2008年02月01日

開放感

(しつこいが)昨春より注力してきた一連のことが、
(結果如何はおいといて)とりあえず一段楽したので、ほっとしている。
ここ一年間、思いきり遊ぶとか、騒ぐとか、しなかったし、できなかった。

が、ひたひたと体に広がる開放感。
はじけたいexclamation×2
心おきなく、遊ぶぞーーーーーわーい(嬉しい顔)



と、先日、日本酒メーカーに勤める卒業生のユミちゃんより、新製品ですと、もらった。

あらばしり.JPG

広島は酒どころですからね。
呉の、戦艦大和でも呑まれた、千福をはじめ、
西条の賀茂鶴。(そのほかにもたくさん)

冷やして飲むと、最高に美味でした。
ゆみちゃん、ありがとう。

さ、ウコンの力を買い込みにいかなきゃ。


posted by H.A at 06:11| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月02日

以心伝心

新聞にはさまっていた情報誌に、こ洒落たレストランが掲載されていた。
マブダチのちかちゃんを誘うべと、記事を切り抜いた。



と ちかちゃんからメールがきた。
ステキなレストランができたと情報誌にあったから、一緒に行こうよ、とのこと。












同じ情報誌で同じレストランでしたフリーダイヤル
posted by H.A at 01:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

条件付き運航

羽田発広島行き最終便に間もなく搭乗予定。

広島空港が雪のため 到着出来なければ、羽田に引き返すらしい(´〜`;)



東京在住の友人達よ!
もしもの時には泊めてちょ〜だいm(__)
posted by H.A at 19:05| Comment(1) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月03日

まもなく立春

ホテルメトロポリタン池袋が、ここ一年の私の定宿です。
今回の部屋は、たまたま角部屋で、大きなソファーまであり、
通常のシングルよりは、広うございました。

バレエのアラベスクがジャンプしながら思いきりできる。
















・・・・のですが、ひどい腰痛でじっとしていました _| ̄|○

さて、ロビーには、こんなのが飾ってありました。






















メトロポリタン雛人形.JPG


冬来たりなば春遠からじ、ですね。

さあ、家でも雛人形を出さなければなりません。




まずは、雛人形を飾る部屋の掃除からでしょうか・・・



そうじ・・・
うじ・・・
じ・・・
・・・











押入れから雛人形を引っ張り出して飾るのも、
今年は(も)、見送ることになりそうです(* ̄ノO ̄*)おほほ
posted by H.A at 10:03| Comment(0) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

Take it easy!

何か病気になると、なんでも要因はストレスの現代。

この映画「「イン・ザ・プール」はストレスを抱えた人たちが、
精神科医を頼ってくるんだけど、
その医者も変わってて、ばかばかしくて、面白い。
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4851

悩んでる本人は、必死なんだけど、はたからみてると、そうでもないね、と笑える映画。
(夜中にテレビで放映してたので、録画して見た)

以前、著書も読んだと我がブログにも書いてる一件。
http://bouchukan.seesaa.net/article/15535080.html


鑑賞後、いろんなことが、まいっか!と思える映画です。
posted by H.A at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月07日

涙のツボ

人生の帳尻はあうようにできている。
私は泣かない子どもだったが、齢を重ねるごとに涙もろくなる。

『約束』(2207)石田衣良著  角川文庫


7編の短編集。

命を失う喪失感を泣きの売りにする小説は薄っぺらくて、

けっむかっ(怒り)


(「蹴ったろか」の「けっ」)




これはね・・・「けっむかっ(怒り)」ではない。





ま、だまされたと思って読んでみてください。

私と同じ涙のツボであれば、電車の中で読むのはやめたほうがいい。
号泣しっぱなしです。

















【しかし、説明したいヾ( ̄ε ̄ヾ) 】

恋愛の喪失感は一過性のもので、たいしたことないと思うのです。
この小説は、家族とか、友情とか、人間愛とか、そういう永遠な関係を喪失したところから
気づきうる、言葉にならない大事なモノを
抱きしめながら前を見て生きていこうとする人間の姿が描いてあります。
生きるということは苦しいし、愛しいのだなあと思わせてくれます。
posted by H.A at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心のストレッチも必要でしょう

性格が悪いとか、頭が悪いとか、意地が悪いとか、いろいろありますが、
最近は腰が悪い。
だましだましきましたが、いよいよ年貢の納め時と、整形外科に行きました。

手術は痛いかな、入院中は何をしようかな。

人気の整形外科で、ベルトコンベヤーのみかんの缶詰になったような流れ作業のなか、
レントゲンの結果は、


















「異常なし」。


お医者さんが私の脚やら腰やら、曲げたり伸ばしたりいろいろ調べたあげく、


















「ぎっくり腰でしょう。」とのこと。


手術や入院ではないらしい。。。









お医者さん曰く、

「女の人にしては、体が硬いからね、

 ちゃんとストレッチしなさいよちっ(怒った顔)

 これまでみたいに、若さで乗り切れなくなるよパンチ。」








・・・_| ̄|○
















大人のバレエ暦7年だとは、今後口に出すまい。。。( ̄_ ̄|||)
posted by H.A at 20:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月08日

早起きは三文の得

いつもレンタル中だったDVD「それでもボクはやっていない」。
http://www.soreboku.jp/index.html
ようやく借りれました。

司法制度に対するこもごもは別途議論として、
職業柄、いろいろ気になることがありました。

まず、主人公は26歳フリーター。
なぜフリーターかというくだりはストーリーには含まれていないけれども、

・・・ちゃんと働いていただきたい


その主人公が働こうと面接を受けに行く日に寝坊。
おまけに、面接にスーツはよいとして、鞄がリュック。
かつ、履歴書をもって行くのを忘れている。

・・・言語道断。

   前日に必要なものは、鞄(リュックではなく、ビジネスバッグ)の中に入れて準備しておく。
   余裕をもって起きる。
   早めに面接会場付近まで行っておく。


罪を認めれば、すぐ釈放されるよという不条理な周囲の提案には、
罪を犯していないのだから、認めるのはおかしい、と
筋を通すところは、なかなか主人公は骨がある。
が、その前に、当たり前のことを、ちゃんとしていただきたい。











と感じた映画でした。

主人公、弁護士、裁判官、被害者、検察、警察、立場違えば事情も違う。。。面白いというには申し訳ないほど、深い、難しいテーマの映画です。
posted by H.A at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月09日

書は捨てないが街へ出よう

いろいろ落ち着いたので、
ようやく外に食事にでも行こうかという気になった。
うろうろしてみた。

スポーツショップで、久しぶりにバスケットボールにさわった。
中学時代はこれでも、バスケットボールの選手としてぶいぶいいわせた(つもり)。

バスケットボール.JPG

店内でパスやドリブルの練習をしていたら、お店の人に怒られた・・・





ベルサイユのばら 入浴剤.JPG

全種類を買おうかと思ったが、勇気を持ってあきらめた。
ベルサイユのばらの入浴剤。

「アンドレ、一生私だけを愛すると誓うか?」のオスカルと、
「すこーし愛して。ながーく愛して。」の大原麗子。




愛か・・・ ( ̄_ ̄) 遠い目・・・
posted by H.A at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月11日

父のほしいもの

古希を迎えた父の欲しいものは「ジャンバー」らしい。
通常なら「ブルゾン」と呼称するであろうが、
しゃれっ気の全くない、父らしいモノイイだと微笑ましい。



さて、久しぶりに友人(女子)と会い、食事やウインドーショッピングをした。

ポトフ.JPG

と、友人が
「これ買ったんだブティック」と
自慢げに着ていたアウターを指差した。





それを見たとき、
父がジャンバーが欲しいと言っていた、と弟が言っていたのを思い出した。
(父と私は似たもの同士なので、会話があまりない)






なので、友人に言った。










「そういえば、父がそういうのほしがってたんだよね。

 おうど色のジャンバー。」














にこやかだった友人が、眉を吊り上げ言った。















「これはね、シャンパンゴールドっていう色なの。

 ジャケット丈のブルゾンなの。パンチ















おうど色ではないらしい・・・たらーっ(汗)
posted by H.A at 11:16| Comment(0) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月15日

『野村の流儀』

本屋で見かけて即購入。
『野村の流儀』野村克也著 ぴあ
  (2008年2月17日発行なんだけど、すでに入手???)

努力の人の言葉は重い。これはオススメ。
常に手元においておきたいので、お貸しできず・・・。
買って。
posted by H.A at 07:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月17日

斉藤さんVS.柳沢教授

仲良しの友人が

「私は、職場で『斉藤さん』になる!」


【解説:私は見たことはないが、コミックを原作に『斉藤さん』というドラマがあるらしい。
 斉藤さんは、正しいと思ったことは主張せずにはいられない性分らしい。
 http://www.ntv.co.jp/saito-san/

ならば、私は

「柳沢教授になる!」

と言いたい。

【解説:やはりコミック『天才柳沢教授の生活』。これ面白い。
 過去にドラマ化されたらしいけれど、見ていない。
 http://comics.yahoo.co.jp/kodansha/yamasita01/tennsaiy01/shoshi/shoshi_0001.html

 ↑是非立ち読みしてみてください。】

柳沢教授はY大学の経済学部の先生、という設定。
9時就寝4時半起床が日課・・・ふわっふわっふわっ

コミックを全巻、手元にほしい。買おうかな。
posted by H.A at 09:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

いきいき健康ラジオ

皆さん、こんにちは。
“いきいき健康ラジオ”の時間です。
今日もたくさんのお便りやメールをいただきました。
まずは、H.Aさんのお便りをご紹介しましょう。

「はじめてお便りします。
 私は腰痛に悩んでいますが、持病の胃痛もでてきました。
 おまけに、花粉症でくしゃみもひどく、腰にひびきます。
 胃が悪いので薬も飲めず、ふんだりけったりで、悩んでいます。」

H.Aさん、お便りどうもありがとう。
大変そうですね。
でも、大丈夫。
あなたのような、いつもどこか体が悪いと主張する人は、
しっかり、長生きできます。
安心して、ゆったりと毎日を暮らしてください。

では、次回まで、ごきげんよう。
posted by H.A at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月21日

カフェで読書三昧

仕事の関係で久しぶりに会ったCさんは、
聡明なのに、それをひけらかさない感じのいい人だ。
読書談義に花を咲かせたが、
「その本読みました!」と思った本でも、
私は内容をさっぱり覚えていない。
我ながらいかがなものかと情けない。

と、Cさんが、
「今後の(仕事を中心にした)人生設計は
 どのように描いているの?」
と突然尋ねたので、椅子から落ちそうになった。

「何も考えていない」とは、恥ずかしくていえなかったので
「老後のことは考えている」と逃げた。

朝からカフェでお茶をする年配の方を時折見かけるが、
あれが理想だ。
カフェで一日中読書三昧の日々を送りたいぴかぴか(新しい)

と、Cさんが、
「仕事の合間を見つけての、読書の時間が至福のときであって、
 一日中読書三昧は、楽しいかなあ」
とぼそっ。

・・・反論できず。



気を取り直して、
「午前と午後とカフェで読書しながらお茶をする、
 これができるだけのお金があればいいです〜ぴかぴか(新しい)

とささやかな老後の楽しみを語る私。

と、Cさんが
「僕らの時、年金はちゃんと出るかなあ」


・・・





・・・






・・・






・・・






憧れの年金生活。
出ないと困る。。。

受験勉強ではなく、
大人になってからの目的を持った学びは楽しいよね、と
意気投合しコーヒー談義おひらき。
posted by H.A at 20:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月22日

サイフォンで淹れたコーヒー

海軍の語り部のような方曰く、
「海軍は船で紅茶を飲んでたんですよ。
 海軍の先生はイギリスですからね。
 やかんで紅茶をわかして、白砂糖入れて。」
  (注;当時白砂糖は貴重品)

へえー、と思いながら
海軍の街であった呉のお土産の一つになっている
「海軍さんの珈琲」を飲む。

海軍さんのコーヒー.JPG


他方、映画で全国区になった坂の町尾道も、港町。
尾道浪漫珈琲というカフェが広島に出店していたので、
飲む。


尾道浪漫珈琲.JPG



ワッフルの手前の白いアイスクリームは、
一緒に打ち合わせしていた女子が、どうぞ、とくれたもの。
(私もワッフルを半分、どうぞ、と交換)

話をしながら、パクパクパクパク。


ワッフルの上にのっている
丸いカスタードのアイスクリーム。
さ、これも食べましょ!と一口。








・・・









・・・









・・・








この衝撃をどうやって言葉にしよう。

これを読んでるあなたに、いかに伝えよう。

我が語彙の貧相さが憎らしい。














こういうときは、ストレートに言おう。

カスタードのアイスクリーム、


































マーガリンでした

  w( ̄Д ̄;)wワオッ!!。



あたしゃ、マーガリンを塊で食べたよ_| ̄|○
posted by H.A at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

2007年度版

私のゼミ生が作りました冊子を遅ればせながらアップします。
関係先の皆様への送付もまもなくいたします。


冊子(2007年度9.jpg

  ↑
(写真クリックで中身をご覧いただけます)

過去のものはHPをご参照ください。
posted by H.A at 16:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする