2008年09月15日

富裕層

先日、以前より興味がありながら、
長い間行く機会の無かったトヨタの高級ブランド、
レクサスの販売店を初めて訪れた。

レクサス:ショールーム.jpg

このホスピタリティは噂にたがわず素晴らしい。
地方でここまでできるのは、さすが世界のトヨタだ。
トイレに行けば、カサブランカの生花がいけてあるし、

レクサス:トイレの花.jpg

試乗を待つ間には、お茶も。

レクサス:お茶.jpg

帰りには、整備場の前を通ったが、整備の方々までもが、
直立してお辞儀をしてくれるあたりは、
空飛ぶお姉さん達にも見習っていただきたい。

ただ、試乗から帰ってきても、飲み干したカップがそのままだったのは、
地方の人材の限界を感じた。。。惜しいだけに、残念。



さて、ホスピタリティもさることながら、私が興味を持ったのは、
環境仕様車。
ロビーにおいてあるそれは、1500万でした。
(オプションがいろいろついていて、特に高価格らしい)

普通のハイブリッドはもっと安価らしいのですが、
性能がプリウスほどではないらしい。

富裕層が買うであろう車が、特に環境対応であれば、
青い地球が永遠なることに寄与するのではないかと思いながら、
帰途につく。

是非、世界のTOYOTAにその先導をしていただきたいものです。




posted by H.A at 17:16| Comment(4) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする