2006年12月03日

「第三の道」「好かれる方法」

「第三の道」アンソニー・ギデンズ/著 佐和隆光/訳  日本経済新聞社

第三の道.JPG

イギリスの社会文化を学ぼうと読んだ。
読後感は・・・難解。
訳者もこてこての社会学でわかりづらいと記しているので安心したが。
語句の意味はなんとかわかっても、行間が読み取れない。
社会や歴史やその背景(この場合はイギリスを中心とした欧州の)を知らないと、理解につながらないことを実感した一冊。


「好かれる方法 戦略的PRの発想」矢島尚/著  新潮社

好かれる方法.JPG

週末の海ゼミでは、海先生より「フィランソロピーとPRってどう違うんだろうね」と
課題を出され、今後の研究が一層広がりワクワクした。
ゼミの兄弟子の広告代理店勤務:きたみっちさんからも、
「PR」の意味や奥深さを教えてもらった。

たまたま以前購入していたこの本を持参しており、
帰りの飛行機で読んだ。
著者は自民党のPRを担当している(株)ブラップジャパンの社長。
事例がね、なかなか面白い。
さらっと読めます。
posted by H.A at 13:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリスマス in 新宿

新宿サザンタワー口の改札を抜けると、そこはおとぎの国だった。
ということで、今回の宿は、ホテルセンチュリーサザンタワー

普通のシングルなのに、部屋が広い。
郷ひろみが「二億四千万の瞳」を歌える。
遠い昔より、都心のさまざまなホテルに泊まったが、
部屋から見える景色は、ベスト3に入るほど、圧巻。

サザンテラス.JPG

新宿御苑のこんもりした緑、少し遅れたバブル到来のようなドコモビル、
神宮球場、その向こうに見える東京タワー。
反対側の側面からは新宿副都心のビル郡の向こうに富士山だ。

ただ、PC使うのに、LANケーブルの貸し出しが無いことには閉口した。
500円で買った。
「インターネット使用は無料です」と言われたが、
今やどこでも無料なので、その瞬間江戸時代にタイムスリップしたような気分になった。。。のも良い経験だ。
チェックインの際のフロントのひそひそ話と含み笑いは、???だった。

・・・

ぐっと我慢した。

・・・

チェックアウトの際の対応は◎。
かゆいところに手が届くとはこのことだろう。

プラスマイナス ゼロというところでしょうか。

とはいえ、何より、この時期に、クリスマスイルミネーションに囲まれた
このホテルを選んだのはラッキー。
駅とホテル間は、見物客が多くて、芋になったような気分・・・
posted by H.A at 17:35| Comment(2) | TrackBack(1) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

DEL REY

ショコラビター.JPG

ショコラショーが五臓六腑にしみわたる。
posted by H.A at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

汚れっちまった悲しみに

昨年卒業した裕子と京子が、

来い!

というので、

では、ぷわっといきましょう!と出かけた。

京子と裕子.JPG

待ち合わせ場所が、「パルコ」というのに、まずはおばあちゃんはワクワク。
(私の年になると、待ち合わせはデパートかホテルのロビーだぜ)


案の定、年頃の相談事があったようで、
21歳から22歳のさまざまな悩み事をさかなに、
よく食べ、よく飲んだ。
20代は、なれない仕事に将来への不安に、いろいろあるさ。

別れ際に、彼女達が言った言葉。

「生まれ変わったら、


















 先生の子供になりたい」










・・・







・・・






・・・



あたくし、彼女達と同級生の心積もりで出かけておりました・・・

あさはかでございましたヾ( ̄ε ̄ヾ)。
posted by H.A at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月08日

裁判(最終回)

第一話 http://bouchukan.seesaa.net/article/27625258.html
第二話 http://bouchukan.seesaa.net/article/28541699.html


改めて、来い!ということで、

また出向いた。

今回は、先方は28名。
ぐるっと囲まれている。
咳き込むほどの緊張の1時間半を乗りきった。

その後、冷たい廊下をつれて歩かれる。







いよいよ法廷だ。

のぞき窓の備えてある、思いドアが開けられた。

一歩中へ。




向こう側が検事席。
手前が弁護士席。
一段高いところに裁判官席。
裁判員制度対応のために、椅子が多い。
その向かい側に被告人席。
その後ろには、ずらっと傍聴席。


・・・


私はどこにいるのだ。

どこに座るのだ。

何をしているのだ。

ひたすら部屋の中を歩き回る。
誰も止めない。
自問自答の声にならない声がこだまし続けた。



Fin
posted by H.A at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月09日

裁判(言い訳)

広島高等裁判所管轄の中堅事務官対象の研修講師に招聘されたことより、
遊び心でしたためてみました。

最初の電話であわてたのは事実です
:講師の依頼でした。

「来い」と言われたのも事実です
:「打ち合わせをしたいのでお越しいただけませんか?」という台詞でした。「お迎えの車をご用意します」ともおっしゃっていただきましたが、恐れ多くて自分でいきました。

「28人に囲まれた。・・・咳き込んだ」のも事実です
:28名の方に、話をしました。しゃべりすぎて、咳き込んだのです。

「法廷に・・・」も事実です
:実際に見せてくださいました。あちこちの席に座りました。


テレビ「行列のできる法律相談所」や、
刑事事件や裁判モノを扱う横山秀夫の小説にはまっていたので、
桐野夏生の小説「柔らかな頬」風を狙って、ついしたためてみました。


が、オチなし、ストーリー性なしで、
自爆むかっ(怒り)、というのが結果でしょう。








結論:直木賞はまだまだ


【追記】
今回の講演の仕事は、大変よい機会を与えていただきました。

30代後半から40代前半の中堅の方が対象で、
仕事にある程度慣れてきたところで、
いかにモチベーションを持続するかが、この研修の目的。
これは、どの組織でも課題であろうし、
どの人もぶちあたる壁なのではないかと思います。

私に課せられたテーマは「私のすべきこと」だったのですが、
今年前半に、海先生や海の仲間達にアドバイスいただきながら作成した、
「CSR粟屋モデル」を使いながら、
企業の社会的責任や貢献について説明し、
「一人間」としてそのモデルを考えるとどうだろう、のような話にしました。

自分自身も考える機会を与えていただき、感謝します。
posted by H.A at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

勇気

森いぞう.JPG

買う勇気・・・























なし。
posted by H.A at 17:47| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月11日

常識

厠.JPG

読み方は?









ヒント1:私が良く使う言葉







ヒント2:同義語 「はばかり」














答え:「かわや」


posted by H.A at 21:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月12日

天国

「福の神」に逢いに行った。
以前より何回かご紹介した、まさに企業のメセナ活動の「明窓園」のギャラリー。
「福の神大集合」がテーマで今週の土曜日まで。
そこは一足早い、お正月状態。

福の神山本さん.JPG

切り盛りする山本さんは、相変わらず明るくパワフルで面白い。
若手のアーティストをガンガン育てていらっしゃる。

ブラボーぴかぴか(新しい)
posted by H.A at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月14日

眼鏡

ひらめき昨日より眼鏡がない。

どこだ!

どこに忘れた?落とした?


一昨日の午後の授業は03110教室。
確かにあの時は眼鏡をかけて、
いつものように
つばを飛ばしながらしゃべり、
歩き回りながら寝てる学生を揺すり、
命を削るようにして講義した記憶がある。

が、その03110教室にも無い。

かばんもひっくり返したが、無い。








ごーーーーーーーっがく〜(落胆した顔)あせあせ(飛び散る汗)
(困った気持ちを表す擬態語)




















あったexclamation×2わーい(嬉しい顔)
落し物として届けられていた。



駐車場に落ちていたとのこと。。。

そういえば、一昨日の夜、
かばんの奥に入り込んだ車のカギを探すのに、
路上に荷物を広げるという醜態を
真っ暗な駐車場で一人、さらしていた。
あのとき入れ忘れたらしい。




二晩、雨にぬれた眼鏡よ
ゴメンね。
眼鏡.JPG.JPG

(眼鏡ケースも眼鏡もびしょびしょでした)




posted by H.A at 21:35| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月17日

桜の頃

窓から靖国神社が見えた。
春になったら、千鳥ヶ淵の桜が圧巻であろう。
普通のシングルルームなのに広く、
寺尾 聡がギター弾きながら、スタンドマイクに手を添えて
「ルビーの指輪」が歌える。

九段下のホテルグランドパレス
外資のホテルが増加する中で、
なんだか懐かしい香りのする落ち着いたホテルでした。
大人がふと一人で過ごしたくなったときには、いい。
(リーズナブルだし)
周辺環境もざわざわしてないし。

宿泊客にアジアからの観光客が多かった。
だからどうというのはないのだか、
エレベーターで乗り合わせたときの不遜な態度が???











おい、韓国の青年(by 寅さん風)

君らには儒教の精神はないのかい!
posted by H.A at 20:45| Comment(2) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

歓喜の歌

嵐のような2006年に感謝すべく、
第九交響曲を聴きにいった。

第九.JPG

第4楽章の「歓喜の歌」では、オーディエンスも立ち上がって一緒に歌うのだが、
もたもたしているうちに、終わっていた・・・( ̄_ ̄|||)

よって最後に全員で歌う「蛍の光」は、
遠い昔、実は声楽を半年ほど習ったことを思い出し、
周囲の迷惑も考えず大きな声で歌った。
あーー、気持ちよかった。

生まれ変わったら、指揮者になりたい。
あの動きは、肩こりに効きそうだ( ̄▽ ̄)

2006年もそろそろフェードアウト。
 
posted by H.A at 21:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月18日

季節行事

今年最後のゼミです。
あれから一年たちました

学生がビデオを見ている間に、別室にピザが届き、
私がいそいそと歓談の準備をする。

ビデオ終了後、
「じゃ、今年は以上。」と私が眉間に皺をよせて厳しく言い放った後、
別室にゼミ生を案内する。

思いもよらぬ光景に
「うわ〜、先生、すごーーい!」
「ありがとうございますーーー!」
とゼミ生の感激の声。






















となるはずだったのですが、
時間通りにピザが来ないのはどうよ(*`ε´*)。
木曜日に電話をしておいたのですが・・・

結局、何も無い部屋に案内し、
「ピザ遅いね〜」
「来ないね〜」と待ちました・・・


気を取り直し、


はい!かんぱ〜い!(コーラです)

乾杯.JPG













はい!へんがお〜!

変顔.JPG




2006年もそろそろフェードアウトです。
posted by H.A at 19:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月20日

後姿

だんご三姉妹るんるん

だんご三姉妹.JPG

三人とも超べっぴんです。
よって、あえての後姿。
posted by H.A at 05:56| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月21日

トナカイの家

イルミネーション.JPG

ささやかですが、フェンスにイルミネーション。
サンタさんが帽子を脱いだりかぶったりと動くのですが、よくわかりませんねえ。

玄関リース.JPG

玄関にリース。
このリース、古くて、先日もドアをあけたら 松ぼっくりがポロッ。

クリスマスツリー.JPG

お約束のツリーですな。
あえての昔ながらのアナログチック。

のだめCD.JPG

BGMは、来週最終回ののだめ。
ベートーベンの第7聴きます。

で、トナカイにクリスマスプレゼントはあるのだろうか・・・
ほしいもの:
たくさん入るけど、小さいバッグ。
















おーい。

ドラえも〜ん!
posted by H.A at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月23日

サンタさん

夢に寅さんが出てきた。

何を話したか忘れたが、
私の話を、
細い目でうなずきながら、聴いてくれた。
posted by H.A at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月24日

サラダ菜記念日

昨年のクリスマス・イヴも朝広島行きの飛行機に乗った。
あの時の黄金は今も覚えている。

今回は、モノレールから見えた
朝焼けのグラデーションが幻想的だった。

そこで一句。

朝焼けや ああ朝焼けや 東京湾



搭乗し、爆睡から目覚めたら、窓の外には
雪に覆われ天に向かってそそり立つ山々。

客室乗務員に尋ねる。

「あ、あ、あれは何ですか?」

「向こうが南アルプスで、手前が木曽山脈だと思います」

そこで一句。

白銀の 鋭角にみる 我がぬるさ

(厳しい自然と比較すれば、私の日ごろの悩みなどささいなものである。
 所詮、たかが一人の人間。自然にかかればいちころ。
 なすがまま生きますか!の意を含んだ句)

しつこく客室乗務員に尋ねる。

「あの、向こうに茶色く薄く広がっているのは、





















 ロシアですかexclamation&question






・・・









・・・









・・・




「いえ、雲です」

帰宅後地図を見ると、ロシアは遠うございました。

その後も、親切な客室乗務員が

「琵琶湖が見えます」と教えてくださる。

広島ー東京間往復すること頻繁な私。
初めて琵琶湖を見ました。

いかに通常寝ているか、読書しているか、
ぼーっとしているか、明らかになった。

そこで一句。

クリスマス 今年も元気だ ありがとうexclamation×2

以上 おそまつでした!
posted by H.A at 12:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月25日

歩行者天国

参勤交代・折角ならあちこち体験してしまえホテル、
2006年の最後を飾るのは、
銀座東武ホテルルネッサンス東京
東京ドームホテルや新宿のセンチュリー・ハイアットと同等らしい。

松坂屋の裏手にある。
おっ、こんなとこに!といったホテルであるが、

よしっ!◎わーい(嬉しい顔)晴れかわいい

シングルの眺望は全くよくないが、
チェックインまでにクリスマスに華やぐ銀座の街を通って行ったので、
まあよい。
広さは、ライティングデスク2つに丸テーブル、椅子が3個もある。
一人で、あっちこっち座った。

わかりやすく言えば、
河合奈保子が手を広げながら、るんるんスマイル・フォー・ミーを唄える。

銀座なのに、狭くなく、広い。
よって、息苦しくない。
お風呂には、体を洗うように、ヘチマいい気分(温泉)

また、外出から戻ると、ささやかなプレゼントが置いてあった。
銀座ホテルプレゼント.JPG

実は時折ふと淋しさを感じる参勤交代。
こういう心遣いが、嬉しいぴかぴか(新しい)
posted by H.A at 19:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

金のなる木

育てて約10年。
途中、大きな鉢に植え替えもした。
花が咲くことを、最近はじめて、小さな花が咲いたことにより、知った。

金のなる木.JPG


これを機に少し調べてみた。
ベンケイソウ科の多肉植物で原産は南西アフリカの観葉植物らしい。
和名はオウゴンカゲツ(黄金花月)らしい。
ある程度の株の大きさになると冬に花が咲くらしい。



このような基本的なことも知らず、

「金のなる木」の名称に惹かれ購入し、

何があっても枯らしてはならぬ!どんっ(衝撃)
大事に育てておりました私は、







単なる強欲でございます・・・

にしても、花が咲いたというのは、何とも まんがよいわーい(嬉しい顔)

posted by H.A at 07:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

視野の広さと慮る力

世の中の事象は、ほとんどすべて多面的で球体のようだと思う。
が、人は自分が見て、聞いて、知った、たまたま「一面」を
その全てと信じる生き物なのだなあ、と感じる。

「これはこうだ」と話していることに対し、
それとは異なる情報を私が持っていたりする。
話の腰を折るような違う側面の情報を口にできず、そのまま会合が終了する。

私も「一面」の話を人様にしているのだろう。

と考えることそのものが、「一面」なのかも。

と最近気づいたので、何だか無口な私。
posted by H.A at 06:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おかえり

今日は朝もはよから仕事に行くぞー!と張り切って起きたら、

雪.JPG

雪だった。

さぶいわっ雪台風霧

困ったなあ、と思いながらとりあえず、朝食後にぜんざいを食べた。
クリスマスの後は早速気持ちはお正月。

なんとかたどり着いた大学は、閑散としていた。
一日中ゴソゴソして、
18時半ごろ研究室を出たら、真夜中の病院状態だった・・・

帰り道、広島駅付近がいつもより、混んでいた。
そっか、帰省する家族を迎えに来る車が多いんだよね。

おかえり。

(私の場合は、毎週移動しているからどこに行ってるのや帰っているのやら
わからなくなるけど。)





















帰る場所があるというのは、ありがたいものです。
ちゃんとお正月とお盆に帰る貴方は偉いです。
家族を大事にするという、ないがしろにしがちな当たり前のことを
きちんとできる貴方は、きっと幸せになれます。

おかえりなさい。

(と、一人ほのぼの思いながら私も家路に)
posted by H.A at 19:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月31日

虚弱体質

私は虚弱体質です。

ですから、早寝早起きで日々ストイックに体調を整えています。

2006年最後なので、つい夜更かししちゃいました。

きっと一週間ぐらい、不調な日々が続くのだと思います。

この、クライマーズ・ハイの時に、
ブログのために写真をとりながら、うまい文章が浮かばなくて
掲載できずにいた写真を、愛でたいと思います。


その1:あれだけオノボリしながら、行ったことのなかった
資生堂パーラーでのおやつ。

資生堂パーラー.JPG

食べ切れませんでした。
連れて行ってくれたのは、高校時代の友人の河野 恵さん。

めぐさ.JPG








その2:実はあたくし、お寿司は苦手なのです。
というか、苦手だったのです。
強欲なので食べ過ぎて、その後激しい胃痛がおそうのです。
しかし、先輩に連れて行ってもらいました。

銀座すし.JPG


実は、これ以来お寿司が食べたくてたまらない状態が続いています。
また、連れて行ってください。

胃痛は、翌朝軽いのがきました。
まあ、お寿司を食べた後に、

ginnza.JPG

こんなのも食べたからでしょう。
原因は「食べすぎ」。



その3:私の行きつけの朝食セット。

新大和朝食.JPG


羽田空港第一ターミナルの「新大和」という和食屋さんです。
おそらく、2006年中で一番頻繁に入ったお店だと思います。
ここでしっかりいただいて、広島行きの飛行機に乗るのです。
たとえ、二日酔いでも、胃がひっくりかえっていても、
お味噌汁で生き返るのです。

食べてばっかり。
先ほど体重計に乗ったけど、
見なかったことにしました。
posted by H.A at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本茶

ありがとうございますわーい(嬉しい顔)

お世話になった貴方のトコに、すぐにでもはせ参じ、
おいしい日本茶でも煎れて、一緒にいただきながら、
今年のお礼を申し上げたいところですが、
それは、2007年のお楽しみ!ということで。








ブログが楽しみだと言ってくれる、心の広い貴方。
ありがとうございます。

「けっ」と思いながらも、時にのぞいてくれる貴方。

ありがとうございます。

たまたま立ち寄られた貴方も、
ありがとうございます。




時が経つのが、本当に早い。
さあ、コタツに入って紅白だ!
なぜ、レコ大は12月30日にしたのでしょう・・・
両方見るのが面白かったのに。


posted by H.A at 03:34| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする