2006年09月13日

改札口

【海先生より、「パリ・ロンドン珍道記」は面白くない、という
 厳しい指摘をいただいたので、
 心して書いていきたいと思います】

ロンドンの改札はものすごい勢いで開いて閉じる。
切符を入れる、
と同時に腰の位置にあるシャッターがガシャッと音を立てて開く。
と同時にガシャッと音を立てて閉まる。
悪意を感じるほどだがく〜(落胆した顔)

この1秒ぐらいの間に、切符を取って改札口を通り過ぎないといけない。

ボーっとしていた私は、一度肩掛けカバンがひっかかり、
抜け出すのにひどい目にあった。

飛行場に向かう帰途、馬鹿でかくて異常に重いスーツケースと共に
通り抜けると言う難題に遭遇した。


改札口で準備。
まずはスーツケースを体の前の中央に置き、
肩掛けカバンの本体をスーツケースの上に乗せ、
手にはチケットのみつかみ、
息を整えた。

よし!行け!





カシャッ(切符投入)

ガシャッ(シャッターオープン)

ゴロッ(スーツケースを前方にぐっと押し出す)

ドドッドドッ(私が走る)

ガシャッ(シャッタークローズ)

カシャッ(切符とる)









やれやれたらーっ(汗)

無地通過わーい(嬉しい顔)





















ふと横を見ると、
















「大きな荷物をお持ちの方はこちらからどうぞ」

あっぱっぱーの広い通り道があった。

ちっむかっ(怒り)
posted by H.A at 09:03| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする