ギブスのように女性にもたらす,と。
よって子育ては私たちのメンタル力を鍛える,と。
そして,子どもがひとり立ちする時こそ,女性がそのギブスを外し,
飛雄馬が速球を投げたように,
強いメンタル力と,手にした時間を使って,新しい活動をすることができる,と。





なるほど。うまいことを言う。

ギブスをつけることの喜びや,ギブスをしているからこそ味わえる幸せもあるが,
やはり,このギブスは心身ともにきつい。
だから,時折ギブスを引きちぎったり,脱いでしまう人もいると言えるでしょう。
(虐待や育児放棄など)
ギブスのばねの強さは人の子育て観やサポート環境によって違うけど,
自らの力を鍛えるギブスをエンジョイしたいものだ。
また,ギブスをつけることに躊躇しない,そんな社会であることを望むなあ。
posted by H.A at 05:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする