2008年04月09日

光合成して過剰に元気になりつつある今日この頃です

ビジネス雑誌社に勤務する知人が若い頃、
書き上げた原稿を上司に見せたら、
「こんな下手くそな文章を読むと、目が腐る」と
そのまま、ゴミ箱に捨てられたらしい。

新聞記者として活躍する先輩も、若い頃、
上司から罵倒されるのは日常茶飯事だったらしい。

モノを書いて、人に読んでもらって、なんぼの職業の人たちは、
そうやって鍛えられ、大きくなるのだなあ。

地元の新聞社 中国新聞の文化欄に、
今日から8回ほど、私のコラムが掲載されます。
題して「学ぶ門には福来る」。
我が首を自ら絞めるようなタイトルですが・・・

3月中旬に、Sデスクから、書いてね、とご依頼をいただき、
660字×8回分なので、分量はたいしたことない、と安請け合いをし、
S氏が気を使って、締め切りはご都合に合わせますよ、とおっしゃってくださったのに、
3月末締め切りで、と無謀にも自分から言い、
よく考えたら、教務委員という係りをしていて、
年度末年度初めは、髪の毛が逆立つほど業務に追い立てられ、
他方、4月12日締め切りの論文執筆に眉間のしわも濃くなるなか、
這うようにして書いて、3月末に送信した8回分コラム。

S氏はプロなので、読む目も厳しく、
文部科学省の数値を並べたれ、などと、ちょっとごまかそうとしたところは、
必ず指摘され、
考えがまとまらないまま書いた回は、
論旨が通っていない、と再考をうながされ、
他の回とだぶってくどいところは、書き直しと言われ、
桜咲く季節、本当に勉強させていただきました。

もちろん、S氏は紳士なので、
上記のような高圧的なモノイイをなさったわけではない。
(賢い人ほど、低姿勢なのは世の常ですから)
“ご相談ですが”とか、
“ここが、ちょっとわかりにくいんですよね”などと、
丁重にご意見をおっしゃる。


きっとS氏は、私が若造で彼の部下だったら、
「ばかたれが!」と原稿をゴミ箱に捨てたかったに違いない。
Sさん、ご面倒をおかけしました。

学ぶ門には福来る。
おかげさまで、幸先のよい20年度の始まりの春です。
よければ、読んでください。


緑地帯.JPG
posted by H.A at 06:01| Comment(4) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月13日

体をはった夜

久しぶりに池袋の勉強仲間達と大勢ではじけた土曜日の夜の翌朝、
疲れた体に、あちこち異変がある。




まず、両脚のひざ下に、大きなあざがある。
とても目立つ。

なんだ?


続いて、右手の小指側の掌の一部が、少しでもあたると異常に痛い。
片手鍋を持つのも難しい。

なぜ?




それと、声がガラガラ。

why?











痛む頭で考えた・・・







わかった。






昨夜のいつものカラオケが、なぜか、お座敷だった。


よって、
ひざ下のあざは、
固い床の上で、ひざを立てて歌っていたからだ。

掌が痛いのは、タンバリンをガンガン叩いていたからだ。


いい年をして、カラオケで体を痛めた。
posted by H.A at 14:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハイソックス

皆さん、こんにちは。
健康いきいきラジオの時間です。
ご無沙汰しました。

皆さん、体がむくみませんか?
私はむくみ症なんです。
時に指輪が入らなくなったり、
下半身がパンパンにむくんで、痛くて仕方ない時があります。

通勤は自動車ですし、
椅子に座ったまま気づくと3時間ということもざらですし、
運動不足ですわな。

マッサージに行ったりしますが、
そうそう時間がとれるわけでもない。

と、ある雑誌モデルが、飛行機の中でのむくみ防止に、
サポートハイソックスを着用する、と何かにありましてね。
ま、試してみるべ、と買ったら、
これがね、いいですね。
1足が2000円くらいですから、安いものではありませんえん。

肩こり、腰痛、脚のむくみのトリプル痛みで、
涙が出そうなくらい辛い時に、
初めて履いたんですけどね。
むくみはもちろん、なんと、腰痛まで治りました。
血行がよくなるのでしょう。

早速もう一足買っちゃいました。
これからは、人の目を気にせず、
秘密のアッコちゃんみたいに、
時折ハイソックスで登場しますわっ。

血行は大事ですね。
いよいよ養命酒でも飲み始めるかな、と思ったり。
養命酒飲んでる方おられたら、いかがか教えてください。

ではまた、インターバルをおいて、お会いしましょう。
ごきげんよう。
posted by H.A at 15:01| Comment(4) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月14日

スミスさん

タイトルがイマイチに思えて、
見なかった映画「Mr.&Mrs. スミス」。
テレビで放映されてたので、録画してみたら、






かっこいいじゃんひらめき




ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが、
最後に共に戦うところが、特に。


DVDを借りて、英語で観てみたい。
(何だか、訳が不自然な感じがしないでもない。)

アンジェリーナ・ジョリーのような妖艶なヘアスタイルを
今後は目指してみたい。
posted by H.A at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月15日

二十歳の時

先日終わったドラマでは、最終場面に、
大学卒業を間近にした男子が、自分探しの自転車の旅に出るという
シーンがあった。

同様に、卒業間近に、何かの力に押されるように、突然
自分探しにパリに出かけた卒業生が訪ねてきてくれた。
ソルボンヌ大学に通うフランス人の友人のお宅にホームステイした彼女は、
その友人や、同大学に留学している同世代の日本人との出会いなどを通して、
自分の迷いが、少しふっきれたらしい。

パリにいて、卒業式に出れなかったことを私にわびながら、
彼女が言う。
「二十歳というのは若すぎる。」

ああ、そんな無力さを私も遠い昔に感じたな、と
思いながら、話を聞いた。

今後の彼女のなすべきことを話しながら、
今の気持ちを忘れないでいてほしいなあ、と
おばあちゃん的存在の私は思う。

あなたは20歳の頃の夢を覚えていますか?
かないましたか?

かわいい彼女が帰った後に、
このままじゃいられないと思いながら、
過ぎ行く時間に流された自分の人生をちょっと振り返ってみたりして。

あの頃の夢を忘れたわけではない。
あきらめたわけでもない。

そんなことを思い出させてくれた彼女に感謝しつつ、
彼女にエールを送ろう。

posted by H.A at 06:36| Comment(4) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月16日

邪念

多くの番組で司会をする、みのさんの睡眠時間は3時間だと
雑誌に書いてあった。

睡眠が不足すると体調も機嫌も悪くなる私からしたら、信じられない。
さくっと眠りについて、ごーーっと休んで、朝ぱちっと起きる、
この十分で高質な睡眠が、
私の昼間の行動効率に大きく寄与する。

なのに、一昨夜、昨夜と眠れない。
どうやら邪念が心にあると、眠れないようだ。


邪念。
じゃねん。
ジャネン。


・・・


砲丸投げのように、邪念を遠くに投げ飛ばすか、
生じた邪念を笑い飛ばしながらつきあうか、
どっちかしなきゃな、と
雨をはじく車のワイパーを眺めた4月の夜。

posted by H.A at 21:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

新刊がでれば、即買いです

少し前になるが、何人かから、

「いよいよ社長になりましたね。」と
声をかけられた。

私のことではない。

漫画の“島 耕作”のことだ。

(私はこの漫画が好きです)




私は島さんに会ったことも無いし、
そもそも、架空の人物なので会えるわけもないけど、
「社長になりましたね。」といわれると、
何だか、我が恋人を褒められれたようで、嬉しい。
posted by H.A at 22:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月20日

たんぽぽとクローバー

新入生オリエンテーション合宿に行ってきた。
ちょっと寒かった。

からまつ学寮下の道.JPG

ふらり春を見つけたりして。

からまつ学寮花.JPG

いい香りがすると思ったら、沈丁花。

沈丁花.JPG

昼間になると咲くたんぽぽ。
クローバーと混合しながら咲いてた。

タンポポとクローバー.JPG

四つ葉のクローバーは見つからず。
残念_| ̄|○
posted by H.A at 14:55| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月21日

2008年度のメンバー

2008年度の粟屋ゼミ生です。
9名様。

今年度は、9名一緒に、前半、後半にわけ、
2種類の調査をしようかと企てています。
詳細は、また後日・・・

ゼミ生2008.jpg
posted by H.A at 20:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月22日

ヤ行

今春より、少し私生活の環境が変化し、
これまでよりも、
一層ハードなスケジュールをこなすことを余儀なくされている私。

ハードな日々に、
ヨレヨレと動きながら、
よく、ヤレヤレと言っている。
これ以上は、無理だ!と思っても、
人間は耐えうる生物らしい。

先日会った人が、私に、
大丈夫か?
痩せたのではないか?
前より、顔がとんがってる、と
心配してくれた。
ありがたいことです。


しかし、断言したい。

















やせてません( ̄_ ̄)。




体重の数値だけは、高度経済成長を髣髴させる右肩上がり。







よって、やせた、というよりは、

やつれた、というほうが適切。



とか言いながら私は
ヨレヨレして、
ヤレヤレとため息をつきつつも、
ユルユルとしぶとく生きながらえるのでしょう。
posted by H.A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

嗜好

私は日本茶や紅茶も好きですが、
コーヒーも好きです。

豆からひいて飲みます。







が、なんと最近は









インスタントコーヒーが無性に飲みたく感じ、
わざわざ買いました。

以前とあるシネコンでコーヒーを買ったら、
インスタントコーヒーだったので
非常に立腹したのが嘘のようです。



嗜好は生きている
posted by H.A at 21:50| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月27日

ホワイト

我家の庭には、今、白い花がいっぱい。

すずらん。

すずらん.JPG

でっかい花が牡丹、白い小さな花がこでまり。

牡丹とこでまり.JPG

年々増えていく花に、継続は力なりをいつも教えてもらいます。
花さん、いつもありがとう。
posted by H.A at 12:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

嗜好(アルコール編)

池袋の勉強仲間の女性陣。
M淵さんは、お家でお食事の際に、ワインを少し召し上がるらしい。
Y木ちゃんは、仕事が終わってお家に帰ると、
ワインを飲みながら自分の時間を過ごすらしい。

ワイン・・・バー
かっちょいい。














他方、あたくし。











先日、焼酎の一升瓶を買いに行ったことは、
内緒にしておこう。
posted by H.A at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発見!!!

適度なアルコール量で、夜の部の会合を過ごした翌朝は、


爽快晴れかわいいぴかぴか(新しい)exclamation×2ひらめき












ということに、もっと早く気づけば、
私の人生は、今とは違ったかもしれない。

とスッキリとした目覚めで感じた4月の日曜日の朝。
posted by H.A at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月29日

ハナミズキ通り

ハナミズキ2008.jpg

我家のハナミズキ。
隣の家の少し薄めのピンクのそれと5メートル離れている。

5メートルだけのハナミズキ通りと、
勝手に呼称して満足わーい(嬉しい顔)
posted by H.A at 06:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『夢をかなえるゾウ』

『夢をかなえるゾウ』(2007)水野敬也著 飛鳥新社
http://yume-zou.net/

遅ればせながら、読んでみた。
他で人生訓としてよく言われていることを、
神様が関西弁で話すから、新鮮。
改めて納得。

著者は1976年生まれみたい。
なかなか、やる〜exclamation×2
posted by H.A at 06:56| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「無知の知」の沸点

幼い頃の苦労をあえて面白く話す芸人が、
ご飯をかみ続けると、ふっと甘くなる瞬間がある、とテレビで話していた。
TOEICが自己の過去の倍の点数をとれるようになった友人が、
勉強し続けていると、ある日突然、英語をふっと理解できるようになる、と言った。

ソクラテスの言う「無知の知」にも、同様の極み、というのがある(と思う)。
学べば学ぶほど、自分が無知である、ということがわかる、という沸点のようなものだ。
この沸点に到達しているか否かの差はとても大きい(と思う)。

「無知の知」を知ると、謙虚に自分の不足さを感じるから、
人を非難したり馬鹿にしたりは、
なかなかできなくなる(と思う)。


ただ、この「無知の知」は、ゲームと一緒で、
ステージがいくつかある。
最初の沸点を超えたからと満足してたら、無知の知は永遠で、
次のステージへと進む。

なんてことを最近考えながら、
自分を振り返ってみた。
ちょっと謙虚さを失っていると自省。
傲慢は、人生のゲームからのリタイアを余儀なくされる。
私、謙虚に沸点に進め。




posted by H.A at 07:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月30日

忙中閑のほうが私は性にあうようです

まったりとした休日、スタバでお茶。

まったり日曜日スタバ.JPG

その後、本屋へ。
本屋でウロウロは静かな喜び。
何かいい本はあるかな〜と、積まれた本を眺めていたら・・・




隣に、携帯電話で話しながら本を探す(つつく)女子が近づいてきた。





けっ

(「蹴ったろか」の「けっ」)
本屋の静寂を壊すな!!と思いつつ、
気の弱い私は、別の場所に移動。




あ、これ面白そう・・・読んだことあるかな、どうかな・・・


また、隣に先ほどの携帯電話女子が立つ。



ちっ

(心の中での舌打ち)


じろっとにらんで、気の弱い私は、また別の場所に。



こじゃれた雑誌でもあるかな・・・



まじっ?

またあの女子が近づく。

私が星一徹だったら、ちゃぶ台をひっくり返すところだ。

本屋は静かに商品を選ぶ場所。

posted by H.A at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする