2007年05月29日

更衣室でおしゃべりしていた頃

弔いのためZARDのCDを聴いた。
3メートルの高さから落ちたのか・・・考えていたら、
自宅ビル3階の窓から落ちてしまった友人のことを思い出した。

彼女とは自動車メーカー勤務時代の同期で同職場で仲良しだった。
4人の同期仲間と愚痴を言い合ったり、遊んだりしたものだ。
彼女は元気で明るくて聡明で甘えんぼで面白かった。
一生懸命しゃべると唾をとばすほどになるので、それをからかったものだ。
同期ながら、10の仕事を頼むと30にして戻してくれる仕事のできる人だった。

プロポーズされ、結婚を決め、会社を辞め、

・・・その半年後に3階から落ちた。

























彼女は腰骨を折ったが、今も元気だ。

救急車に乗りながら、パジャマや下着の収納場所を家族に伝えたというのだから笑える。

おまけにその半年後(だったかな?)に本当に結婚したのだが、
退職するときの相手とは違った相手と結婚したので、
披露宴に出席した上司が
「一体、彼女は誰と結婚したのかね?」と私に聞きにきたほどだ。
当時いろいろあって(忘れたが)、結局学生時代より付き合ってた大好きな人と結婚したのだから、今で言う「純愛」だろう。

披露宴で友人代表でスピーチする私は、大層困ったが・・・

3階から落ちて腰骨を折ったにも関わらず、
いまや彼女は3人の子供のおかあさんだ。

早世された彼女のお父様が守ってくれているのだと思う。

今では年賀状のやりとり程度のつきあいになてしまった。
きっと彼女のことだから、町内会やPTAの会合で
唾を飛ばしながらアホなおしゃべりをしているだろう。

今年の年賀状に、このブログを時折見ていると書いてあった。
これ読んだらびっくりするだろうな。

たーさん、貴女が以前カラオケで歌った
ZARDの“負けないで”を贈ろう。



るんるんパステルカラーの季節に恋した
あの日のように輝いてる
あなたでいてね


負けないで
もうすこし 最後まで走りぬけて
どんなに離れてても
こころはそばにいるわ
追いかけてね はるかな夢よ
るんるん


posted by H.A at 19:38| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする