2008年03月09日

セロトニン神経

勤務先のKさんは、折に触れ
私に仕事に関係する新聞記事をコピーして、くださる(感謝)。

例えば、企業の社会性についての経済面の記事や、
大学生の社会活動・地域活動の記事。

先日は、読売新聞(3/5)の記事だった。
見出しは

「修行の秘密 科学が迫る」

記事の内容は、
座禅や瞑想などの宗教的な修行や精神技法は、
心身を快適に保ち、
ストレスや苦痛に耐える力をつけるとされる、らしい。
それを脳波や、神経伝達物質の変化なども調べて、
脳内で何が起きているかを探る試みがある、らしい。

要は、宗教的な修行により、
神経が鍛えられ、
リラックスしながら脳がさえる、らしい。



しかし、なぜ私に修行の記事?

深くは考えないようにしたいが、
やはり行き着くところは、宗教の世界、と神様のお導きかもひらめき

posted by H.A at 06:57| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする