2010年02月01日

個人商店

車でよく通る道沿いに,気になる個人商店がある。
食材を中心とした街の万屋,といったところか。
クリスマス時期には,シクラメンの鉢が店先を賑わせていた。
常に季節の野菜や果物が所せましと置いてあり,
気になりながら,寄れずにいた。

と,10分ほど時間ができたので,寄ってみた。

野菜や果物が新鮮で安価であることに感激した。
買う気もなかったのに,ホウレンソウやら小カブやら,ネギやら買った。
(所帯じみてて,悪いね)

ただ,生鮮食品以外の,お菓子や調味料などは,数が少ない。
売り切ろうと思って,仕入れていないのが一目瞭然だ。
実はこの店の隣のブロックに,
大きなスーパーマーケットが出来つつある。

レジで支払う時に,店主らしき年配の女性に,
「店を終われるのですか?」と聞いた。
「もうね,年だからね。
 ちょうどスーパーマーケットができるから,潮時よ。」とおっしゃる。
「残念ですね。こんなに,お安いのに・・・。」と言うと,
「そうね,ここは賃借料が不要だから,その分安くできるからね。」とのこと。

気になりながら,ようやく立ち寄れたのに,閉店とは残念。
スーパーマーケットの便利さの恩恵を受けつつ,
こういう個人商店が無くなっていくのが寂しいと思うのは,
自分勝手だろうか。

資本主義社会だの,自由競争だの,私はそれを是として研究してきて,
理屈は重々承知の上だけど,
センチメンタルな気分にもなる。
大型商店と個人商店の共存はいかに?
これは経営者としての,後継ぎの問題も絡む。

それにしても,私は,間もなく開店するであろうこのスーパーマーケットの,
被害者だ。
しばらくジャージのお兄さんのマッサージも受けられていない。
http://bouchukan.seesaa.net/article/130252181.html

posted by H.A at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

「おとうと」

映画「おとうと」鑑賞。

感想は一言。























吉永小百合さんのようになりたい。


ちなみに映画は,
CGも殺人も激しい恋愛もない映画です。
こういう映画が好きです。

山田洋次監督に完敗&乾杯バー


だけど,寅さんの方が好きです。
posted by H.A at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月06日

個人商店その2

前回の「個人商店」の記事の続き。
http://bouchukan.seesaa.net/article/139974051.html

妙な正義感のようなものから,その3日後,
また私はそのお店に寄った。

人間というのは勝手なもので,2回目には最初ほどの感激がない。
おまけに自分の中のお店に対する期待値が高くなっていて,
マイナス箇所が目に付いた。

例えば,安いと思っていた野菜が,前回と全く変わっておらず,
古くてしなびているとか,
実は安いものは,ほんの一部で,ほとんどは市販の価格設定と変わらない,ことなどだ。

その小売店は,店を閉めることを前提としているので,
大幅な商品の入れ替えなどはしないのだろうけど,
これなら,私のお気に入りのイオンの特売品の方が安い。

やはり,一消費者としては,
大量仕入れの安い,新鮮!に軍配か。





一方,社会全体の視点では,
大型スーパーマーケットの,
大量仕入れで古くなった食材の行方を考えれば,
この個人商店のように,古くても客に提供する方が,地球に優しい?
posted by H.A at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月07日

トイレ

ここ数年,自身の参勤交代で心の余裕がなく,多くの人に不義理を働いていたので,
最近は罪滅ぼしのように,周囲の人とコミュニケ―ンをとっている。
その一つとして,この週末,我が家に人を招いた。
我が家にこうした来客があるのは,何年ぶりだろうか。

その日は朝から掃除に明け暮れた。
日頃,省エネ的な掃除をしているし,年末の大掃除の時期は寒くて体が動かないしで,
そのつけが,シンデレラなみのぞうきんがけを私に強いる。

掃除の後は,食事の準備だ。
自分の身なりを整えることも必要だ。
それから,彼らの訪問時刻までに,どうしても買いものに行きたい。
トイレのマットとトイレットペーパーホルダーのカバーが買いたいのだ。

我が家のトイレのマットはゴージャス系の柄の紺色,
トイレットペーパーホルダーのカバーはレースの付いたピンクで,
どうにもこうにもミスマッチだ。
毎回トイレに入るたび,このミスマッチに違和感を覚えながらも,
トイレを出ると,その他のこもごもに追われて,忘れていた。
よって,ミスマッチはここ数年続いていたことになる。
(なぜ,そんなミスマッチが生じるような買い物を過去にしたのか,記憶にない。)

しかしその日は,午前中にシンデレラのように床拭きをトイレにもしながら,
この組み合わせはいかん!と強く感じた。
なぜなら,今回の来客の一人は,超オシャレなのだ。
だから,彼女の手前,くだらぬミスマッチは,何としても避けねばならない。

訪問客の「今から向かいます」のメールとともに,
私は車で家を飛び出てお店に向かった。
グリーン?ピンク?
我が家のトイレの床や壁は何色?と悩みながら,
アイボリーのトイレマットと,トイレットペーパーホルダーのカバーと,
スリッパを購入した。

購入後,私の素早いハンドルさばきと小気味なエンジンの操作により,
(*軽自動車なので,単にふかしただけだが)
家にたどり着いたと同時に,来客の車も到着。

ギリギリセーフ!















たまにはこうして来客を招こう。
とにかく家がきれいになる。
次回は,松井棒を買っておきたい。
posted by H.A at 20:47| Comment(2) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

覚えてますか?

家にパンが無いので,わざわざドンクにまで足を運び食パンを買った。
バターと蜂蜜を塗って食べたらおいしいぞ〜

すぐには食べないので冷凍庫に保管。






と,

















冷凍庫には,アンデルセンの食パンが一斤まるまる入っていた。
パンが無いからと,昨日買ったんだった。




ということがよくある。
二階に行って用事を忘れるなんてことは日常茶飯事だ。
「後,しよう!」では,必ずすることを忘れるので,思い立ったらすぐしなければならない。
で,したことを忘れるのだから,どうしようもない。

お風呂に入って顔をちゃんと洗顔料で洗ったかどうかが,
この前はわからなくなった。

自分に対する被害ならいいのだけど,
こうしたモノワスレにより,
もしも皆さまに迷惑をかけたり,
失礼なことをしてたら,
ごめんなさいね。

先に謝っとく。
posted by H.A at 06:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ジーパン→ジーンズ→デニム

1月の半ばの池袋のいつもの台湾料理屋での1コマ。
服飾品の呼称の変化の話題になった。

例えば,現在の「タートル」。
以前は「とっくり」だった。
これは,お酒を入れる徳利に形状が似ていることより,そう言われていたようだ。
「タートル」は英語で“turtleneck”のこと。

また,現在の「レギンス」。
以前は「スパッツ」だった。

続いて,現在の「カットソー(Cut&Sawing)」。
「Tシャツ」でいいではないか。

そして,数年前から流行しているチュニック。
これは,お腹が隠れて良い。
(またウエストマークするスタイルも流行し始めているが)
このワンピースのような,ブラウスの裾の広がったようなチュニックは,
昔は「あっぱっぱー」と称呼していたらしい,と私が言うと,
海先生から,
「あっぱっぱー」ではなく「あっぱっぱ」だと修正された。

最後が「ぱー」ではなく「ぱ」。


ということで,今年の冬は,以下の「あっぱっぱ」がお気に入りで,
白いとっくりと組み合わせて,制服のように着ている。

あっぱっぱ.jpg

posted by H.A at 19:01| Comment(2) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

興行成績連続一位は気になる

先週末,時間に余裕をもってシネコンまで足を運んだにもかかわらず,
満席でチケットすら購入できなかった。
よって今回は,わざわざ前日のうちにチケットを購入し,万全を期した上で,
今更ながらの映画「アバター」鑑賞。

ストーリーの知識が全くないまま観たのだけど,
単純に面白かったな。

3Dというのが今からの流行のようだけど,どうかな。
3Dの技術に頼らなくても,見ごたえのある映画を期待したい。

3Dを見る際に気をつける点として,
眼鏡が重いので,3時間鑑賞後には鼻に眼鏡の跡がくっきり残ることがあげられる。
だから,10代や20代前半の若者たちで,
まだ気心の知れていない付き合い始めのカップルには向かないのではないか,と
余計なことを考えた。
posted by H.A at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

♪あなたを待てば雨が降る

とあることをきちんと話し合って決めるために,
池袋の勉強仲間と
♪濡れて来ぬかと気にかか りながら 
銀座発祥の地で待ち合わせた。

銀座発祥の地.JPG

♪ビルのほとりのティー・ルーム で作戦会議の後は,
♪小窓にけむるデパート を横目に見ながら歩き,
おはまさんの行きつけのお寿司屋さんで,
やぎちゃんと三人,たらふくお寿司をいただいた。
 
そのまま終わりになるわけでもなく,
お昼に池袋の勉強仲間の後輩たちの予想通り,
♪雨も愛しや唄ってる と 
有楽町でSinging Communication。

有楽町ビックエコー.JPG


YELL.JPG

(音出ます。気をつけて。)
http://www5a.biglobe.ne.jp/~ada-kazu/new_page_252.htm
posted by H.A at 14:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

スポーツ・マーケティング

2009年度のゼミ生が行った
「マツダスタジアム観客動向調査」について話を聞かせてほしいと,
早稲田大学大学院スポーツ科学研究科の博士課程後期課程の院生の方が,
先般ヒアリングに来られた。

彼が研究したいのは,新しくスタジアムができることで,
地域にどのようなイノベーションが生じるか,ということらしい。

私にヒアリングに来られたのだけど,
彼の所属する研究室の研究テーマが非常に興味深くて,
お好み焼きを食べながら,私は彼に,根掘り葉掘りいろいろお伺いした。

教えていただいた話の一部は以下のような感じ。
・こうしたスポーツスタジアムを中心とした研究は,スポーツ・マーケティングという領域であること。
・Jリーグでは観戦者の調査を組織的に行われているが,野球にはは,そうした調査が歴史的になく,最近になってようやく,プロ野球球団も観戦者調査をさせてくれるようになったこと

したがって,彼は,
「このようなマツダスタジアムの観戦者動向の調査が存在するとは思いませんでした。」
と何度も感嘆の言葉を発せられた。












この球場の観戦者調査を我がゼミが初めて行ったのは2006年であるが,
これらを行うことになった発端は,
マツダ時代の先輩(超美人)との,2004年のランチ雑談だ。
私は学生のゼミ活動のテーマに悩んでいた。
ちょうどその頃は,ホリエモンだ,楽天だと,世の中騒いでいた時期で,
低迷していた日本のプロ野球が再び注目を集め始めた頃だった。
彼女からは,広島でカープ球団を大事にしようとの士気が高まっているから,
カープについて調査してみたら?とヒントをいただいた。

カープかぁ,どうしようっかな,と悩んで,これまた某役人の方との雑談ランチの際に,
彼から
「カープってテーマが広いから,
 学生さんでも着手しやすい,球場に絞ったら?」
とアドバイスをいただいた。

そして,2005年には学生の期待する球場イメージを調査しまとめ,
「若者の提案する魅力的な広島市民球場」の提案をするに至った。
(ここで「あかっぱ」が誕生する)

すると,カープの研究がしたいと
2006年度のゼミ生14名のうち10名が,のたまう。
10名の大勢でできることはないかい?と,また私が頭を悩ませていたら,
中国新聞社のS田お姉さまとK脇記者が,これまた雑談ランチ時に
カープには観客動向の調査がないことより,
同調査がいいのではないか!とご提案をくださった。


こうして,すべては雑談ランチのお相手の知恵より,
我がゼミのカープを巡る観客動向調査は行われることになった。
2006年の調査で終了の予定だったのだけど,
K脇記者が,当時,当ゼミにおける当調査の今後の展望がないと
記事が書けないと言う。
しかし,この調査を毎年するのは,大変だ。
そこで,頭をひねって当時考えた今後の展望は,数年ごとの定点調査。

よって,新聞記事に書いてもらったたことを遵守するべく,
3年後の2009年に,観客動向調査を行うに至ったわけです。






私は雑談ランチの相手に,日々感謝している。
そして,2009年のマツダスタジアム観客動向調査の結果を踏まえ,
明日の2月16日は,「マツダスタジアムと地域の活性化会議」を
有識者数名とゼミ生とで行う。

前提は,“マツダスタジアムは広島活性化の核である”。
さ,明日の会議というか座談会はどうなるかな。
posted by H.A at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

2009年度集大成の事業「マツダスタジアムと地域活性化」会議

2010年2月16日火曜日,11時〜13時30分まで,
広島市まちづくり市民交流プラザ 5階 研修室Cにおいて,
「マツダスタジアムと地域活性化」会議を実施しました。

これは,昨年学生が調査した「マツダスタジアム観客動向調査結果」に基づき,
マツダスタジアムを活用しての地域活性化に関する議論を行ない,
社会に対して,何らかの提言をすることを目的としたものです。

参加してくださった有識者の方は,
中国経済局の方や,シンクタンクの方,新聞社の方,その他諸般の理由で詳細を記述できない方々。

まず学生のプレゼン。
緊張感に溢れています。

マツダスタジアム会議の様子2.JPG

その後,皆でディスカッション。

マツダスタジアム会議の様子1.JPG

いや,有識者の皆さん面白い意見をしゃべるしゃべる。
学生も本音をぶつけるぶつける。
(後から学生が,「私ももっとしゃべりたかった!」と言ったほど)

非常に有意義な会議でした。
当会議の内容は,ちゃんとまとめてリーフレットにしますので,
興味のある方は,メールにてご連絡ください。

オブザーバーとして参加してくれた,早稲田の大学院生の彼が,
「今回,粟屋ゼミでは『ドコカラキテドコニムカウカ』を調査されたが,
 次は『ドコカラコサセテ,ドコニムカワセルカ』ですね。」とぽつり。

うまい!
それもらった。

結局は,マツダスタジアムに初年の2009年と同様に,
多くの人に来続けてもらうための,
多方面からの戦略・戦術が必要なのです。

さあさ,皆で『ドコカラコサセテ,ドコニムカワセルカ』を
考えようではないか!



2008年度の集大成は新聞フォーラムでした。
http://bouchukan.seesaa.net/article/121015132.html

2009年度はこの会議が集大成となりました。
参加してくださった皆様,ありがとうございました。
posted by H.A at 19:23| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

続♪あなたを待てば雨が降る

日曜日に,以下の記事を書こうと,歌詞をwebで調べていたら,

http://bouchukan.seesaa.net/article/141106283.html

なんと,歌碑があることを知った!

これは,すぐに確認せねば!と,早速一昨日の水曜日に見に行った。
わざわざ。

ありましたよ,有楽町のど真ん中。

歌碑(有楽町で逢いましょう).JPG

マリオンの前。
閉店するという西武デパートの前。

名残惜しいSEIBU.JPG





一人で,これらを写メするのは恥ずかしかったが,
まあいい。
にしても東京は寒くって,
るんるんあなたを待てば雪が降る  でした。
posted by H.A at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

リベンジ(ウインナーコーヒー)

珍しくメニューにウインナーコーヒーを見つけたから飲んだ,と
以前書いた。
http://bouchukan.seesaa.net/article/139482073.html

ただ,テーブルに運ばれてきたときに,見た目が美しくないのが気になった。

先日,神保町でぷらっと入った路地裏の喫茶店のメニューに,
ウインナーコーヒーを見つけて,再チャレンジ。

これだよこれ。

ラドリオでウインナーコーヒー.JPG

小雪の舞い散るさっぶい夕刻に,ほっ。

神保町ラドリオ.JPG
posted by H.A at 08:00| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

赤面の至り

昨夏,とある件で他大学の先生がメールをくださった。
その際,直接お会いする機会はなかったが,学生がいろいろとお世話になった。
後期も終わった2月の初旬,せっかくのご縁なので,
情報交換させていただきたいと拝顔にうかがった。

大学のHPでその先生の写真を事前に確認したが,30代前半の元気な男性と思われた。
実際お会いすると,やはり,お若い。
フレッシュな情報をいろいろ頂けそうだ,といつものように話をしていた。


しかし,話をしていると,何かおかしい。
その先生の見識があまりに広く深い。
おまけに,たわいのない雑談にも含蓄がある。


???



???



???



???



???



???





「すみません,先生おいくつですか?」とうかがうと,


「僕ね,よく若く見られるんだけど,まもなく50です。」











椅子から落ちそうなくらいびっくりした。
私は先方が自分より年下だと思い込んでいたので,
失礼な態度があったのではないかと猛省した。


加えて「春から学部長です。」ともおっしゃる。
そうとは,つゆ知らず,厚かましい話までしてしまった・・・


コミュニケーションの基本は,まず相手を知ることだ。
ちゃんと事前に情報を収集しておかなかった私の不徳の致すところ。
(最近は自分の加齢により,気づくと自分よりも若いもんが増えたので,
 つい・・・言い訳です)


しかし,その先生は懐の深い方で,若輩の不遜な態度にも,
にこやかに対応してくださった。
また,私の研究分野に対し,いろいろな情報提供をしてくださった。
ありがたいことです。合掌。





と,そんな素敵な先生はこちら。
広島修道大学の三浦浩之先生。

三浦浩之先生.JPG

三浦先生のHPです。
http://ns1.shudo-u.ac.jp/~hmiura/


三浦先生,これに懲りずに,
今後もご指導くださいますよう,よろしくお願いします。
posted by H.A at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報更新

粟屋のホームページ(粟屋研究室へようこそ〜Open your eyes〜)の
情報を更新しました。

http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/awaya/index.html

2009年度のゼミ活動(マツダスタジアム観客動向調査とNHKの学生の意識関心度調査)の報告書を,
ようやくPDFでアップしました。
また,過去のゼミ活動のPDFもテーマがわかるように明記しました。

ご興味があれば,ご覧ください。
posted by H.A at 06:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

眠れない夜の寝返り

【お知らせ】
・・・中国新聞(2010.02.17)
 http://www.chugoku-np.co.jp/Ad/menu/education/edu007.html



******
今回の本文は以下・・・


OLをしていた頃,50代後半のとある上司が,挨拶代りのように,
「夜,眠れないんだ」と毎朝こぼしていた。
彼は神経の細い人だったので,何かと思い悩むことがあったのだろう。

私も,いろいろ思い悩む時期(10年くらい前)は眠れない日々もあったが,
ここ数年は,早寝早起きで清貧な自分の生活スタイルが確立し,
夜お布団に入ると,あっという間に寝入る。
ああ,幸せ。

ただ,家以外では快眠できない。
赤ちゃんが旅行に行くと興奮して夜泣きをする生態リズムを,
大人になった今でも,私はひきずっているのだろう。

出張や参勤交代のホテルの夜は,眠れない。
冒頭の元上司の言葉が思い出される。
夜中にマッサージを頼んだり,テレビを見続けたりして,
気づくと明け方まで寝返りを繰り返す。
当然,翌日は頭がぼーっとしている。

いかん!
なんとかせねばと,先日これを飲んでみた。

ドリエル.JPG

一回二錠とあるが,初めてなので一錠。


眠れたわーい(嬉しい顔)
朝もすっきり起きることができる。

常用は避けてくれ,と書いてあるのでホテルの夜だけにしたい。
ああ,これで一つ課題解決。
posted by H.A at 09:50| Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする