2007年12月04日

迷惑メール

他大学の先生等お二人の方から、

「粟屋さんからのメールが、迷惑メールとして削除されてましたよ〜」と

言われました。
ありがたいことに、助け出してくださったそうです。
私の人生そのもののようです。

迷惑メールとして認識される理由はわからないのですが、
メールアドレスの文字の組み合わせ等の関係なのでしょうか・・・

それとも日ごろの私の行いをも勘案されるのでしょうか・・・

あなたの迷惑メールフォルダの中に、
私からのメールがあるかもしれません。
その際は、拾ってやってください。




posted by H.A at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月06日

寒くなりましたね2

そろそろ冬眠の準備をしなきゃ。

カプチーノ ハート.JPG
posted by H.A at 06:17| Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウォシュレット

ウォシュレットは現代の必需品です。

我が家のウォシュレット。
止めたつもりが、止まっておらず、洋服がびしょびしょになりました。

また、一度止まったのに、また動き出すという不思議な動きを連続したりして、
どうやら、壊れたようです・・・_| ̄|○

にしても、勤務先のウォシュレット。
いまだ冷水で、飛び上がります。
posted by H.A at 21:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残席わずか

以前よりアナウンスしている
2007年12月20日 木曜日の18時半より粟屋ゼミ生主催で行う
比治山大学 学生会館1階ロビーにおける
150名限定、
広島交響楽団12名の弦楽アンサンブル クラシックコンサート夜ですが、
最近の販促活動が功を奏し、
残席わずかのようです。

ポスター貼付.JPG

ご入用の方、お早めにどうぞ。

そして、ようやくプログラムが決まりました。
いろいろ企てているようなので、
あまりここで披露はしませんが、
15分の休憩をはさむ二部構成らしい。
ちなみに一部の楽曲るんるんは以下の通り。

1.ディヴェルティメント ニ長調 K.136〜第1楽章/モーツァルト
2.愛のあいさつ/エルガー
3.「小組曲」〜小舟にて/ドビュッシー
4.ユーモレスク/ドヴォルザーク
5.ハンガリー舞曲第5番/ブラームス
6.アイネ・クライネ・ナハトムジーク〜第1楽章/モーツァルト

第二部はいらした方のお楽しみわーい(嬉しい顔)、ということで。
posted by H.A at 22:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

鉄ちゃん

羽田からのモノレール、一番前に座ってみた。

モノレール先頭車両.JPG

鉄道マニアの気持ちがわからなくもない。
posted by H.A at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピンクの象さん

大学院の先輩の、とてもステキなA先生より、
しっかり本読んで研究してね本、と栞をいただいた。

しおり.JPG

早速、学会報告のための文献に使ってみようっと。
posted by H.A at 11:46| Comment(1) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

以前、とある人と「道」というキーワードの話になった。

自分より若い人と話していると、彼ら彼女らの悩みは、
これまで自分が経験したことである。
よって、「これまで歩いてきた道」

自分より年長者と話していると、
未経験なことや、今の自分には達観できていないことなどがあり、
よって、「今から行く道」

もう一つ、なぜか青く見えしまう
「選ばなかった道」

以上の3つの道がある。



私よりも年齢的に若い人が、もがいている姿は、
「これまで歩いてきた道」ですから
過去の我が姿を見ているようで、痛い。

まだまだ未熟な私だけれど、これまでもがいて苦しんでわかったこと。

・依存は自滅する
(依存させてくれる人は、麻薬です。
 瞬間的な心地よさは、後から自分が苦しむ。)

・自立自律
(何でも自分。人のせいでなくて、人に頼らなくて、自分でする。)

・支えあいともたれあいは違う
(自立自律している同士がはじめて支えあえる。
 もたれあいは、もたれられたほうは重くて当然逃げます。 
 もたれたほうは、倒れます)

ということを、数々の痛い目にあって気づきました。
まだまだ修行中ですが。
posted by H.A at 12:01| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月10日

お化粧

お化粧するために、幾つかの動きをしていたら、
(詳細は記載を省く)



































鼻血が出たどんっ(衝撃)







鼻血って、いつ以来?

中学生の時以来かも。
posted by H.A at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

恋愛に関する経営学的考察

1.問題の所在
はたからみるととるにたらぬが、
当の本人にとっては重大問題である、
遠い昔から皆が悩む恋愛というものがある。
それを経営学的に分析することを目的とする。
(私は暇ではない。念のため。)

2.所有と恋愛の分離
恋愛は、あの人のこと、好きだなあ、いいなあ、と思っているうちが花。
手に入った!(=所有した)と思った途端、
「好きだなあ」が執着に変化する。

3.時間概念の視座
恋愛は、「今」が楽しい時が花。
二人の関係に将来(長期的時間)を考えると、楽しい恋愛が息を止める。
もしくは、現実的な条件が絡んできて、面倒くさくなる。

4.非交換
恋愛は、見返りを求めないのが花。
自分の払った犠牲(コスト)と交換によって得られる見返り(リターン)を秤にかけだすと、
ピンク色の恋愛が消えてなくなる。

5.情報の非対象性
恋愛中の相手の情報に対する認識は、
「恋愛」というブランドの魔法にかかって、事実より相当プラス評価。

6.まとめ
恋愛は、自分の心を相手にどれだけ所有されたかによって、
形を変える。
切ないなあ。
できれば、恋愛はしないほうがよい。







【蛇足】
私は恋愛否定論者です。
フリードマンのようなもんです。

海先生の、
「そんなこと考えなくていいから、
 早く来年早々の学会報告ができるようにまとめなさい。」と
声がする・・・
posted by H.A at 20:47| Comment(9) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月14日

金は天下の回りモノ

12月1日の金曜日、
株式会社ディールクリエイションの
代表取締役社長 中西 哲氏に、
わざわざ東京よりお越しいただき、
講義をしていただきました。

中西氏.JPG

世の中の汚い話をしてください、とお願いしましたところ、
さすが、中西さん。
働くことの泥臭さと、
お金を活用することのしたたかさを、
話してくださいました。
わかりやすく、親しみやすく、興味深く。

お兄様的な中西さんの話に、
誰一人寝ることなく、約50名の学生が皆、真摯に聞き入っていました。

中西さんの話も素晴らしかった(中西さん、ありがとうございます)。
学ぶ姿勢のあふれる学生も素晴らしかった(エライ!みんな)

















そういう学生に育てた私と、
中西さんを講師に選んだ私も、えらい、と誰か言って!
posted by H.A at 19:28| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

男と女

私には顔のよく似た弟がいます。
その弟には、3歳の双子がいます。
二卵性の男女。
私には、かわいい甥っ子と姪っ子。(所謂おばさんバカしてます)

双子ちゃんは、泣くか笑うか食べるか喧嘩するかしていて、見ていてなかなかかわいくて楽しい。

例えば、姪っ子が
「○○君、××とってきて」というと
甥っ子が、「そっか」と言いながら、即取りに行くあたり。
笑えます。

小さいながら、男と女の縮図を見ているようです。


また、姪っ子が自分の通ろうとする通路に、甥っ子が置いていたモノがあり、邪魔だからどけてくれ、という。
甥っ子は、ここではなく、あちらを通ればいいではないか、というと、
姪っ子は「ここが通りたい」とわめいて泣く。
仕方なく、甥っ子はモノをどける。

・・・大人も一緒ですな。
   オンナはつまらぬことで泣きわめいて、周囲に迷惑をかける。


一方甥っ子は、皆で食事に入ったイタリアンレストランで、
子供用の椅子ではなく大人用の椅子に座ると言い張る。
姪っ子は、さっさと子供用の椅子に座って、食べる準備万端。
しかし、いざ食べようとすると、甥っ子は小さいから、大人用の椅子では食べれない。
で、わめいて泣く。

・・・大人も一緒ですな。
   オトコはつまらぬことで見栄をはって自滅する。


どちらにしても、何歳でも、男も女も愛すべきかわいい存在です。














わかってるって。
私も、つまらぬことで泣いてわめいて迷惑をかけております。
すみません・・・
posted by H.A at 19:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月15日

大人の恋のほうがせつない

めざましテレビで、ドリカムの吉田美和が、
亡くなった夫に捧げる歌をCDの最後に入れたと話していた。

買ってみた。

CD ドリカム I LOVE YOU.jpg

年をとると、涙もろくていけない。

ちなみに、初版を買うとDVDがついてくる。
よくあるCDのメイキングビデオじゃ、邪魔だなと思っていたら、
ちゃんとミュージックDVDだった。

DVD ドリカム.jpg

このブログを読んでる人の中に、きっと
ブレーキランプ5回踏んだ人がいるのでしょう。

ハザードとか、ウインカーを代わりに5回してたりして・・・ひらめき
posted by H.A at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

土曜日の憂鬱

今日(土曜日)、仕事で出勤だった。
仕事帰りに、デパートに寄ったら、人の多さにびっくりした。
ボーナス後の土曜日を実感。

加えて、ジュエりーショップには、
これまた、ものすごい数のカップルが、ジュウシマツのように
密集して、ガラスケースに顔をよせていた。

クリスマス前を実感。

















けっパンチ


(「蹴ったろか」の「けっ」)





クリスマスにジュエりーか・・・

( ̄_ ̄)
(数億年の時空を越えた遠い目)
posted by H.A at 22:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月16日

文化面での広報

我がゼミ生主催の広響コンサートまで、あと4日となりました。
今朝(12月15日 日曜日)の中国新聞の9面の文化欄に、
でっかい記事が掲載されました。

中国新聞07.12.15.JPG

当該コンサートは、単なるイベントではありません。
大学生のクラシック音楽に対する興味関心度と、
実際にクラシックコンサートに行ったことのある数値とのギャップより、
(行ったことはないが、行ってみたい、という数値が高かった)
ならば、コンサートを開催し、実際に学生達に経験してもらおう、という趣旨から行う、
課題解決型コンサートイベントなのです。

そのあたりを文化面の記事ながら、記者の片山さんがきちんと書いてくれてて、
感謝感謝。

ちなみに、当記事の上部には、福山雅治が敬愛する
浜田省吾の、これまたでっかい記事が!

浜田省吾 広島の誇り.JPG


我がゼミ生達も、私の誇りです。
posted by H.A at 06:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月17日

髪の毛切った

今週は木曜日の広響コンサートもある。
それ以外にも、いろいろ重なっている。
クリスマス前、忙しい一週間になりそう。

無理しない。
がんばりすぎない。
人に気を使いすぎない。
無駄に張り合わない。

と、以上のことに気をつけて、
自分のキャパオーバーなことをして、
自滅自爆して人に迷惑をかけたり、
自分の体を壊さないようにしよう。
posted by H.A at 06:42| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

遠慮

コンサートの本番を木曜日に控え、
ゼミ生の企画準備会議は白熱している。
彼女達だけで熱心に話し合っているので、
私は、伝達や確認事項があるときも、遠慮して、
「今、話していいかなあ。」と尋ねたうえで、話しかける。

彼女達の頑張る様子を隣の部屋で感じながら、
邪魔をしないように、
私は短くなったヘアスタイルを、いかにティーンエイジャーっぽく、
オシャレにアレンジするか考えていた。

と、そこに質問をしに研究室に入ってきたゼミ生のアリサちゃん。
最近の若い人がやってる、頭のトップをくしゃくしゃとした感じで
ほわっとするには、どうしたらいいのかと聞いてみた。

ヘア用のワックスを使うらしい。
(彼女は、化粧品がCHANEL御用達の学生同様、高級品志向で、
 ボディクリームも L’OCCITANE を使っている)

買ってきてもらうことにした。
楽しみだ。うふふっ。
posted by H.A at 21:13| Comment(4) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月18日

アンニュイ

(トイレに行く間もないくらい忙しかった火曜日)


ワックス.JPG

かわいい色白のアリサちゃんが、ヘヤ用のワックスを買ってきてくれた。
(アリサちゃん、ありがとう。)
家に帰って、早速つけてみた。



( ̄‥ ̄)






たとえ、私がティーンエイジャーのように今っぽく
くしゃくしゃっとした髪型をワックスによって造形したとしても、
私の周囲のオジサマたち(海の仲間達&池袋の勉強仲間達)は、
そのいけてる感じを理解できず、
寝癖ではないか、とか
ライオンみたいではないか等
このくしゃくしゃが、
格好のお酒のサカナになることは想像に難くない。



やはり、アンニュイに、もしくは妖艶に、
かきあげる、というスタイルのほうが無難だろうか・・・




いたっパンチ
殴られたような気がする。


posted by H.A at 21:01| Comment(3) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月19日

コンサート・イヴ

明日に控えた
“Hirokyo×Hijiyama Classic Chirstmas
  広島交響楽団12名の弦楽アンサンブル”。

ゼミ生が、準備に忙しそうです。
(私も念のため、運動靴で来ましたが、学生が全部してくれているので、
 せめてブログで最後のアナウンス)

明日配布するプログラムもできてます。

プログラム.jpg

12名の弦楽アンサンブルの座り方は、こんな感じ。

ステージ配置図.jpg

演奏してくださるメンバーも、その筋で著名な方ばかりらしい。

当ブログをみて、今朝、他県からリーダー ユッキーに
チケットについて電話くださった方、ありがとうございます。

その他、チケットを買ってくださった方、ありがとうございます。

明日は、お待ちしています。







なお、ここだけの話。
チケットがなくても、明日は立ち見が可能です。
2階まで吹きぬけのロビーでのコンサートなので、
2階の椅子に座って音楽を楽しむことも可能です。
(お静かに願います)
ただ、演奏している姿は見えませんが・・・

17時半開場、18時半開演です。
私は、どこかにいるかもしれないし、いないかもしれないし。
posted by H.A at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月20日

「腫れる(はれる)」

ドラマ『ガリレオ』風 「腫れる(はれる)」



(ト書き)湯川先生の研究室に、刑事 内海 薫が走りこんでくる

内海 「湯川先生、大変です。粟屋さんが、今日仕事に行けない、と言っています。」

湯川 「なぜだ?」

内海 「昨夜、お魚ソーセージにがっついたら、
    アレルギーが出たらしく、顔が腫れたらしいのです。」

湯川 「アレルギーってなんだ?」

内海 「赤くする着色料のコチニール色素が、
    体にあわないようで、ひどい胃痛やひどい鼻水、
    顔のかゆみ等が起こったようです。」

湯川 「それで、なぜ仕事に行きたくないのだ?
    論理的に説明できない。」

内海 「これが、今の粟屋さんの顔の写真です。
    痒みで二重が一重になるくらい、顔の上半分が腫れています。」

湯川 「(写真をじっとみて)実に(顔が)面白い。」










【本人談】
困った・・・
目が開きません・・・
(ぶさいくです。)
しかし、今日は広響コンサートの本番・・・
サングラスで過ごすか、両方の目の眼帯で過ごすか・・・て、両方だと見えんワイ(一人突っ込み)
posted by H.A at 06:15| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13時

ステージ&会場完成。

広角.jpg

二階から.jpg

受付準備.jpg
posted by H.A at 13:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

15時

リハーサル風景。

リハーサル.jpg
posted by H.A at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

17時

学生のアイデアで、芸術のコラボレーションです。
クラシック音楽と、美術(比治山大学の美術科の学生による)。
コンサート会場には、即席ギャラリーができています。

ギャラリー1.jpg

ギャラリー2.jpg

広島交響楽団の方と、最終打ち合わせ。
皆真面目な表情。

直前打ち合わせ.jpg


「打ち合わせをしているので、粟屋先生来てください。」とアミちゃんから電話があったので、
あわてて行ったのですが、
私抜きで、打ち合わせが終了しました・・・_| ̄|○
いえ、いいのです。それがいいのです。


まもなく、17時半開場。
18時半開演。

主催するのは、かわいいかわいい2007年度ゼミ生12名。


かわいい07年度ゼミ生全員.jpg
posted by H.A at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月21日

心がふるえる時

2007年12月20日 18時半から20時

受付

受付.JPG


開演前 リーダーゆっきー挨拶
(お見事でした。彼女のお母様は私と同じ年・・・( ̄‥ ̄))

リーダー挨拶.JPG



指揮の松浦 修氏より楽曲紹介、楽器の説明

指揮者からの楽曲説明.JPG


広島交響楽団12名の弦楽アンサンブルの様子

演奏の様子.JPG


アンコールは、“カノン”と、もう一曲サービスで“星に願いを”

皆様のおかげです。深謝。
posted by H.A at 17:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

研究とジャーナリズムの差違

先日、NHKのチーフプロデューサー 千葉聡史氏に、
「事実を見つめる眼」というタイトルで講義をしていただいた。
キーワードは、
@テーマ選択の視点
A事実を把握する目線
B事実を伝える目線の、3つ。

その3つめ「事実を伝える目線」では、
「受動性から能動性へ」という言葉を使われた。
換言すれば「客観性からメッセージ性へ」ということだとのこと。

はた、と疑問に思った。
以前、とある先生から
「粟屋さん、研究とジャーナリズムは違いますよ。」と言われたことがある。
違いは何か?

千葉さんは社会派の番組作りに長年携わってこられているから、
その社会的な調査方法は、
体系的で、学ぶことも多く、研究にも応用できるな、と思う。

となると、ジャーナリズムと研究の相違は、
@テーマ選択が、万人受けするものか、自己の問題意識か
A「事実を見つめる」のが、実態(実践)か、理論(実践論でも理論を多く含む)か
A「メッセージ性」という概念が、あるか、ニュートラルな立ち位置の研究にはない、
ことだろうか。

ドラマ「ガリレオ」の最終回では、
湯川准教授が、久米 宏演じる先輩研究者と
科学者としてのモラルについて議論していた。

モラルやスタンスはオリジナリティがあっても、
メッセージは研究にはない、持ってはいけないのかな。

今度、海先生に尋ねてみよう。

posted by H.A at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月24日

『容疑者Xの献身』

フジテレビ月9ドラマ「ガリレオ」が
来年秋映画化される。
その原作となる『容疑者Xの献身』東野圭吾著(2005)文藝春秋

容疑者Xの献身.JPG

すでに読んだ私の周囲の人が、
簡単に筋を教えてくれつつ
「この小説はいーよ」とか
「だけど、せつないのよ」と
別々ながら、口を揃えて言う。
そこまで皆様がほめるのならばと、、
日ごろハードカバーなど、高いし重いし買わないのだけど、
羽田空港の本屋で買ってみた。

読んでみた。















がーーん ( ̄_ ̄|||)。

(除夜の音のように余韻をもたせた「がーん」)





















読んだことあった _| ̄|○











1600円がものすごく、もったいないと思ったクリスマス・イヴ。


さあ、あなたも私も Merry Christhmas雪





posted by H.A at 16:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月25日

家族サービス

今日は12月25日 クリスマスクリスマス
大学は、冬休み雪
ということは、年末が近い。
となると、“大掃除”。

と、年に3回恒例の掃除大会。
今回も、ご指名させていただいた学生が5名、来てくれました。
掃除の後の、茶話会喫茶店で。。。

私  「クリスマス・イヴはどうしてたの?」
学生A「家族サービスで、家族と過ごしました。」
学生B「私も、家族サービスで親と一緒に食事しました。」

学生からしたら、家族と過ごした、ということに対するテレより、
「家族サービス」なんて言葉が出たのだとは思います。





が、







「家族サービスしなきゃさー、うるさくってさー」

なんて言ってるお父さん、お母さん。

そう思っている、ご自身が、
家族からサービスを受けてるのかも!
posted by H.A at 20:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あとがき

学術書のまえがきやあとがきを読むのが好きなことは以前も書いた。

http://bouchukan.seesaa.net/article/48191947.html

あとがきには、大抵、研究をする際、指導してくれた教官や、
叱咤激励してくれた仲間や、
作業を手伝ってくれた後輩や、
あらゆる面でサポートしてくれた家族、
そして出版社に対しての謝辞がならべられる。
その文面や行間に、
著者の人間観や、生き様や、人となりや、研究の苦労が見え隠れし、
私のような想像力豊かな単細胞は、涙するわけである。
(年取って涙もろい、というのも要因の一つ)

このたび、また心を打つあとがきを読んだので紹介したい。

立教大学名誉教授 三戸 公先生著の
『ドラッカー ―自由・社会・管理―』(1971)未来社

あとがき全体が、潤いがあるのだけど、
最後の一文がインパクトがある。



「この書物がでることを、一番喜んでくれるのは、

 ゼミナールでいっしょに勉強してきた諸君にちがいない。

 おたがいに、しっかり生きてゆこうではないか。」
posted by H.A at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月26日

光陰矢の如し

社会学者の上野千鶴子氏曰く、専業主婦の業務は「待機」。
漫画家の柴門 文氏曰く、専業主婦の業務は「自己犠牲」。

早々に結婚をし、少子化対策に助力した専業主婦だった友人達が、
徐々に社会復帰しつつある。
家に入るのもったいないないね、と思った友人達。




が、




あっ







という間に時が立ち、
子供たちも大きくなった彼女達が、
パワーアップして、仕事にいそしむという知らせは
心より、「おかえり」と言いたい。


先ほども、某国家試験に合格したと、大学時代の友人からメールが来た。
今後彼女のような復帰派が増えれば、年に二回ある学生時代の友人達との集いの話題も、
社会的なものになって、面白いでしょう。

なおちゃん、おめでとうぴかぴか(新しい)

なおちゃんが面白おかしく話してくれるであろう苦労話をサカナに
みなでゆっくりワインでも飲みたいものです。
posted by H.A at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性分

生まれ持った性分というのは、変わらないし、
一生ついてまわるものなのだ、ということを最近よく感じる。

例えば、メール。
同じメールを送るならば、面白いメールを送ったれ、といちいち思う。
我ながら面倒くさい性分だ。

ある時、悪友からのメールの内容が、いつも以上に理解不明だった。
「わかんないexclamation&question」と一言送ればよいのだけど、いや、まてよ。





「わからんばい。星くん。」


と巨人の星に出てくる、誰か覚えてない人の言葉を真似て送った。






















これが、通常は私の言動に人の三倍は悪態をつく悪友のツボに、
想像以上にはまった。









悪友は巨人の星のフィギュアを持っていたらしく、
夜中に眺めたらしい。
おまけに、星 飛雄馬、星 一徹、明子姉さん、花形 満は良いとして、
「ばん ちゅうた」 と 「さもん ほうさく」 の漢字が思い出せないと、
それがなんとも悔しいと、
寝ていたのを起きだして、パソコンで調べたらしい。

なぜあのメールに振り回されているのか、と
地団太を踏みながら、パソコンを開いたに違いない(ぷぷぷっ)




一度こだわると、明日にするという「待ち」ができない、
換言すれば本能のまま動くという、野生の性分が悪友にはある。
これも、一生直らないでしょうね。



などと、こんなとるにたらぬことを、こんな時間に書いている私。
実は、仕事やその他モロモロ異常に忙しい最近の私。
心に浮かんだことを、
ブログを書かずにいられない、というのも悲しい性分です ┏o ペコッ。







posted by H.A at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月28日

階段を下りていたら

無性にGODIVAのトリュフチョコが食べたくなった。

しかし、買いに行く時間がない。
というより、虚弱体質なので、
買いに行く時間を作るという段取りに費やす気力と、
デパートまで行くという体力がない。
(世の中には、毎夜女子をとっかえひっかえしながら
 飲み歩いて遊ぶツワモノもいるというのに)

誰か、買ってきてくれないかなあ・・・

長崎屋のバターケーキも食べたい。
病院にもいかなきゃ。
エステにもいきたい。
(って、どこもお正月休みに入っちゃうよね)

さあ、今日も一日、集中講義だ!









って、から元気も、よろよろ。。。。


posted by H.A at 06:27| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

欲望を満たすための努力は惜しんではならない

「体の奥底から湧き上がる欲望」 VS. 「虚弱体質」



「欲望」の勝ち。

朝早く家を出て、バターケーキで有名な長崎堂へ。
http://nttbj.itp.ne.jp/0822470769/index.html
ここのバターケーキは本当においしい。


しかし、橋本弁護士もびっくりの、
行列のできるバターケーキ屋でした_| ̄|○
雨の中、70メートルくらい人が並んでいました。
帰省に際し、日持ちがして美味のブツを多くの人が求めに来たようです。
私は、並ぶ元気も時間もナシ。

「虚弱体質」の勝ち。

バターケーキ受け入れ準備万端の胃が、あきらめきれないと一日中泣いていました・・・
演歌の世界です。

仕方が無いので、仕事帰りに、体をひきずるように三越へ。

「欲望」の勝ち。


代替品として、文明堂のカステラを買いました。
来年になったら、またバターケーキを買いにいこ (* ̄ノO ̄*) 

GODIVAのチョコも買いました。
加えて、マブダチ(死語?)のちかちゃんと、
ジャン=ポール・エヴァンでショコラ・ショとマカロンをいただく。


「欲望」大勝利。


って、ここまで甘いものを欲した私。
もしかして、ものすごいストレスの傘下にいるのかも・・・
人生の荷物が重いもんな。
posted by H.A at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

寅子

リビングに日本地図が貼ってある。
それをじーっと眺めるたびに、思う。

日本地図.JPG

日本を国鉄電車で一周してみたい。

今は、“時は金なり”の余裕の無い身。

いろんな意味で自由な身分になったら、
細切れでもいいから、日本の外側をゆるいゆるりと回り、
夕刻になったら、適当なホテルホテルなり旅館家なりで、飲むバー。。。もとい泊まる。

毎日ブログでゆるりゆるり旅の進捗を書く。

とすると、きっと実は暇な仲間達が、自分の行きたい箇所になったら、
合流してくれるであろう。
で、飲むは歌うはの大騒ぎさカラオケ。。。もとい、人生について語る。

途中仕事で中断する場合は、飛行機飛行機でさくっと移動し、
仕事が済んだら、また飛行機飛行機でさくっと中断箇所まで戻り、
また、ゆるりゆるり。

こういう寅さんみたいな旅を夢見て、しばらく、
トイレに行くにも走る生活を頑張ろうではないかexclamation×2
posted by H.A at 08:57| Comment(7) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

準備万端

年末年始と寒いらしい。

ちなみに、私の年末年始の予定は「ひきこもり」なので、
寒かろうが暑かろうが、そう関係ない。

くどいですが、昨日買ったGODIVAと共にお茶をしながら、
いかに、ひきこもりをエンジョイしようかと、ワクワクしている。

ジノリのカップにコーヒーとGODIVA.JPG


とそこに、数ヶ月前に三越に予約した福袋が届いた。

ワインバー

福袋ワイン.JPG

(12本で1万円なんですけど・・・美味しかったら、まさに福)



それと、スーパーから宅配で届いた、



























ウコンの力.JPG

これだけあれば、ひと様に迷惑をかけることもあるまい。

(言い訳;そこまで飲みませんけどね)
posted by H.A at 13:33| Comment(2) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

性分その2

「働きマン」の漫画に、「福澤心訓」なるものが出てきた。
『働きマン 1〜4』 安野 モヨコ 著 講談社


一、世の中で一番楽しく立派な事は、一生涯を貫く仕事を持つという事です。
一、世の中で一番みじめな事は、人間として教養のない事です。
一、世の中で一番さびしい事は、する仕事のない事です。
一、世の中で一番みにくい事は、他人の生活をうらやむ事です。
一、世の中で一番尊い事は、人の為に奉仕して決して恩にきせない事です。
一、世の中で一番美しい事は、全ての物に愛情を持つ事です。
一、世の中で一番悲しい事は、うそをつく事です。
ウィキペデアより引用)

実際は福澤諭吉の作ではなく、作者不明の偽作らしい。
耳に痛いながらも、いいこと書いてるな、と思う。

人の信頼を得ると言うのは、なかなか難しいけれど、
・嘘をつかない、
・時間を守る
という2つの基本をきっちり押さえることが重要だと常々感じる。
(あとは、少々意地が悪かろうが、遊びが過ぎようが、メールがそっけなかろうが、毎日飲み歩こうが、ボケを連続しようが、たいしたことではない)

性分は変わらない、と一昨日書いたが、
嘘をつく人は、悲しいかな、ずっと嘘をつく。
保身のために。

時間を守らない人も、同じで必ず遅れる。
ごめんごめんと言いながら、言い訳しながら。
遅れることをメールで知らせれば(それも直前に)よいと、履き違えている人もいて、救いようが無い。
遅れるということは、相手を軽んじているという表れだ。

嘘をつく人と、時間を守らない人は、
ここぞ、という人生のキモで、うらぎる恐れがあると思う。

杓子定規な規範論やきれいごとで、正義を振り回していると解釈されるかもしれない。
ただ、これまで、そのような人に対し、
次は、大丈夫かも、と何度も思ったけど、そのつどがっくしときた。
信用できる人と、そうでない人とを、自然と区分するようになる。
きっと他の人もそうだろう。

改めて見回してみると、
私が是非親しくさせていただきたいと思う人、
もしくは現在、私のようなものと懇意にしてくださる人たちは、
嘘をつかないし、時間も守る誠実な人たちだ。

私が大酒飲んで騒ごうが、暴れようが、いたしかたないと容赦してくれる。
あれれ?
変な話になった・・・




【補足】
ホラをふくのと、嘘をつくのと違います。
保身のための嘘と、人を思いやる嘘とは、質が違います。
ささいな嘘は、笑って聞き流す余裕はあります。

かつ、最近誰かに嘘をつかれたわけでも、
待ちぼうけを食わされたわけでもありません。
そういう人には接近しないので・・・。

では、自分はどうか?と聞かれたら、神のみぞ知る、としておきましょう。




posted by H.A at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

思い出せない人

大学時代の友人達と逢った。
11時半集合の、セレブなランチ会だったが、
(私は)昼からビールとワインをごーごー飲み、
その後もお茶しに入ったお店で長居して、
気づくと16時半だった。

ロイヤル・ドルトンティーサロン.JPG

かしましい幾多の話題の中で、
友人Yが、仕事先で大学が同じだったであろう女性がいるのだけど、
名前が思い出せない、という。

人の名前と顔を天才的に覚えてる友人Yが、
あいうえお順に同窓生の名前をあげる。

人の名前と顔を覚える能力の皆無の私は、
横で黙って聞いていた。

何人かの名前があがるたび、
その名前の人はどんな人だったか、という話になる。
「背が高くて、顔の面積が広くて、脚がきれいな人」
「眼鏡かけていて、いつもうつむいていて暗い人」などと、
そのつど誰かが説明する。






もし、私のことをちらっとしか知らないグループが
「粟屋さんて、どんな人だっけ」という話題になった際、
どのように説明されるのか・・・




考えないようにしておこう。

posted by H.A at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

ほっこりと、大晦日

2007年12月31日。

スタバでお茶。

大晦日にスタバ.JPG

ぼーっ。


今年もよく飲んだなー。
よくしゃべったなー。
よく泣いて笑ったなー。
いろいろあったなー。


うまくいったら、皆様のおかげ、
うまくいかなかったら、自分の努力不足。
そんなことを、いつも考えていたなー。


今年は、地味で地道な努力と忍耐の1年で、
総括として、とても楽しかった。

いつも、いつもありがとうございます。
感謝しています。



posted by H.A at 12:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅白歌合戦

今 実家で紅白歌合戦を見ている。
今日の新聞に歌う順番や曲目がないo(><)o
実家なのでパソコンもない(*_*)

北島三郎が何番目で何を歌うか知りたい(−_−メ)
posted by H.A at 19:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰ろかな

両親への孝行も早々に、北島三郎をゆっくり見たさに、自宅へ。
間に合いました。

おはまさん、maimaigoatさん、コメントありがとうございました。
「昭和」はまだ生きてますね。

北島三郎.JPG




終わりよければ、すべて善し。

いい年でした。
posted by H.A at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする