2006年10月29日

草枕

部屋が広いとさびしいし、
部屋が狭いとあざができる。
ほんにホテル生活は難しい。

(「智(ち)に働けば角(かど)が立つ。
 情(じょう)に棹(さお)させば流される。
 意地を通(とお)せば窮屈(きゅうくつ)だ。
 とかくに人の世は住みにくい」   by 夏目漱石)



先日宿泊した池袋のホテルメトロポリタン。
フロントの方が
「ツインをご用意しました」
ありがとよ。
そこまでは広くないが、狭くはない。
あみんがスペース空けて二人で立って、横揺れしながら踊れる。


今回は銀座のホテルモントレ・ラ・スール銀座。
モントレグループ、あちこちあるね。
「プチホテル」とパリ風な感じで、確かに内装はオシャレ。
ただ、場所柄部屋が狭いのよ。

トイレに座ると肩が洗面台にあたるし、
シャワーをあびると水よけカーテンが体に張り付く。
荷物をベッドの上で広げるしかない。
狩人のお兄ちゃんだけ歌える。

三越まで歩けるロケーションを考えれば、仕方ない。

ホテル西洋銀座に、泊まってみたいなあ、とじっと手を見る。
               (by 石川啄木)
posted by H.A at 04:49| Comment(5) | TrackBack(0) | ホテル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする