2006年07月12日

一日一善

日ごろは孤高の一匹狼を気取っている。
が、時折、むしょうに さびしんぼう になる。
昨日も人恋しくなって、友人に電話。

飛んで火にいる夏の虫
・・・私が。

彼女は相談したいことがあったらしく、
せきをきったように話し始めました。

カンカンカーン

時間切れ、私の話はできず・・・
ま、いいのです。
彼女の相談は確かに重かったし、翌日の今日、
「しゃべって、すっきりして、今日は元気(≧ω≦)」とメール着信。

一日一善で笹川会長もお喜びだ〜。

このように、私が話を聞いてもらおうと思って
電話したり逢ったりしたときに、
老若男女関係無く
結局相手の話を聞くばかりだった〜ということがよくある。

みんな、いろんなことを自分の中に押さえ込んでて、
吐き出す機会を待っているのでしょう。



さて、私の悶々はどうしよう。
posted by H.A at 21:44| Comment(5) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする