2008年12月02日

本音トーク

我がゼミの今年度の調査テーマの一つに
「君は新聞を読んでいるか!?」と題した,
大学生の新聞購読実態調査がある。

先般行なった,
広島県内大学生を対象にした500弱のサンプル数のアンケート調査結果と,
自分たちが,まずは新聞を読んでみようと!と読んだらmixiに書き込む,という実施体験の両方をふまえ,
では,どうしたら若者が新聞を読むか,ゼミ生たちが昨日議論していた。

私は隣の部屋にいて,チラチラ聞こえてくるだけなのだが,
これが最高に面白い。
ピュアな彼女らの本音トークが,なかなか本質をついていて
私はクスクスと笑いをこらえながら聞いていた。

あまりに発言が興味深いので,つい隣から私が
「それはなぜ?」とか「じゃ,どうしたらういいの?」とか
いらぬことを言ってしまいもしたが・・・

2008.12.1議論3.jpg

きっとここに,新聞社の人や,リサーチ会社の人がいたら,
こんなダイレクトな意見は出ないだろう。
私が輪の中にいても意見は出なくて,聞こえるか聞こえないかの距離にいるのがよいのだろう。


20歳前後の女子の意見をゲットしたい企業対象に,
本音トークを提供するビジネスでもできるかも!!

posted by H.A at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月03日

塩と砂糖

初秋の某日。
尊敬する友人にタクシーでラチされ連れて行かれた場所は,
広尾の日本料理屋さんだった。

どれも凝って美味なお料理が,次から次へと出てきたが,
途中,お造りとともに,9種類の塩が出され,
塩で召し上がれ,とのこと。
何種類か試した。不思議な感じ。
一番気にいったのは,やはりお醤油・・・
(大吟醸のお醤油らしい)

塩9種類.JPG





晩秋の某日,時間がたまたま合致したので,
そのお返し(?)にと,汐留のドーナツプラントで
ドーナツをご馳走した。

お返し・・・にするには無理がある。
日本料理屋で飲んだワインのコルクくらいにしかならない。

白熱した議論をしても,
ドーナツを外で食べるには,さぶい。

寒空の下のドーナツ.JPG
posted by H.A at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月04日

性分として,嬉しいことがあると,いちいち言いたい。
粟屋家御用達のお茶,Wで茶柱手(チョキ)

Wの茶柱.jpg

(赤丸をしている箇所に茶柱です。
 お茶の葉が多すぎて,お茶が濃いのは,ご愛嬌で)



一つのお湯飲みに,トリプルの茶柱,というのは以前体験したので,
次回は,三つのお湯飲みに全て茶柱!を目指したい。
posted by H.A at 06:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月05日

恋するシャンパン

入浴剤です。

ぬーーーーん。
香りがよい。

川島なお美入浴剤.jpg


私の体にはワインが流れている,と言えるくらいの
強い肝臓がほしい(* ̄ノO ̄*)
posted by H.A at 06:26| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

青い鳥

ある日テレビで小柳ルミコが唄っていた。

芸能人というのは,いつになっても若いもんだ,と
思っていたら,いかにしても若すぎる。




どうした,これはむかっ(怒り)







と思ったら,
NHKで1974 年(昭和49年)から1979年(昭和54)まで放送された
ワンマンショー形式の「ビッグショー」という番組を,
「蔵出し劇場」というタイトルで再放送したものだった。

http://www.nhk.or.jp/archives/kuradashi/mon/




それ以降,同番組にはまり,録画しているが,
先日はジュリーだった。
私の知ってるジュリーは,すでにおでこに皺なぞあったが,
ビッグショーのジュリーは,つやつやだ。

ついこの前は,桜田淳子だったし,次回は郷ひろみだ。
ああ,忙しい。

桜田淳子.jpg
posted by H.A at 06:57| Comment(4) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月07日

ウルトラマン

携帯電話の電池容量が少なくなったようで,
メールの送受信なら大丈夫だけれど,
通話をしていると,3分くらい経過したところで,ぶちっと切れる。
電話相手には失礼の極みだ。

特に出先では電池が無いのだから,すぐかけなおすこともできず,
不本意ながら不義理なまま数時間を過ごすことになる。


よって,最近は出先で電話がかかってきても出ないことにしている。
ちゃんとコンセントのあるところで,充電器とつないでから
椅子に腰掛けて,かけなおす。
コンセントに差し込まれた充電器とつないでないと切れるので,
コードレスが当たり前の,固定電話よりも不便この上ない。

携帯電話の機能を果たさず,困ったと,
ようやく昨日ソフトバンクに電話をした。
安心パックに入っていたので,無料で電池を送ってもらえるらしい。

届くまでは,無愛想で不義理な日々が続く・・・
posted by H.A at 11:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月09日

重い荷物

初夏のこと,某繊維企業がエッセーを募集する。
毎年恒例で授業で学生に書くよう強いた。

規定に沿って書けているもの,
読み応えがあるものを選び,3分の2くらいをまとめて応募した。

今回,学生の一人が入賞した。
昨日の授業では,大々的に発表をして,褒めた。



このエッセーは,自分の人生を振り返り,
テーマを設定し書くもの。
今回は一人のみが入賞であったが,
提出されたものを読んでいると,涙なしには読めないものもいくつかある。

世の中が想定するような,
ふつーの家庭でふつーに大きくなってきた子も多いが,
他人には想像できないような人生の重い荷物を抱えて
その事実を見つめて描いている子もいる。
自分なりに咀嚼して受け止めてきたのだろう。

20才になるかならないかの
あどけない顔をした学生の顔を思い浮かべる。
posted by H.A at 06:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月10日

新婚旅行はフランスとイタリア

年末になると毎年必ずお世話になる
玉木 宏似の印刷会社のIさんは,
先日新婚旅行から戻ってこられた。

発たれる前に,
「初稿はヨーロッパから帰ってきてからでいいですか?」と
メールが来たので,
「だめです」と返信しておいたが,
そのままパリに向かわれた。

久しぶりに打ち合わせにいらした際,
お土産をくださったので,ヨシとしたい。

MXIM'S DE PARIS.jpg
posted by H.A at 06:42| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長電話

ソフトバンクから携帯電話の電池パックが届きました。
これで出先でも電話に出られます。
無愛想なのは,かわらないかもしれません・・・

電池パック.jpg
posted by H.A at 06:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月11日

『生まれ変わりの村』

日経新聞の書籍広告欄に掲載されていたので,読んでみた・・・

生まれ変わりの村.jpg

生前を覚えている人たちが住んでいる村が中国にあるらしい。
あの世ではスープを飲むか飲まないかで,過去の記憶が左右されるらしい。

猜疑心の強い私は,ほんと〜?と思いながらも,
うーーん。。。。。。。
posted by H.A at 06:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

微妙

アンデルセンで,勤務先の忘年会がありました。

(東京在住の方はご存じないかもしれませんが,
 青山等にあるパン屋のアンデルセン,
 あれは広島が本社なのです。)


アンデルセン忘年会.JPG

くじで決められた席は,
右隣が,青い目でブロンドの髪のネイティブの
コミュニケーション学が専門の大変ファンキーな先生。
左隣は年に一度は家族でアメリカに極力長期に滞在し,
お嬢様が赤ちゃんの頃から英語で話しかけるという
英語学が専門のいたってクールな先生。

「チョットスミマセン」を皮切りに,
私を挟んでの,英語での会話が二人で始まりました。
盛り上がっているようです。

さっぱりわかりませんふらふら

ある程度話が終わったところで,
「デハ,ココロカラニホンゴデ」

ありがたいことですわーい(嬉しい顔)

ファンキーでクールな英語交じりの歓談。
いろいろな料理が出てくるたび,
「ナニコレ?」「オイシイ?」と尋ねるブロンド先生。

どれも美味しかったのですが,中に何の味かわからないものがあり,
「びみょう」と答えた私。

では「微妙」を英語で言うと何か?という話になり,
「ビミョーガ,イミスルコトニモヨルネ」

・・・

日本語の「微妙」は確かに多義です。

さて,その忘年会,焼き菓子とコーヒー豆とお紅茶の
お土産つきでしたexclamation×2

キャラメル&バニラティー.JPG

posted by H.A at 07:50| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勉強と学問

若い人が学ぶ場を職場とし,こういう仕事に就いていると,
日々いろいろなことを考える。

特に,自分自身が「勉強」をすべき年代に勉強を怠り,
「学問」に触れる学部生時代には,ちゃらちゃらし,
社会に入ってツケが回ってきて,後悔したものだから,
特にいろいろ考えるのだと思う。

「勉強」と「学問」の違いはおいておいて,
どちらにしても自ら取り組み,発展させるという自主性,自発性が必須だ。
強いられて,言われてする範囲には限界がある。

自主性,自発性を持つに至るまでには,ハードルは高いし,
仮にもてたとして,それを維持するのは困難が伴う。

自主性・自発性につながる日常的な行為は,
幼い頃からの読書量に左右されると思うから,
読書の必要性を若い人たちに言うけれども,
読書好きで,情報交換できるような人は,
若い人はもとより,大人でもそうそういない。
(ですから読書好きな人は,私の大事な宝物です)


そんなことを考えながら,タラタラと毎日を過ごしていたところ,
比治山大学の高等教育研究所が発行するニューズレターに
同研究所の客員研究員である京都大学の溝上慎一先生が
大変興味深い内容を連載で寄稿されていた。

学生の多様化と大学教育.jpg


あまりに面白いので,溝上先生のHPをチェックし,
著書を何冊か読んでみた。

大学で学ぶこと,その学び方など,私が稚拙に考えていたことが,
もっと高度に広範囲に
アカデミックに論理的に体系的にまとめられていて,感激した。



また,「教育」なんて雲を掴むような研究対象は,
私の「社会の中の企業」という,これまた漠としたものと性格が似ているともいえる。
こういうブツへのアプローチの仕方も参考になる。

posted by H.A at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

ガラス張りの校舎

広島工業大学附属広島高校より改名した,
広島なぎさ高校に講義に出かけた。
共学の私立高校だが,反応の良い男子生徒が今年は多く,
いつも以上に唾を飛ばしてしゃべった。

この夏より移転したという新しい校舎は,
コンクリート打ちっぱなしのクールさと
窓ガラスで日差しの入る明るさのハーモニーという感じだった。

なぎさ高校.jpg


寄付金・・・大変だろうな・・・
なんて,いちいち考える自分がさもしい。
posted by H.A at 06:13| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

最近気になる言葉

【その1】

「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」

 中島敦の『山月記』より
 NHKラジオ高校講座国語では,現在『山月記』が教材なのです。
 (高校時代には聞きもしませんでしたが,
  今私は高校講座のファンです。
  毎日ではないですが,時間が合えば聞きます。)




【その2】

「虚像」と「実像」

(ブツの焦点までの距離により異なる,凸レンズで見えるもの。
 実像もさかさま。)



*******



「臆病な自尊心」と「尊大な羞恥心」により,
虚像を真実と信じては,さかさまの実像を嘲笑するのが,
愚かな自分なのかもしれません。
posted by H.A at 06:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月18日

朝刊

今日の日経新聞のど真ん中。
ぱかっと開くと,





















ウコンの力広告.JPG

笑えました。
ピンクの飲んでみたいものです。
posted by H.A at 06:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月19日

時代への抵抗―新聞―

最近ミスチルがよく音楽番組に出演しているので,
かじりつくようにして観ている。

その中で,桜井さんが,
ネットによる音楽配信をミスチルがしていないことについて,
音楽というのはLとRで伝わるものだけではく,
音楽にまつわるものすべてを含んで音楽なんだと,
つまり,CD屋に出かけて,ワクワクしながらCDを手にとって,
レジで買う,そういう附随するものすべてを感じながら音楽を聴いてほしい,
という想いを語っていた。
だから,しばらくは時代に抵抗したい,とも。

これは,現在ゼミ生がまとめている
「君は新聞を読んでいるか」の調査から見出される考察と類似する。
この調査結果は,なかなか面白くて,多くの社会的な課題を含んでいて,
とても簡単に意見をいえるものではない。
先般も,ゼミ生と,イロイロ議論した。
(Around20の女子 VS.昭和のおじさん のような雰囲気でしたが)

新聞以外でも,パソコンや携帯でニュースや情報は入手できる,
だから新聞はとらなくてもよい,という考えが時代の流れと共に声を大きくする若者の意見となりつつあり,
実際に(社会人でも)新聞をとっていないという数値も出ている。

情報やニュースの質の違いや,収集方法による云々は,
もっと深い議論として別の機会とするが,今回は
桜井さんと同じく,時代に抵抗して言いたい。


だけど,だけどね,
朝,まだ多くの人が寝静まっている時に,
新聞配達の人が,バイクを降りて,たったったとポストまで走る足音や,
ポストにカタンと落ちる音や,
それを取りにいく何だか浮かれた気持ちや,
サブいと,誰がポストまで取りに行くか家族でもめることや,
何だか,そういう生活のリズムというのは,
大晦日の紅白のような,忘れては失くしてはならない
もののような気がするのですよ,あたくしは。

例えば,新聞不要というのは,
お年玉を,ぽち袋ではなく,口座に振り込むっていうのと同じでないかい?
あげる側としては,今年はどんなぽち袋にしようかと選ぶ楽しみがあり,
もらう側としては,ぽち袋の豪華さと中身は決して比例しないことを学んだり,
そんな効率性や便利さとは同じ土俵で話のできない,
いろんな要素があると思うのよ,あたくしはっ(|||`□´|||;;)



新聞が創り上げてきた新聞文化というか,生活文化というか・・・
そんなこんなで,時代に抵抗します( ̄‥ ̄)


ちなみに,桜井さんの横顔が好きです。

桜井さん.JPG
posted by H.A at 06:27| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

いくつになっても,クリスマスはクリスマスまでが楽しい

池袋のメトロポリタンホテルのツリーは今年も綺麗でした。
このツリーを見始めて,4年たちます。早いものです。

メトロポリタンツリー.JPG

ドイツ在住経験のある友人より,
ドイツでは12月にはいると一日ずつその箇所をめくり,
そこに入っているチョコを食べる慣習があると,
もらった12月のカレンダー。
(名前は忘れました・・・)
随分,チョコもなくなりました。

クリスマスカレンダー.JPG

さあさ,我家は諸般の事情により今夜がクリスマスディナーです。
とか言いながら,25日まではずっと,
クリスマスにかこつけた食事になるとは思いますが・・・
posted by H.A at 17:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

2008年の恋

統計局のホームページによると,
日本の人口は2008年11月現在で12770万人らしい。
女子は6545万人。
きっと,そのうちの4000万人くらいはが,
今年の夏は,彼に恋をしたと思う。


























北島康介氏。

スマスマ:北島康介.JPG
(8月にスマスマに出演した時の録画をいまだ消去できずに,
 時おり観て,ニヤニヤしている)

彼の息継ぎをする時の顔がスキです。

そして,あの肉体の源である
彼の実家のミンチカツをなんとしても,食べたい。









2008年も終わろうという時に,ようやく願いが叶った。

キタジマメンチカツ.JPG

ミンチカツ,さくっとしてふわっとして美味。

ああ,これで私の恋も成就した。
posted by H.A at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

映画を小説で読む

まだ私がaround20の大学生だった頃,
通学電車でつり革を持って立っていたら,
目の前に座っていたOL風の綺麗なお姉さんが,
ウォークマンを聴いていました。

と,そのお姉さんの目からつつつっと涙がつたい落ちました。
お姉さんは細い指で涙をぬぐっていました。

お姉さんが,何の音楽を聴いていたのかわかりませんが,
曲に重ねた切ない想いがあったのでしょうか。
時おり思い出す,まだ青かった頃の,
大人の世界を垣間見たような気がした光景です。


あれから,天文学的な年月が流れ・・・


今年映画化されたのでベタだろうな,けっと思いながら,
読んでみた本。

『ホームレス中学生』(これは小説が先で,映画が後ですな)
それと,
『おくりびと』(これは映画用の脚本を,小説にしたものですな)

想像以上によかった。
泣けますたらーっ(汗)

『ホームレス中学生』はインパクトを狙いすぎたタイトルで,
中身が薄っぺらく推測されますが,
内容はいいですよ。

『おくりびと』は涙のタイミングが何回もあって,
公共で読むときはお気をつけください。

本を読みながら目頭をハンカチでおさえているおじさんおばさんがいたら,
それは私かもしれません。
posted by H.A at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

ビールはなくてもいいかもしれない

のぞみに乗る前に品川駅で一人で食事をしながらビールを飲んだ,
のような話を,いつだったか友人にした。
オンナたるもの結婚をし専業主婦になるべし,
という考え方をしている彼は,
私のその行いが,非常に奇異に思えたらしい。
専業主婦だったら,一人で外食なんてする機会がないだろうから,と,
可哀想に感じたようだ。

先般会った同じ年の専業主婦の友人に,
私が一人ランチをするとか,一人で映画を観に行くという話をしたら,
椅子から落ちんばかりに驚いていた。

これは専業主婦か否かではなく,
女子が一人で食事(行動)することに対する
考え方の相違だと思う。


確かに一人で外食するのは,必要性がないとしない。
また,ある程度の年や経験がないと,
過剰に周囲を気にして難しいかもしれない。
特につるむことが好きな女子は。

かくいう私もランチなら一人でOKだけど,
移動時の駅や空港以外での,
街のど真ん中で一人ディナー,というのは実はしたことがない。
少し前のドラマ「結婚できない男」では,
主人公が一人焼肉とか,一人しゃぶしゃぶとかをお店で食べていて,
実はあれに憧れている。

1人をエンジョイできるということは,
ゆるぎない自分の世界を持っている(自立・自律)ということなので,
大人数の世界もエンジョイできることにつながると思われるからだ。

いつだったか,休日に朝から一人で映画を観て,
観終わったら昼食時で空腹だったので,
一人ランチをした。
(家には家族がいたのだけど。。。)
その際,ビールも頼んだ。



周囲は複数のグループばかりだったから,
一人で食事をし,加えて昼からビールを飲む女子は不思議な光景だったかも。
(映画の余韻に浸りながらのビールは格別です!)

一人でいることは淋しくは無いが,
例えば映画などは,嗜好の合う友人と共に見て,
その後ビールを飲みながら,意見交換をする,というのも楽しいだろうなあ,とも思う。

ただ,映画鑑賞の際に,
隣に人がいると,その人が楽しんでいるかどうか
気になって仕方なくて,内容に没頭できないので,
できれば離れた席が良い。
となると,やはり一人の方がいいかもしれない・・・ってどっちやねん。
posted by H.A at 06:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

野暮

8年前,今の職業になった際,
クリスマスに,翌年入学する高校生対象の入学前ガイダンスが行なわれ,
なんと,野暮なスケジューリングだろうと呆れた記憶があります。

クリスマスだからといって特に予定のない大人と,
誕生日同様にクリスマスがイベントの高校生では,
価値観が違うよなぁ,と。

しかし,経験を重ねるにつれ,15回の授業数を
前期,後期におさめるスケジュールを組むことが,どれだけ大変かがわかってきました。
今や,クリスマスは普通に授業日です。

さて,昨日のクリスマスイブ。
水曜日なのですが,
祝日で休日になることの多い月曜日の振り替え授業でした。
3時限目には,専門科目,
4時限目には,ゼミ。

生真面目な私は,どちらも普通に授業をしました。

「野暮っ」



折角なので,後期最終日クリスマスイブのゼミでは,
12月に入ってから最終追い込みで忙しかった彼女らへの慰労と,
クリスマス会と,忘年会を兼ねて,
小さなゼミ室でパーティーをしました。

クリスマス乾杯.JPG

ビールではありません。
お茶です。

クリスマス用ケーキ.jpg

持ってくる途中に,崩れたらしいケーキ。

ホワイトボード.jpg

ホワイトボードにはやんややんやの書き込み。

全員でクリスマス.JPG


皆で今年の感想を言い合い,写真を撮り合いと,
卒業式かと思われるほどの,そりゃ大騒ぎさ。
さぁ,今年度は2月にビッグイベント。
まだまだがんばりましょう。

posted by H.A at 06:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

よくがんばりました

27日土曜日,2008年最後の授業(社会人を対象とした集中講義)を
無事終えました。

ZIMA.JPG

自分にお疲れさま。
ちょっと,ほっ。

無洗米を無意識にといでみたり,
年賀状を書いていたら,肋骨をいためたり,
いよいよ,焼きが回ってきたようです。

29日まで仕事だとか,
年末にもかかわらず海外出張だとか,
働きアリの同世代の友人の皆様,
ご自愛を。
posted by H.A at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月29日

大河ドラマVS.土曜ドラマ

NHKで初秋に放映された土曜ドラマ「上海タイフーン」。
高視聴率を誇った大河ドラマ「篤姫」。

上海にしようか,鹿児島にしようか悩んで,



















こちら。

篤姫.JPG

今いるホテルから,大きな桜島が真正面に見えます。
(雨雨ですけどね)
posted by H.A at 06:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月30日

心残りのピンク

2008年これで心残りなし。

ウコンのピンク.JPG

前半のことは忘れましたが,
後半は目の前のことに一生懸命取り組めた1年でした。

ありがとうございました。
posted by H.A at 06:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

日本一の男の妻になったからといって,幸せかどうかはわからない

夕刻,広島西空港より,36人乗りの小さな飛行機で,鹿児島へ。

日本エアコミューター.JPG





鹿児島空港は,立派な空港でした。
鹿児島市内まで移動をし,翌朝ホテルの部屋から見えた景色は,
雨の桜島でした。

雨の桜島.JPG







水族館に行って,黒潮の海の中を学んだり,

鹿児島水族館.JPG

(このふてぶてしい感じが,いいねえ)









さっぶいにも関わらず,元祖シロクマアイスを食べに行ったり,

シロクマ.JPG

(美味でしたが,冬はベビーサイズを選択するほうが賢明です)



維新ふるさと館で,
西郷さんと大久保さんの身長が178センチもあったことを知って驚いたり,

(維新ふるさと館,よかったですよ。
 西郷さんと大久保さんの人形が画像と共にその歴史をわかりやすく
 紹介してくれます。)







指宿に移動して,砂むし温泉に入ってみたり,

(これは,肩や腰や心の凝りがほぐれます)








鹿児島湾の荒い波で,
ちゃかちゃかちゃかちゃかっ ちゃちゃーーーと
火曜サスペンス劇場ごっごをしてみたり,

鹿児島湾で火曜サスペンス劇場.JPG








知覧に,若き陸上自衛隊の特攻隊を偲びにいってみたり,

知覧.JPG

(前々から訪ねてみたかった場所です。
 日本人として,いろいろ思うところがあります。)








坂本竜馬が奥さんと湯治にでかけ,
それが初の新婚旅行と言われたという神々しい霧島神社に行ってみたり,

霧島神社.JPG





鹿児島を北から南へと,忙しいわっ ヾ( ̄ε ̄ヾ)





にしても鹿児島は,牛も豚も地鶏も魚も非常においしく,
どの料理にも野菜がたっぷりで,豊かな土地柄だと感じました。
栄養たっぷりのおいしい食事が,日本を牽引する人材を作ったのでしょうか。

また行ってみたいものです。
今度は,時間に追われずゆったりと。
東シナ海のほうにも。

また,老後の楽しみができました。
ああ,憧れの年金生活exclamation×2
posted by H.A at 06:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年秋〜冬は芋に凝っていました。



















焼酎ではありません。







さつまいものことです。
薄くスライスして,お塩をふってオリーブオイルで焼きます。

よって,鹿児島も,さつまいも三昧で幸せでした。
(たいやきも,お芋入りでした)
買って帰ったスイートポテト。



スイートポテト.JPG

今年の紅白は,毎年楽しみな北島三郎と,ミスチルが続いて歌うので,
非常に待ち遠しい。
それまで,芋。
posted by H.A at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする