2006年08月31日

ダ・ヴィンチ・コード

映画は見てないが、これがあの三角ピラミッド(らしい)。

三角ピラミッド.JPG

絵心のあまり無い私。
とはいえ、企業の社会貢献の一環の企業メセナも調査する関係で
いろんな美術館に出入りしたが、
やっぱ、ルーブル美術館は、
入った途端に体が震えた。
一度で見れる量ではないが、
一度は行ってみる価値あり。
posted by H.A at 20:00| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

甘酸っぱい果実

足が重いと思っていたら、象のようになっていた。
あわてて平日夜の部のバレエレッスンに。

発表会前は通常レッスンがお休みだったこともあり、
久しぶりの高校生まいちゃんの横。
発表会で鍛えられたまいちゃん。
身長は伸びているのに
お尻が一回り小さくなっている。
体が全体的にきゅっとより一層しまっている。

高校生みきちゃんとの間に割り込んだクマの私。
受験してくる高校生に対しては、特になにも感じないが、
プライベートで高校生に会うと
青い果実!
男子も然り(今話題の高校野球etc・・・)
笑うと果汁がほとばしる感じ。

青い果実の間でクマは一層固く重くなった体を
バキバキいわせる。
特に平日夜の部のレッスンはレベルが高い子の集まりで、
先生は私に特別メニューを作ってくださる。

皆がするする踊る中での、無様な動きは

このうえない屈辱感

屈辱感は私のエネルギーの源。
Mですまんね。
posted by H.A at 19:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ベルサイユのばら

「一生私だけ愛すると誓うか?」のオスカルの台詞に
胸を熱くした少女の頃。

ベルサイユ宮殿。
メインの建物の奥には広大な庭園。
その又奥に、マリー・アントワネットがこよなく愛したと言う
プチ・トリアノンという住まい。
彼女は田舎の風景が好きだということで、
あえての農村の風景を造作したらしい。

田舎の風景.JPG

ふと見ると、マリー・アントワネットがフェルゼンと
逢瀬していたと思われる愛の殿堂が!


愛の殿堂.JPG

漫画と一緒exclamation

ここまで贅沢したら、そりゃ革命もおこるさ。
漫画を歴史を振り返りながら、ひたすら歩いたベルサイユ。

「一生私だけ愛すると誓うか?」は
現実世界では稀少であると知ってしまった現在。

オスカル〜!
アンドレ〜!
posted by H.A at 08:33| Comment(4) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする