2007年01月01日

元旦

謹賀新年

今年は、「がんばらない」をモットーに
一年、粛々と過ごしたいと思います。

「がんばらない」は表現が不適切かもしれません。
「肩に力を入れない」という意です。
ぷわっといきたいと思います。

貴方の2007年がすばらしい一年でありますように晴れ

賀正.JPG
posted by H.A at 21:35| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本州最西端の底力

新幹線で山口県の徳山駅に向かった。
まもなく降車というときの、外の景色に息を呑んだ。

http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn200612280049.html

石油コンビナートのライトアップは壮大で圧巻。
なかなか粋なはからい。

これもフィランソロピーの一環だ。
エネルギー消費とライトアップはトレードオフの関係にあるともいえるが、
帰省客を迎える時のみ、と時期を限定したあたりが、
出光興産の「故郷」や「親心」に配慮した工夫を感じる。

あまりにすばらしかったので、
カメラ小僧の私でさえ、写真を撮るのを忘れて見入ってしまった。


徳山駅で、お饅頭発見!
しんちゃん饅頭.JPG

東京では類似品を多々見かけますが、
しんちゃんの選挙区は山口ですから。

おまけに、裏には

しんちゃん家系図.JPG

夫婦ともどもの家系図。
とにかく山口出身の総理大臣は多い。
本州最西端のパワーを感じます。

お饅頭は普通ですが・・・

饅頭.JPG

買ってしまった私。
posted by H.A at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

前髪

年末のことになるが、スッキリ新年を迎えるべく、髪の毛を切りにいった。
いつものヘアステージランプで、
いつもの沖田さんが、
私の性格(不精)と生活(強欲で多忙)を理解してくれており、
手入れのいらないようにしてくれる。

ストレートなのだけど、せっかくだからと、
最後にくるくると巻き髪にしてくれた。

えびちゃん風わーい(嬉しい顔)



ルンルン(死語?)かわいい







ルンルン晴れ







ルンルンぴかぴか(新しい)







帰宅したら、家族が、







「あっ、













 桜塚やっくんexclamation×2






は〜い、集合むかっ(怒り)


posted by H.A at 06:36| Comment(2) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

働くということ

12月30日に美容院に行ったのだが、午前中でクローズにもかかわらず、
午後から若者が大荷物を担ぎこんでくる。
美容院のマネジャーの沖田さんいわく、
年明けすぐの成人式の着物を、早々に預かり、
当日は要領よく着付けできるよう、
下準備をして、順に並べておくとのこと。

お店がクローズしている時間にも、
多くの仕事があり、お正月も落ち着かないようだ。

働くというのは、なかなか大変だ。



元旦に病院にお見舞いに行った。
世の中は「お正月」なのだけど、
白衣の天使は、いつもどおり働いていた。
人様のために。

病気にお正月も何もない。

自分のことで忙しい、忙しいといっている私。







来い、私!

腹筋100回!

posted by H.A at 07:01| Comment(5) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月10日

大は小をかねる

西日本に住んでいながら、この年にして初めて
「奈良」に行った。

東大寺の大仏様には、うなった。

でかすぎる!

大きすぎて、フラッシュが届かず、カメラ小僧がっくし・・・

きっと大仏様は、人々の悩み事など、爪の垢にもならない、とお思いであろう。

でっかいこともいいことだ。

















新年に際し、清貧の心でブログにのぞむべく、
「神社仏閣」のカテゴリなど、増やしてみました。
そのうち、行こう!柴又帝釈天。
posted by H.A at 21:59| Comment(3) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

捨てるということ

○プレゼンテーションの技術について講義してくださった方曰く、
 「伝えたい事実を浮き彫りにするために、

 それ以外の事実を捨てる



○将来のキャリアプランの立て方について語っていた方曰く、

 「決断したら、後の半分は、捨てる



「捨てる」というのは、なかなか難しい。

あ、明日はリサイクルプラのごみの日だ!
忘れないようにしよ。






というように、人生のごみを捨てる曜日やゴミ箱が決まっていたらいい。

もしくは、
「貴方の人生のゴミ、引き受けます」って
新しいビジネスになるかも!
posted by H.A at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

「CSRと企業経営」

CSRと企業経営.JPG

書籍名:「CSRと企業経営」
編著:亀川雅人先生、高岡美佳先生
発行:学文社
価格:2500円

全国の本屋さんで売ってます。
買いましょう。

なぜなら、中身は

第一章 CSRの起源と発展〜英国の歴史より〜
第二章 CSR規格化の動き
第三章 CSRと企業パフォーマンス
第四章 CSRと企業不祥事
第五章 企業倫理・コンプライアンス活動とCSR
第六章 M&AとCSR〜ステークホルダーとのかかわりから
第七章 CSRとフィランソロピー
第八章 SRI(社会的責任投資)の受容について
第九章 CSRとマーケティング
第十章 CSRと企業ブランド
第十一章 CSRと消費コミュニケーション

と、なかなか興味深い。
ちなみに私はラッキーセブンの第7章を執筆しております。

一昨年の12月30日にはじめて皆で集まって打ち合わせをし、
アンケートをし、書きしたためたものが
こうして形になりました。

想像以上に立派な書籍に、びっくりさexclamation×2
posted by H.A at 23:46| Comment(5) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

「資本と知識と経営者」

資本と知識と経営者.JPG

あたくしの指導教官 亀川雅人先生の最新著書です。

書籍名:「資本と知識と経営者 ―虚構から現実へ―」

発行:創成社
価格:800円

一言で言うと
哲学的で情緒的な経営学の本。

会社の仕組みから経営者の役割と理念のありかたまで言及。

亀川先生は多数の著書を世に出されており、
中には平易に書かれたものもあるのですが、
これは、読み手の能力・脳力を試すような読み物。
気を抜いていると、わけわからなくなり、
5ページ進んでは3ページ戻るという、

るんるん365歩のマーチ(by 水前寺清子)かむかっ(怒り)

昨年の9月に発刊され、
本来なら秋のうちにここでご紹介するはずが、
こうして年を越したのは、このような理由からです。
(もちろん私の財務知識不足と膨大な論文の提出という締め切りとの闘いも要因ではあります)
長い間、私のカバンに常に入っていました。

読みかけ.JPG

昨秋クローズしたキャピタル東急ホテルに名残のお茶をしにいったときも
私のそばに、同書はありました。

一言一言が深い重い文章です。
例えば「機会費用」について論じた箇所など、
経営学でありながら、心震える宗教の世界です。

これだけ長い間楽しめる本なんてすごい!

最初は凝縮された文章の連続で???になるかもしれないが、
途中から俄然面白くなって、
最後はうなる
(経営とは企業とはこういうものなのかと、深く納得する意)

是非ご一読を!




さあ、私は今から、この本を「写経」しよう!(手書きで)

posted by H.A at 10:26| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

3K

一区切りついた頑張った自分へのささやかなご褒美に、

虎や最中.JPG

とらやの最中購入。
(映画の「寅さん」も好きですが、「トラ」違いです)

これに日本茶を煎れて食す。

京都の宇治市にある10円玉の絵の平等院鳳凰堂に向かう平等院表参道で
ふらっと入ったお茶屋さん。
三星園上林三入本店
抹茶飲んだり、お茶っ葉を購入しようとしていると、
そこの旦那さんが、お店の長い長い歴史を話してくれた。

初代は千利休とお友達だったとか、
将軍家御用達で、
春日局や豊臣秀吉からの注文書があるとか、
「宇治茶」と称するものは多いが、うちのは正真正銘100%宇治茶だとか。

二階の展示室も見せてもらった。
地図記号の茶畑とこのお店の商標は○が三つ並んだ同じものであることも聞いた。

旦那さんに煎茶いれてもらっておいしく飲んで気分良く(たくさん買い)
お店を後にした。
単純なので、大層感激したのだが、「京都」だから、
きっと他のお茶屋や食材でも歴史や重みがあるお店は多いだろう。

老後に、こういうデパートなどに卸していないお店めぐりをするのも楽しいかもしれない、と
老後の楽しみが増えた。

そういえば、昔の上司が、年をとったら「3K」が必要だと言っていたことを思い出した。

1K・・・興味、関心、好奇心(のどれか。忘れた)

2K・・・健康

3K・・・金

なるほどね。



posted by H.A at 08:28| Comment(6) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

53歳のパワー

愉快な音楽会と名づけられたクラシックコンサートに行った。
指揮は、青島広志氏。

ユーモアに富んだおしゃべりと、観客を巻き込んだ演奏。
(一部寝たが・・・)

作曲者の興味深い紹介、
曲の楽しみ方の説明、
演奏者へのねぎらい、
青島氏は53歳らしいが、曲によっては、ピョンピョン飛び跳ねながらの指揮。

ブラボー。

首都である東京と地方の、人の層の厚さの極端な差は、
日々感じている。
よって、こういう人には、どんどん地方に出向いていただきたい。

この演奏会、お菓子メーカーのカルビーも協賛。
出口でもらったサッポロポテトの入った袋の中には、
「食育(おやつの食べ方)の出前授業します」のプリント。
ここにも、フィランソロピー発見exclamation×2
posted by H.A at 21:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月15日

面白いということ

先週「プレゼンテーション」の授業で招聘した
NHKのチーフプロデューサーの千葉氏が、次のようなことを話してくださった。

・虫の目線(地べたを這うようにしながら物事をリサーチする)と
 鳥の目線(全体を把握しながら、対象を見る)が必要である

・番組作りには「今」「新」「面(面白い)」「公」の

 4つのキーワードが重用である

天下の公共番組を作る方が、「面(面白い)」の言葉をあげられたので、へーーーっと思った。

(お話も大変わかりやすく、ナイスでした)


さて、
昨年、フィランソロピーの調査に富士ゼロックス鰍ノお邪魔した。
同社の社会性というのは、脈々と継承されている創業者の社会貢献マインドと社員のボランタリー精神の相乗効果で、なかなかすばらしい。

レクチャーくださったCSR部部長 芳澤宏明氏が、
富士ゼロックスのビジョン(「よい会社構想」)が、
「強い」「やさしい」「おもしろい」であると語られた。

企業の公式のビジョンに「おもしろい」を掲げられるなんて、

なんともソフトでわかりやすく、だからこそ奇抜だ。
このような企業文化のもとで働くことができる、というのは社員として誇り高いであろう。


と、違う箇所で「面白い」のキーワードをキャッチした。

「面白い」とは、なかなか深いでござる。


posted by H.A at 21:56| Comment(5) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月17日

復活


焼肉食べたい
posted by H.A at 20:52| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

ブルー・マウンテン

自販機.JPG

自販機も進化した。
コーヒー好きとしては嬉しい。

しかし、今年しょっぱなの学会手伝いの後、
はじけた私は、胃腸を痛め、
最近は、もっぱら、Japanese Tea。

お茶とおはぎ.JPG
posted by H.A at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月21日

4冊目

粟屋ゼミの学生が作成した、
最新、2006年度版「学生の視点でみた企業の社会貢献」できました。

学生さsh氏.JPG

来年度は、今年度の調査研究を継承し、
2007年度の5冊目でファイナルにしようと思っています。

HPに後日PDFをアップします。

なお、HPを少し変えました。
猫のしたの紹介文ぐらいですが・・・

http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/awaya/index.html
posted by H.A at 13:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

仏の顔も三度まで

昨日携帯電話の機種交換に行った。
午前中行ったら、人が多かったので夕方出直した。



・・・





・・・




・・・





システムダウンで受付不能とのこと。




孫社長、来い!

たいがいにしーや。
posted by H.A at 07:39| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月23日

みよちゃん

るんるん春よ 来い!

(これはいつもの、「来い!ちっ(怒った顔)」ではなく、
 かわいく唄ってください)

さぶいの苦手。
posted by H.A at 05:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

言葉の使い方

【その1】

トイレから戻ると、なんだか腰の辺りがモサモサしている。

おっ


フレアスカートのすそが下着にはさっている・・・ ..:。:._| ̄|○



これは恥辱でもあるが、もっと広い視野で捉えれば、

「公害」という。






【その2】

食事を終えて、店を出、
しまりかけたエレベーターに乗ろうと、ダッシュして「開」ボタンを押した。


少し間をおいて、ゆっくりドアが開いた。
よかった。間にあった。

と、








エレベータの中にいたカップルがあわてて離れた・・・(-ω-;)ウーン 




これを「野暮」という。
posted by H.A at 19:26| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

3年ぶり

ホワイトプラントやらにしました。

機種変更.JPG

手続きをしてくれたスタッフが料金プランの説明で、

「そうさつ」、「そうさつ」としきりにおっしゃる。




???






「相殺」のことらしい。


「そうさい」ですよ、

と教えてあげたほうがよかったのだろうか・・・





3年ぶりの機種交換。
何だか、嬉しい。

粟屋ゼミ、リーダー森山に
着メロを設定してもらいました。

電話がかかると、






るんるん俺がいたんじゃ、お嫁にゆけぬ・・・




寅さんですわーい(嬉しい顔)
posted by H.A at 20:04| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

テイクアウト

池袋でお会いする、特に海ゼミの皆様には想像もつかないかもしれませんが、
私は広島ではいたってまじめな、品行方正な、清貧な日々を過ごしています。
しかし、ここ数日、体の奥底から湧き上がるような「欲望」をもてあまし、
悩んでいました・・・













我慢ができず、意を決して、









ちょっと寄り道・・・
















いざ、ミスタードーナツへ!




(いえ、ここのドーナツがどうしようもなく食べたくなりまして・・・ヾ(-。 -;)ォィォィ )






そういえば、同僚のS.J先生が、以前奥様から
「私の好きなミスタードーナツのドーナツは何か知ってる?」と詰問されたらしいのです。


「え、え、え、わからない」
と答えると、
「○○○(忘れた)が好きだから覚えておいて!」と言われたと話していたことを思い出しました。

奥様の気持ちもわからなくありません。









ちなみに、私の好物は チョコファッション です( ̄‥ ̄)。



念のため、繰り返しますが、私の好きなドーナツは




チョコファッションです喫茶店






加えて言えば、チョコファッジシェイク も好きです 。-_-。 








しかし、一つ不満があります。




るんるん持っていこ、持って帰ろ、ミスタードーナツ  

とTV CMをしながら、コーヒーやカフェオレのテイクアウトカップは貧相です。
まず、ストローのさせる穴のあいている蓋なので、間違いなくこぼれます。
お店で飲むと、「おかわり、いかがですか?」とおかわりフリーなのに、
カップが小さい。
何だか損をしたような気になります。

社長さん&玉木 宏さん(40歳以上の方、玉置 宏ではないですよ)、
なんとかしてください。






ちなみに、誰かにあげよ!と多めに買った私がバカでした・・・

おやつに3個も食べました(* ̄ノO ̄*)おほほ
posted by H.A at 19:44| Comment(4) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月29日

東大寺の北側

東大寺の北側に位置するプチホテル奈良倶楽部。
小さくて洒落てました。

奈良倶楽部踊り場.JPG

踊り場、こんな感じ。

奈良倶楽部お茶.JPG

廊下には、お茶セット。
お湯飲みがオシャレ。

部屋もまあまあの広さなのに、
私は人より多く酸素を必要とするのか、
ちょっと息苦しいような気がしました。
東大寺の大仏様が深呼吸をなさったのかも。
posted by H.A at 21:42| Comment(4) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1月末

“いぬる・逃げる・去る”といわれるせわしい1月、2月、3月。
ついこのまえ七草粥を食べたような・・・

春の七草.JPG

年をとるごとに、時の経つのが早く感じるのは、
それだけ、動きがスローになっているからなのでしょうか・・・
posted by H.A at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

65億人分の一

もう随分前になりますが、後輩の女子がくちゃくちゃになったヴィトンを持っていました。
ピカピカのヴィトンより、なんだかおしゃれに感じたものです。

だからというわけではないのですが、
底の角がすれて穴が開いたので修理しました。

ヴィトンバッグ補修.JPG

取っ手の部分と色が違ってきますよ、といわれましたが、許容範囲でしょう。
修理代は32000円くらい。
高いか安いかわかりません。
ブツは13年前に買ったものです。

環境を考えて、などと大層なことを考えたからではなく、
気に入っていたからです。

一方、仕事で使っているCDコンポが昨夏音が出なくなり、
修理しました。
(いくらかかったか忘れました)
このたび、同コンポでMDにすると音がやはりでないのです。
修理すると15000円くらいかかるらしいのです。
購入して丸6年が経つので、寿命かもしれません。
直さないことにしました。

だからなんだというわけではないのですが、
地球のサスティナビリティについてちょっと考えてみたりしました。

posted by H.A at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月30日

芸術は爆発だ

大学時代は写真部でした。
自己満足の写真展。
はじまり、はじまり〜

金閣寺.JPG

言わずと知れた金閣寺。
水面に映る黄金がポイント。

銀閣寺.JPG

室町幕府八代将軍義政が創建の銀閣寺。
後ろから照らす太陽の光がポイント。
手前の誰かの頭は、見知らぬ人、これが残念・・・。

平等院鳳凰堂.JPG

10円玉の平等院鳳凰堂。
丁度、職員の方の説明タイムで、中に入ろうとしている若い衆が入ってしまった。
藤原頼道公も多くの人に来てもらって、満足でしょう。

以上。ちゃんちゃん。
posted by H.A at 19:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 神社仏閣 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「他人を見下す若者たち」

昨今の若者が「他人を見下す若者たち」だとは思わないのですが、
読んでみました。

著者:速水敏彦
講談社現代新書

他人を見下す若者たち.JPG

帯の「自分以外はバカ」の時代は、
ノンフィクション作家の吉岡 忍氏が2003年7月9日の朝日新聞(夕刊)に
同タイトルの小論を寄せているらしい。

これは自己肯定感からくる仮想的有能感による、らしい。
仮想的有能感は誰にでもあるものだし、悪いものではない、らしい。
ただ、2種類ある。
・自分に自信がないから人を批判して、優位性を保とうとするもの。
・自分に自信をもっていることによる他者軽視。

同書はだからどしろ、ということは書いておらず、
いろんな現象を述べるにとどまっている。

人と比較じゃなくて、今日の自分と昨日の自分の比較をしたほうが
いいのでしょうねえ。
つい、人と比較してうらやましかったり、落ち込んだりしちゃいますが。
それもとるに足らぬことで。
posted by H.A at 20:14| Comment(1) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする