2006年08月28日

Simple is best

なぜパリっ子がオシャレといわれるのか、
じーーーーっと観察した。

装いは極めてシンプル。
ジーンズにシャツにセーター。
もしくは、トレンチコート。
女子にいたっては、後ろ一つ結わえ髪。
(日本では「芋姉ちゃん風」と言われる)
ほつれ髪もナイス。
(日本人だったら、だらしないから、ちゃんとまとめろ、といわれる。)

結局、スタイルがよいのと、
左右からぐっと圧縮したような細長卵形の顔かたちと
顔の端正さと堀の深さが、
何を着ても、どうやってもかっこよく見える。

もちろんセンスがいいのも否めない。
子供服ショップのショーウインドーに飾られてる姿が
とても洒落てた。

子供服.JPG
posted by H.A at 19:43| Comment(6) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「M:i:III」

往路のエールフランスで「M:i:III」鑑賞。
和訳なし。
だいたいの筋はわかるが、詳細はさっぱり。

復路のJALでも「M:i:III」鑑賞。
ぎょっ!この人悪役ではなかったんだ。
ひえっ!この人死んでいたんだ。

戸田奈津子さんの偉大さに脱帽。
何言ってるかわかんなくても、トムはかっこいい。
posted by H.A at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ガンバレ、日本!

フランスとイギリスの物価の高さに驚き!
1ユーロ(約150円)=1ポンド(約210円)=100円ぐらいの感覚。
(2006年夏現在)
よって、円換算の日本人としてはすべて高い。

例えば、パリのマルシェ(市場)で買ったミニトマト。
(エールフランスで食べたミニトマトが美味だったのさ)
10粒で2.8ユーロ(300円弱)。

ロンドンで買うフリスク。
1.5ポンド(300円強)。

円の弱さを実感。

ミニトマトを買ったホテルの近くの朝市のマルシェ。
マルシェ.JPG

ついでに、朝散歩したホテルの近くの植物園。
植物園.JPG


posted by H.A at 15:21| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「戦争を知らない人のための靖国問題」「失はれる物語」

「戦争を知らない人のための靖国問題」上坂冬子/著 文芸春秋

靖国問題.JPG

大和班と「大和ミュージアム」を研究するに際し、
興味を持ったあの頃。
時に小泉さんが8月15日に参拝した云々で物議をかもした一件。
著者いわく、歴史をまともに学んでいない勉強不足知識不足の多くが、
首相参拝について議論するには至らない、と一喝。
おっしゃるとおりでございます。

続いて、
「失はれる物語」乙一/[著] 角川書店

失はれる物語.JPG

読書好きの学生がこの著者の作品が面白い、と言っていたので、
手にとって見た。
短編集。
特に表題作「失はれた物語」は
事故にあい、一本の指しか動かない主人公の
自分の気持ちを表現できない悶絶をつづったもの。
いさかいが増え、心にも無いひどい言葉を投げかけてしまっていた
妻に対して、謝ることもできない、つぐなうこともできない状態。
殺してくれと伝えることもできない。
後悔先に立たず。
posted by H.A at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご飯とお味噌汁

関空に降り立ったら、蒸し暑い日本でした。

しばらくパリ・ロンドン逃亡生活送っておりました。
どちらも暑くなく、ていうか寒く、
ロンドンの皆様は晩秋の装いでした。
(ロングコートやブーツなど)
その中、白とピンクの夏の装いの私はアホです。

最終日にアクシデントがあり(;´д`)ショボ〜ン 、
そのフォローに追われています。
とはいえ、戻ってこれる日常生活があるというのは、
ありがたいものです。

おいおい、珍道記をしたためたいと思います。
posted by H.A at 11:36| Comment(2) | TrackBack(0) | パリ・ロンドン珍道記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする