2006年08月12日

「出口のない海」

出口のない海.JPG

映画化される原本だから手に取ったわけではない。
「半落ち」の著者 横山秀夫の作品だから選んでみた。
加えて前夜、海の仲間達と
ミリタリー談義に花が咲いたこともきかっけの一つ。

うーーーん、うーーーーん、どうかなあ。
あの時代のことだから、不条理になぐられるのです。
戦争の話だから、ヒトが死ぬのです。
よって、別れを覚悟した切なさや、
どうしようもなさや、辛さもあるのです。

戦争をテーマにした小説や本は多い。
正直、またか。

ただ、職業柄、野球部だった大学生達が、
野球できなくなり、招へいされていく様は
心がちぎれる想いがします。
posted by H.A at 21:33| Comment(0) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

牧歌的な風景

たまには広島空港までJRを乗り継いで行ってみる
途中の駅の風景。
電車の車窓から。

牧歌的な風景.JPG



広島空港は広島県の中央にあり、
100万都市の広島市からは大層遠い。
おまけに濃霧等で着陸できない、
降雪で離陸できない、など不安要因が多い。
広島空港は遠い昔、広島市の南端にあった。
規模不足や騒音などの事情より現場所になったが、
コレを決定したヒトは、飛行機を利用しているのだろうか?
のぞみ派だったら・・・



はい〜、

とびげり用意〜
posted by H.A at 21:19| Comment(2) | TrackBack(7) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする