2010年04月30日

既得権

著名な有識者が書く本に,?と思うことが時おりあって,
しまった,読むほどのものではなかった,と(生意気ながら感じる)いうモノが多い中で,
先般読んだコレは非常に面白くて,納得しながら読んだ。

『なぜ若者は保守化するのか―反転する現実と願望―』(2009)
山田昌弘 東洋経済新報社

この本を読みながら,ずっと頭に残った言葉が「既得権」。

既得権とは,Yahoo辞書によれば,
「一たび獲得した権利。法的根拠に基づき、すでに獲得している権利。 」

これにもっとつけ足せば,
現在ではそれを獲得するだけの力もないのに,
過去の栄光の利子のみで持ち続けている,という含意があると思われる。

見渡してみると,既得権が社会を横行している。
私自身も既得権を持っている一方で,
何か新しいことをしたい場合には,他の既得権に阻まれる場合もある。

最近,あちこちで既得権が目につく。
これは主体によって、メリット、デメリットになるかが異なる。

ほら,あなたの目の前にも既得権が!!!
posted by H.A at 06:11| Comment(6) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする