2009年03月08日

一升瓶

多くの他人様に迷惑をかけがく〜(落胆した顔),数々の失態を経てふらふら
この年齢にしてようやく気づいたが,



















私は,お酒(アルコール全般の意)が弱い。
なので,最近はお酒の場でも,飲酒をとんと控えている。
ああ,辛いもうやだ〜(悲しい顔)

しかし,お酒を呑む雰囲気は好きだし,
お酒に関するうんちくを語りもしたい。

なので,「お酒の強い人」は好きだ。
お酒が強いとは,飲む量の多さもさることながら,
翌日,けろっとして二日酔いなど経験無い,のような人のことをさす。

私の観察結果によると,この「お酒の強い人」は皆(一部例外もあり),
通常の人間の3倍くらい元気だし,
肌艶が良い。
これを「酒艶」と私は呼びたい。



先日とある会合でご一緒したセレブなご婦人は,
ノンアルコールのキウイソーダを飲む私を横目に,
ワインをカプカプと飲まれていた。
聞くと毎夜ご主人と,夕食をビールで流し込んだ後,
ワインで晩酌をなさっているらしい。

「二人でね,ワイン飲みながら,いろんなことを話すのよ」
とのこと。
ああ,夫婦仲良しなのね,とも思う。

そのご婦人は続けて,
「最近はね,ワインも一升瓶よ」
と笑いながら,そのときもブルーチーズと共にワインをおいしそうに召し上がっていた。





生まれ変わったら,
HIROMI GOとの結婚も良いが,
お酒の強い体質に生まれ,酒艶ぴかぴか(新しい)を自慢したいもんだ。
posted by H.A at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする