2006年11月03日

必需品

毎夜手放せない。

きき湯.JPG


効果があるかどうかは定かでない。
でも、心は休まる(ような気がする)。
posted by H.A at 08:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドライバーは語る

自動車通勤の私。

最近、日が落ちるのが早い。

暗い中、自転車が無灯火で突然現れるのはやめていただきたい。
何より危ない。

無事接触せずに通り過ぎ、ヤレヤレと思っていたら、



走っている私の車の前を、バイクが直角に移動。
その後、トラックと車のサイドの車間距離70センチの間を
走り続ける。
あまりの危険性の高さに、後ろで見ている私の心臓がバクバク。

信号赤でバイクがどこかに行って、ほっと一息。


と思っていたら、





歩道をものすごいスピードで突っ走っていた自転車が、
見事にスライディング。
ひえ〜〜〜〜〜っ

あれは痛い!
頭打ってなければいいけど、
と車道から見ている私の心配をよそに、
自転車もろともすべりこけた男子は、
恥ずかしさのあまりか、さくっと立った。

生きてるならよかったよ・・・





ヤレヤレ、ヤレヤレ









と、後ろからピーポーピーポー

やや、救急車だ!





どの車も誰に指示されるわけでもなく
自発的に左右による。

こういう心配りを皆ができるっていいなあ、と
なぜか涙がにじむ。



そんなこんなで、到着地ではぐったりしている。

車の運転ぐらい、穏やかな心で過ごしたいなあ。
posted by H.A at 08:29| Comment(2) | TrackBack(1) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月04日

心の垢

たまった心の垢でも落とそうと
垢すりタオルを購入した。
緑色。

身体を濡らせ、少し石鹸をつけよ、こすり続けよ、と
記してある。
素直な私は従った。




すりすり





すりすり





すりすり




すりすり





すりすり





すりすり





すりすり




すりすり



すりすり





すりすり





すりすり




すりすり



痛いわっ(ノ`△´)ノ




垢は出ない。


韓国やサロンではボロボロ出たではないか!
お店ではクリアジェルでも塗って、角質を取っているのだろうか・・・




スリスリを繰り返した私。
因幡の白兎か!とつっこみを入れるほど、
肌が赤くなった。
posted by H.A at 19:14| Comment(2) | TrackBack(0) | オシャレ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

人の道

テレビを見るのも、本を読むのも好きだが、
実は、ラジオも聴く私。



「ラジオ体操1」がスキ。






















ウソです。
いえ、体操は好きですが、NHKの高校講座が面白い。

「古典」とか「現代国語」は、テキストがなくても、
ちらっと聴くだけで、なるほどな!と発見がある。
さすがに「数学」はテキストがないとさっぱり。

一番スキなのは「現代社会」。
東京大学の玄田有史先生が担当なさるそれは、興味深くて
じっっっと聴く。
難しい事象をわかりやすく話されるあたり、さすが!
もちろん、高校生相手の公共電波であるから、
ハードなことはおっしゃらない。
話し方や考え方に余裕が感じられて、
金持ち喧嘩せず、だよね〜なんて変なトコで感心する。

最近は別の先生の講座になり、寂しい。

玄田先生は、いい年した広島に住む女子が、
楽しみに聴いていたことなんて知らないだろうな。

さて、高校講座には「倫理」というのもある。
これまた聞き入ってしまった。
ヨーロッパの歴史から話されていて、
フィランソロピーの研究で欧州の歴史も言及している私は、
笑ってしまった。

海ゼミのMr.K のことを思い出す。
倫理のプロフェッショナルのMr.K に
「倫理って一言では何ですか?」と質問したら、

















「人の道」










_| ̄|○




道から外れた子羊たちよ。
さあ、共に懺悔しに行こう!

posted by H.A at 22:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

前世

きっと前世は冬眠する生き物だったのだと確信するほどの
寒がり。
暑がりの友人と、エアコンの温度設定でもめたこともある。

ここのところの急激な冷え込みに、体が悲鳴をあげている。
これから冬にかけて、私の行動力も衰えるでしょう。
(まず早起きが寒くてできない。
 寝る時間は寒いからより早くなり、
 絶対的に実働時間、というより起きている時間が少なくなる)

佐伯チズ先生が、毎朝ヨーグルトにしょうがを混ぜて
食されていると、雑誌で見かけた。

よって最近は、朝からしょうがをすりおろし、
ヨーグルトにまぜまぜ。

これが、実は、


まいう!exclamation×2

くせになる。
体も温まる。
美しくなる(ような気がする)。

「しょうがいりヨーグルト」ではなく、
「ジンジャーヨーグルト」と名づけよう。




そういえば、佐伯チズ先生と、飛行機で乗り合わせたことがあった。
肌は白でした。
髪の毛は、紫でした。
おつきのかたが、二人いました。


posted by H.A at 07:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月11日

ばかやろう

帝国ホテルは、とてつもないパワーをもらえるホテルだと思う。
(以前宿泊した時も、部屋から日比谷公園に向かって叫んだほどだ)

さて、その1階のラウンジで面白いものを食した。

あずきフロート
あずきフロート.JPG

冷たいお汁粉にアイスがのっかている。
アイス食べようとスプーンでつついてたら、
転がり落ちた。















さすが、帝国ホテル。
アイスも生きてる( ̄‥ ̄)

にしても、あずきフロートをつつきながら、
CSRだのフィランソロピーだのと、書類広げてしゃべった。
相手は、海ゼミ博士課程 切れ者のT氏。
久しぶりの再会に、話も積もるが、
読む(ふりをする)べき英語の論文も積もる。

さあ、叫ぼう!



posted by H.A at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

永遠の孤独

吉祥寺まで来い!といわれ、中央線に飛び乗った。

連れて行ってくれたお店は、「わ」

wa5.JPG

フィランソロピー研究で日本の「和」の文化にも言及している私は、
神様が背中を押してくれたようで嬉しい。

私が「魔王」を飲みたいとブログに書いたのを覚えていてくれた友人が
焼酎をがぼがぼ飲めるお店ということで、選んでくれたらしい。


カウンターしかないお店。
座ると、目の前に、なんと・・・




















「海」

海.JPG

海先生の影響力は計り知れないほど偉大と思いつつ、
頼んだのは、















「百年の孤独」

百年の孤独.JPG

孤独をいかに飼いならすか!
生きていくうえでの最大の課題だね。

人間、最後は一人さ。

posted by H.A at 15:12| Comment(8) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

木枯らし

ロビーのクリスマス装飾。

クリスマス装飾.JPG

最近定宿の池袋のホテルメトロポリタン。
ここは、口うるさい私も満足するほどの、
スタッフの方に高いホスピタリティを感じる。
今回も、ウインクが「淋しい熱帯魚」をターンしながら踊れた。
フロント、ドアマン、ルームサービス どれも◎。

ただ、









あえて、












一つ難を言えば、


















さぶい。霧台風雪


部屋のエアコンを25度にしても、28度にしても、30度にしても変わらない。

どうよ!


私も我慢しました。
もしかしたら、壊れてるのかもしれない。
ここまで荷物広げて、部屋移るのも面倒だ。

しかし、チェックアウトの際には親切で言っておこう。

「部屋のエアコン壊れてますよわーい(嬉しい顔)






















「まだ、送風です台風




( ̄_ ̄|||)

冬眠場所はどこだexclamation&question
posted by H.A at 22:23| Comment(3) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

仕事が自己アピールの場

1年生対象の「オフィススタディ」の授業で
広島プリンスホテルの支配人 橋本哲充さんに講義していただいた。

プリンスホテル.JPG

さすが、支配人。
迫力、厳しさが違う。
社会人になると、自己アピールする場は仕事なのだと、
熱い語りに学生もひきこまれる。

さて、広島プリンスホテルは
年間350組の結婚式を行い、
20万人の方に宿泊いただいてるらしい。
宿泊者数では広島一。

来秋には最大級のスパとエステができるとのこと。
今温泉掘ってる最中。
瀬戸内海の多島美を見ながら、温泉でまったりもいいね〜。


ちなみに、橋本氏は41歳。
講義前後のコーヒータイムに日ごろ聞けない話をうかがう。

ここに書けないのが残念・・・ひらめき

さ、スパにはいるために、

腹筋はじめ〜ダッシュ(走り出すさま)
posted by H.A at 19:01| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月15日

元写真部

意味はないのですが、写真を並べてみます。

東北からの贈り物。
洋ナシ.JPG


吉祥寺で見つけた昭和。
昭和1.JPG

昭和2.JPG

昭和3.JPG


戦国自衛隊?
自衛隊1.JPG

海田自衛隊1.JPG


隣の町の陸上自衛隊祭りでした。

遠い昔写真部でした。チャンチャン。
posted by H.A at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

クオリタ

海ゼミの私の妹分の企画したアイスクリームが、今日よりテスト販売ということで、
買占めに行った。

私の周囲にいる老若男女に意見を聞こうという算段。

中本総合印刷のお二人。
毎年ゼミ生の「学生の視点でみた企業の社会貢献」の冊子作成で
お世話になっている藤さんとその後輩。

森永アイス.JPG

飛んで火にいる夏の虫状態。

打ち合わせをしながら、食してもらった。
感想は

まいう〜

今年度の冊子はページ数も多く、カラーにしたいページもあり、
見積もり時点で極端に予算オーバー。
何とか予算に近いところでお願いしたいと、アイスで接待。

その後も、立ち寄られた先生や、
お世話になっている事務職員の人に「おやつだよ〜ん」と差し入れ。

大変好評でした。
コストパフォーマンスがいいし、美味。
三層になっているあたり、おぬし、なかなか工夫したなとニヤリ。
150円でローソンで売ってます。
是非召し上がってみてください。














さて、アイス買い占めてレジで支払う時、横においてあったのでつい気になり買ってしまった


あんまん

温かいあんまんにくるまれた冷たいアイスって商品化できないかなあ。




posted by H.A at 22:08| Comment(3) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判

いつものように黙々と真摯に仕事をしていたらパンチ
総務課から電話があった。
外線電話だという。


「広島高等裁判所からです」





何かしたか?










ばれたか?














どれだ?





心を落ち着け、おずおずと電話に出る。
いつもより低い声で。
「はい、お電話かわりました。粟屋でございます。」





















続く・・・
posted by H.A at 22:19| Comment(4) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

皇室の紋章

私がこんななので時々両親が家に来てくれる。
華道をたしなむ母は玄関に花を活けてくれる。
ありがたいことだ。
たとえ、それが





















でも。

菊.JPG

我が家は洋風なのだけど、いろいろお世話になっている今は
カラスが白いと母が言えば

「お母様のおっしゃるとおりでございます」
すべて是としている。


随分前に父が入院した時、
その枕元には、やはり華道をたしなむ母の活けた




があった。




・・・




・・・



・・・




お母様、仏壇ではないのですから・・・
皇室の紋章ですから高貴なのですけどね。
posted by H.A at 20:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月18日

外資の風

バブル時代に建設された広島ワシントンホテルプラザを
今年3月にゴールドマン・サックスグループが買収し、
10月1日にオリエンタルホテル広島としてオープン。
社会見学に行ってみましたら、さすがオシャレ。

打ち合わせを兼ねたランチに、
1階にあるフレンチのOZAWAで食しました。
白金台にある老舗フレンチが広島にも!というのが売り文句ですが、
東京在住の皆様、これは有名なお店でしょうか?

打ち合わせ相手が、
「えせシロガネーゼしましょう。
 ま、どちらかというと、

 金ガネーゼですが・・・」

(* ̄ノO ̄*)おほほ

うまい!





posted by H.A at 06:00| Comment(3) | TrackBack(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月19日

混沌

学生の恋愛話を聞いていると、たとえそれが失恋話だったとしても
レモンの香りがする。
まだまだ若いのだから、もっといい異性と出会えるチャンスだよと言う。
「今回は今までで一番長く続いた」というのが
9ヶ月だったりするから、椅子から落ちそうになるが、
まあ、それも青春の思い出でよい。

一方、私の世代になると、恋愛話が重くなる。
裁判が絡んだり、二重三重のもつれだったり、
「節操がないっしょ!」みたいなのだったり、
人生を謳歌しているのか、面倒くさくしているのか、よくわからない。

じーーーーっと人間模様観察をして見出したこと2つ。

その1:
制度に縛られない「つながり」もあるのかもしれない、ということ。
その「つながり」が「愛」かどうかはわからない。

その2:
その「つながり」を醸造させて「愛」とし、制度にするには、
25歳くらいまでに出会う人がよい、ということ。
(それ以降の年になると、いろんな垢がついてるから、
 相手の垢ごと受け入れる大きな器が自分に必要となるが、大変な忍耐を伴う)

なんてことを考えながら、
経済学者のフリードマン氏の死に涙する。
大往生に合掌。
posted by H.A at 09:42| Comment(3) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

温故知新

「この世をば わが世とぞ思う
 もち月の かけたることも なしと思えば」

を詠んだのは藤原道長。
道長の息子である頼道の娘は、天皇に嫁ぎますが、
男子に恵まれず、その後藤原家の勢力は衰えます。

平家物語の
「諸行無常」とか「盛者必衰」などの言葉も有名です。

のような歴史があるにもかかわらず、
歴史を繰り返そうとする場面や人に出会うことがあります。


・・・




・・・




・・・



万象皆師。

そのような人との出会いや、事象との遭遇は

「お前はどうか?」

神様から質問されている時だと思います。

粛々と粛々と自らを省みる今日この頃です。
posted by H.A at 19:29| Comment(2) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

知力・体力・精神力

先週末3ヶ月ぶりにバレエのレッスンに行った。
皆から「やめたのかと思った」と言われた。
先生の相変わらずの美しい動きを懐かしく感じた位久しぶりだった。



足首から先を伸ばしたり折り曲げたりする最初のあたりのバーレッスンで、
左の足の裏が、つった。


早速かい!がく〜(落胆した顔)


バーに足をかけて、体を前やら横やらにおりまげ、
後ろにそって床にタッチみたいな、中国雑技団のようなレッスンに至ると、
「仁美さん、こちらへ」と先生。
私より随分小柄で、軟体な中学生と場所移動。
(大人用の高いバーから、中学生用の低いバーに場所移動していただいた)
体が異常に硬く、腰痛持ちの私に対する先生のご配慮と感謝しつつ、
この屈辱にたえるM的な快感も味わった。

2時間のレッスン終了後は、汗だく。
体内の毒素が溶けて、汗として流れ出ていくようだ。

肩こりもとれた(ような気がする)。
足首も細くなった(ような気がする)。
手のむくみもとれた(ような気がする)。

相変わらず体は硬い。

酢でも飲むかな。

posted by H.A at 22:15| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月25日

毛布

久しぶりにJR(在来線ですが)に乗ったら寒かった。
10月までキンキンにクーラーをきかせていたのに、
今は何もしていないようだ。

昨年前半は、新幹線による参勤交代をしていた。
広島―東京間は5時間。
外から乗り込んだときは、心地よい空調も、ずっと動かずにいると、

さぶいたらーっ(汗)霧台風

いつも一枚多めに上着を持参したが、それでも さぶい

「寒さ我慢大会」かい!と震えながら一人つっこみをしていた。

参勤交代を飛行機にしてからは、空港も機内もあったかく、
毛布もあるし、「さぶい」というストレスから開放された。

めったに新幹線に乗らないが、たまに乗らざるをえないときは、
日ごろは爪の先に火をともすような生活をしている私が、

あえて、

無理をして、

清水の舞台から飛び降りる気持ちで、

グリーン車に乗るようにしている。

なぜなら、毛布があるからだ。

私が異常な寒がりなのかな、と思っていたら、
テレビで紳介が、新幹線が寒くて皆、みのむしみたいに毛布にくるまっていたと話していたので、
私だけではないのだと安心した。


JRの皆さん、御社は、鉄道業ではなく、輸送業なのだと認識いただき、
是非快適な車内空間を作っていただきたい!

さて、「毛布」。

グリーン車のそれは、一枚ずつビニールに入っており、クリーニングしたてのようだ。
一方飛行機は、使いまわしのようだ。
これはどのくらいのタイミングで洗濯をするのだろう・・・と潔癖症の私は?と思う。

以上のようなことを勘案すれば、
JRは、快適空間を求める人はグリーン車にどうぞ、ということであり、
私はその策略にまんまとはまっている、ということになるのでしょう。。。

さっ、寒さに強い体を作るために、
乾布摩擦でもするかな。
posted by H.A at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当たり前のこと



エレベーターや

電車は




降りる人が先。
むかっ(怒り)
posted by H.A at 23:13| Comment(2) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

学問ノススメ

キャピトル東急ホテルが今月末をもってクローズとのこと。

和洋折衷のよき昭和を感じさせるホテルでスキだった。
部屋も廊下も広かった。

夏に宿泊した時は、屋外プールで、噴水の中を
平泳ぎと犬掻きを足して2で和って、おぼれてるのかと疑うような泳ぎを披露したものだ。
部屋からプールまで水着で移動OKなのが、便利だったし、
プールサイドのスタッフの方のホスピタリティが高く、
隣に小泉君(当時)の邸宅があるにも関わらず、
バリ島にいるかのような雰囲気だった。
(バリ島に行ったことはないが)

クローズ直前の同ホテルは多くの人でごったがえしていた。
「最後に食事に来ましたのよ」と年配の女性グループが、
「いつもありがとうございます」と挨拶されながら、ホテルの方におっしゃていた。

私はオリガミでお抹茶をすすりながら、
「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」と
学問のススメをもごもご・・・
posted by H.A at 06:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

眠れぬ森

キムタクと中山美穂主演のサスペンス風で、
結局二人が兄弟だったというオチのドラマの主題歌で、
♪あなたの好きなコーヒーと煙草の香り・・・と
竹内まりやが歌っていた。

コーヒーは好き。
煙草の香りも別にイヤではない。

が、それはingに限る、ということを学んだ。

今回は赤坂キャピトル東急をスルーして、
赤坂エクセルホテル東急に宿泊した。
赤坂見附駅が目の前、一階に案内カウンター、三階にフロントと
なかなかオシャレで便利なホテルだった。
(なんと、今回は一回もタクシーを使わずにすんだ!)

ただ、



あえて言えば、
















誰が吸ったかわからぬ煙草の残り香と、
自分がテイクアウトして飲み残したコーヒーの交じり合った匂いで、
気分が悪くなった。

廊下をのぞくと、お掃除の人が、ファブリーズを貸してくださった。
ありがたいことだ。
しかし、そんなもので消える敵ではなかった。

廊下は挟んだツインの部屋は窓が開くらしく、空気の入れ替えができるが、
シングルは生憎のはめ殺し。

・・・

それ以外は、よい。
朝も5時から朝食の用意をしてくれる。
タオル地スリッパやら、加湿器やら、オーダーのたび
快く持ってきてくださるホスピタリティもある。
一階にコンビニもある。

次回は、「禁煙室で」とオーダーしよう。

あ、シングルなので、広くはない。
山口百恵が
♪バカにしないでよ〜
と振り向くと、脚をぶつけるだろう。
posted by H.A at 17:41| Comment(3) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月27日

寅さん


実は、

映画「男はつらいよ」

好きです。
posted by H.A at 21:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 寅さん | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

秘書をして秘書を使う

つい先日までエスエス製薬の専務取締役だった野村康則氏に、
「企業における秘書の役割」について講義していただいた。

2006野村さん.JPG

「つい先日まで」というのがミソで、
現在は社外取締役。

???

とお思いでしょうが、実は10月より
福井大学大学院工学研究科の教授に就任されている。

いや、びっくり。

野村氏とは某企業の課長時代(私はかわいいコムスメ)から、いろいろとお世話になっているのだけど、
会うたび名刺が違い、肩書きが違い、
勉強している内容が増える。
そのバイタリティと向上心と「自ら思い描く姿」に変わっていく様を
とくと見せていただいた。

当然講義の内容にもそれが反映されるわけで、
皆、じっと聞き入っている。
かっ、かっ、かっと面白い話をなさるわけではないのだが、
ついひきこまれる。

きれいごとではない。
うそでもない。
だけど、悪口や非難ではない。
現実をいかに前向きにとらえるか、という生き様が表されていた実りある講義に感謝。
posted by H.A at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

裁判(Vol.2)

高等裁判所まで来い!

とのことで、

「はいっ〜!」と車を走らせた。







玄関に着く。


部屋に案内される。


ぎーーっとドアが開く。
10m平米の部屋の真ん中に
テーブル。
椅子が窓側に一つ、手前に二つ、向かい合わせに置いてある。

少し待てといわれて、窓の外を見た。


・・・


おなかがすいたら、カツ丼を出前でとってくれるのだろうか・・・












続く・・・
posted by H.A at 19:18| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

阿輪椰でございます

アスリート記事.JPG

久しぶりのカープ班です。
今、粟屋ゼミは卒論としての冊子執筆をしており、校正段階まできています。

アスリート表紙.JPG

広島のアスリートをテーマにした月刊誌です。
東京でも売ってるそうです。
記事にしてくださいました。

ただ・・・


アスリート誤字.JPG


私は「粟屋」でございま〜す_| ̄|○。
posted by H.A at 05:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする