2006年04月01日

東京タワー

以前より依頼していた物件が見つかったと連絡電話
東京タワーが見えるマンション夜
新築はさすがに無理なので、1年オチくらいの新古マンションビル
広いリビングの3LDK手(チョキ)
最寄の駅から遠くはないらしい電車

次に上京するときにブツを見に行こう飛行機
ローンが始まるけど、それも働く励みになるよねふらふら
これで参勤交代も少しは楽になるわーい(嬉しい顔)
ホテルめぐりができなくなるのは、ちょっとさびしいけどホテル

カッシーナにソファを探しにも行きたいいす
ゆったりとしたダイニングテーブルも欲しいよねレストラン
友人たちを招いて、東京タワーさかなにワイン飲むのも楽しみバー














今日はエープリルフールひらめき

posted by H.A at 13:18| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月02日

コンプレックス

KAT−TUNの赤西 仁君がスキです。
デビュー曲「Real Face」のDVDゲット。

kattun.JPG

ジャニーズの男の子たち見てて、いろいろ推測して切なくなります。
まずジャニーズに入れるか否か。
入れたら、バックで踊れるか否か。
グループに入れるか否か。
入れたとして、中心人物になれるか否か。
KAT-TUNではやはり亀梨君と赤西君でしょう。

どこの世界でも、それぞれの立場でコンプレックスが存在する。
「もっと、もっと」と思えばキリがない。
どこまで行けばいいのでしょうね?
コンプレックスはついて回るのに。

posted by H.A at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月03日

4月の真珠のピアス

早速に入学式。
広島市の平和公園内にある広島国際会議場フェニックスホールにて。

入学ョ.JPG


その後帰りしなに、尊敬し憧れてる山田知子先生とランチ。
行きつけの「ラ・シャンブル。ドゥジェム」
http://www.gansodesu.net/g-gourmet/index.php?type=gourmet3&prefId=34&gId=48534

(本当は写真を掲載したかったのですが、
ご本人のたっての希望で、ナシです)
山田先生はアカデミックかつ社会的かつ学生思いの三本柱そろった先生。
5年前、今の職業に就いて右も左もわからなかった私にご指導。
今も背中を追わせていただいております。

続いて、辞令交付式。
研究室前のプレート、このようになりました。

助教授.JPG

皆様に感謝。
合掌。
posted by H.A at 20:39| Comment(8) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月05日

芳香

お花をいただいた。

花.JPG

研究室においてる。
ドアをあけると、鼻の奥を快適にくすぐる甘酸っぱいような生鮮な香り。
(これまでいかに臭かったかパンチ、いえ、空気がどんよりしていたか・・・)

今後は一月に一回くらいは職場とお家に花を買おう。
江原啓之氏も植物を部屋に置きなさい、人間の代わりに枯れてくれるのだから・・・と。

花を買おう、自分に投資しよう!
(大学院から学費の請求書が・・・ふらふら
posted by H.A at 20:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月07日

6年目の春

昨夜はビールと焼酎でほろ酔い気分で幸せでした。
というのも、私の勤務する大学で所属する学科の歓迎会があったから。

「島 耕作」の漫画にはまっているので、幹事の私が選んだお店は中華。
スーツァンレストラン 陳 
http://www.alambic.jp/tin/index.html
陳.JPG
(始まる前に撮影してみました)

美味でした。
四川料理だから、辛いどんっ(衝撃)
たくさん食べたのに、胃がもたれないのは、中華のなせる業か!
総勢19名の、なんともにぎやかで笑いわーい(嬉しい顔)の多い会合でした。

「笑う門には福来る」ですからね。
私の歓迎会をしていただいて、早5年。
比治山大学で迎える6年目の春です。
6度目の桜です。
気合入れていきまっしょい!
(と酔っ払いながらタクシーの中で思いました)

tinn.JPG

posted by H.A at 19:57| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月08日

眠れない夜

3時に目が覚めて、眠れなくなったので、録りダメしてたテレビ番組を見た。

TBS 火曜日20時からの「学校へ行こう MAX」は良質な番組。
http://www.tbs.co.jp/gakkou/

日本のがんばる学生(ここは小学生から大学生までを含めてるみたい)を応援する番組。
先週はスペシャル番組で、前半はサッカー大好き少年が、スペインまでサッカーを観戦しに行き、大好きなジダンにも逢えた。
後半は宝塚を目指し、予備校に通う女子たち15名をおったもの。
1次試験は15名中5名、最終の二次試験で5名中3名が合格。
受験総数1000名で合格50名という狭き門。
彼女たちのひたむきに取り組む姿が、かわいくて、さわやかで、真摯で、つきなみだけど泣けるのです。
V6が進めるんだけど、彼らの温かさがにじみ出てる。

衛星放送でシリーズ\が始まったアメリカのドラマ「ER(緊急救命室)」も深い番組。
http://www.whv.jp/title/er/

「24」よりは「ER」がスキです。
舞台が病院ですから、「生」と「死」と隣り合わせ、
ハードな職場ですから「働く」ということも追求してる、
日本と違って多様な国籍のヒトがいるから「生き様」もさまざま、
繰り広げられる色恋沙汰、不器用な友情など描かれています。
見た後スカッとする番組ではないのだけど、
「みんながんばってるんだよ!」と自分を励ますことのできるもの。

・・・
実は、




加えて、




私の好きな





番組に、






「水10 ココリコミラクルタイプ」があるのです。
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/miracle/

最初軽く思ってたのですが、よくできてますよ。
世の中のいろんなことをドラマ仕立てにしてるのだけど、
ほとんどがコメディタッチですが、中にはシリアスなのもあって、
泣いて笑えて、一粒で二度美味しい!ってもんさ。

さて今、朝の6時30分。
一眠りしますか晴れ
posted by H.A at 06:29| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔王

漫画「NANA」で、
ナナが奈々に「魔王」という焼酎があったと
送ってきてタクミが飲む場面があります。
飲みたいなあ、と思っていたら見つけました。
お酒のディスカウントストアで。

魔王.JPG

一升瓶でディスカウントストアで
19800円
高うございます。。。
さすがに買う勇気はありませんでした。
口にできるのはいつのことやら・・・
posted by H.A at 16:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

つながったウェーブ

新ゼミ生と広島市民球場にカープ対ヤクルト戦、見に行ったとです。
外野センターに座ったもんだから、スコアボードが見えません。
コミュニティチケットだったから
「比治山大学」って
電光掲示板に表示してもらうことにしてたのに、
電光掲示板も見えませ〜ん。
おまけに、ヒーローインタビューで見えたのは選手のお尻でした・・・

【注】
外野センター指定席は、電光掲示板とスコアボードの真下でした。
ヒーローインタビューはバックネット裏に向かってしゃべるのですね。
真正面お尻でした・・・野球

すみません、チケット買ったのは私。。。ゴメンよ、みんな。
新年度になりましたから、ブログに登場する学生たちの顔も一新。
新しい2006年度粟屋ゼミ生もよろしくお願いします。

野球観戦ゼミ生.JPG          野球観戦学生2.JPG
【付録】
ウエーブをしようと一塁側内野の皆さんが始めました。
しかし、閑散としたブロックで途切れます。
しかし、一塁側内野の皆さんは何度も挑戦します。
そしてつながりました。
外野まで、ライト、センター、レフトへと!
感激しました。
野球観戦ウエーブ.JPG
posted by H.A at 20:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

禁 焼酎ロック

日本酒、ワインに続く「禁」第三弾。
焼酎ロックは、水のように飲めます。
おまけに、席の近くに気の利くヒトがいると、
グラスが少しでも少なくなると、
氷と焼酎をいつのまにか注いでくれます。

楽しいのですが、陽気に過ごせるのですが、
地獄をみます。
詳細はさすがに綴れませんが、
地球が縦に自転します。

胃がイナバウアーするため、
翌日の夕方まで地獄が続きます。
お気をつけください。

焼酎は梅干入りお湯割で、ちびちびいきましょう。
posted by H.A at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女運が良いのか悪いのか・・・

Sちゃん、日曜日は遊びに来てくれてありがとう。
二日酔いがひどくて、丁寧におもてなしできなかったことが残念です。

渋谷でスペイン料理食べて以来だから5年半ぶりでしたね。
相変わらずSちゃんは声が大きくて、優しくて、気配りの塊で、目じりに大きな皺を寄せながら顔をくしゃくしゃにして笑うのもそのままでした。

初めて会った22才の頃は、こてこてのヤンキーあがり九州男児でしたね。
あれからお互い年をとって、特にSちゃんは、浅田次郎が小説に書きそうなピンボールのような人生を送っていますよね。
広島の仲間と、貴方の動向をワクワクしながら笑って、いえ失礼、心配しています。

気づくとSちゃんは、扶養しないといけない人数がぐんと増えて、それも女ばかりで、女運がいいのだか悪いのだか・・・
不器用なSちゃんが、自分以外の守るべきモノのために、一生懸命生きている姿には頭が下がります。

Sちゃん、まだまだ面白い、皆がわっと驚くようなこと、たくさんしでかしてください。
何があっても、仲間と笑い飛ばして、いえ失礼、仲間と応援しています。

もっとおじいちゃん、おばあちゃんになったときに、昔みたいに、また皆で夜中までトランプしたり、温泉行ったり、お腹の皮がよじれるほど笑ったりしたいですね。
その頃Sちゃんの扶養家族は何人だろう・・・

手土産、ありがとう!

しげちょワイン.JPG     カステラ.JPG
posted by H.A at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

川島教授が友達

任天堂DXの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」にはまっています。
ちなみに、今の私の脳年齢は「25歳」

(* ̄ノO ̄*)おほほ

ま、実年齢そのままといったところでしょうパンチ

また、30いくつとか、40いくつに戻るのがイヤで、
「25歳」が出て以来、脳年齢を計るのをしていないというのが真実です・・・_| ̄|○

にしても、川島先生、なかなかオモロイ。
私の毎夜の友です。
「昨日はお会いしませんでしたね」などとさびしそうに言われると、
「がんばりますっハートたち(複数ハート)」と思います。
私の人生、寂しいのかっexclamation×2

さて、ここのところ頑張ってお弁当を作っているので、
自分自身の記憶のために載せときます。
将来、ああ、こうやって身を粉にしてたときがあったなあと、
お抱えシェフの作るお弁当をつつきながら、遠い目をする・・・時が来た時のために。

お弁当.JPG  お弁当3.JPG
posted by H.A at 19:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

卒論に大和ミュージアム

今年度の粟屋ゼミは
「カープの広島市民球場マーケティングリサーチ」班と、
「大和ミュージアムにおける企業の社会貢献」班の2グループ。

今日は大和ミュージアムグループの子達と一緒に、
まずはミュージアム見学。

大和の前.JPG
(私の身長は159センチ・・・なんだか小柄なグループ)

私は事前調査を兼ねて、3月に何度も足を運んだので、ひたすらカメラマン。
彼女たち4人のうち3人は初めてのミュージアム。
ボランティアガイドの方の説明に耳を傾けながら、食い入るように見学。

一通り見終わったところで、以前もお世話になった学芸員の相原さん登場。

大和ミュージアム外.JPG

「企業の社会貢献」という観点からの、味のある説明を加えてくださり、
大和ミュージアムの知識も深まりました〜。

ところで、今の学生は「宇宙戦艦大和」を知らない!
宇宙戦艦ヤマト.JPG

「雪」「古代君」に涙したのは遠い過去・・・( ̄_ ̄|||)
posted by H.A at 20:06| Comment(5) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

PR

本日4月21日付 中国新聞33面をご覧ください。
かわいいゼミ生たちが華を飾っています。
実際のマーケティング調査は、来週の巨人戦。
取り急ぎ出先からブログ書き込みです。

詳細は後日アップします。
posted by H.A at 11:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

中国新聞記事

4月21日に中国新聞に掲載された記事です。

中国新聞記事.JPG

詳細はこちらでどうぞ。

http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/carp/060421.html

学生諸君、がんばりなはれ。
posted by H.A at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年下の男の子

夜、突然時間ができたので、
池袋で行列ができるというラーメン店に
院生仲間と食べに行きました。

その後、共通の友人を、石田衣良みたく、
無理やり池袋ウエストゲートパークに呼び出し、
カラオケボックスへ。
なぜか、そこでレモンとグレープフルーツを絞る顔の濃い二人。

空気は昭和でした。

濃い顔.JPG
posted by H.A at 16:27| Comment(2) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

母の料理

時々母が料理しに来てくれます。
何だかほっとします。

小さい頃、母が作る茶色い料理がイヤでした。
今はこの茶色さがいい。
きんぴらごぼう、さばの味噌煮、蕗のたいたの等。
きんぴらごぼうのささがきも薄くない。

自分も大人になったなあ(「年をとった」という表現ではないところに、意地があります)と思う今日この頃。
サトウハチローの詩でも読みますか!



     かァさんの手紙を読みました

                  サトウハチロー

   かァさんの手紙を読みました
   あて字ばかりの手紙です

   「からだを大事になさいね」が
   ずらりずらりと並んでいました

   返事は出さないことに決めました
   又「からだを大事にね」が
   並んでくるからです
posted by H.A at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月26日

冷静と情熱の間

今日は朝から電話、メール、対面でと、ひたすら人と連絡をとりあった日だった。
もともとGW前で仕事がたまっていたところに、
突然の用件がいくつかまいこんできて、随分翻弄された。
思うようにいかないこともあり、疲れた・・・

大学院の友人がmixiの私の紹介文で、
「冷静と情熱の間」と書いてくれてている。
なかなか言い得て妙だと気に入っている。
時々情熱が上滑りすることもあり、そういう時は非常に落ち込む。
自分が勝手に頑張っただけなのに、他の人を責めたりして、そんな自分の小ささに嫌気がさしたりもする。
だから、やっぱり自己防衛のためにも、人様のためにも常時クールでいたいものだと思う。

「がんばらないけど、なまけない」だったかな、相田みつおさんが書いていたのは。
粛々淡々ですね。

今日は疲れたから、バーボン飲んで寝よう。
(ホントはビール片手に焼肉!といきたい・・・元気じゃん!)

posted by H.A at 19:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

広島市民球場観客動向調査大作戦開始

いよいよ粟屋ゼミのカープ班出動です。
調査内容は、「ドコカラキテドコヘムカウカ」
つまり試合観戦前後に何をしていたか、何をするのか。
初日、巨人戦。

巨人戦.JPG

カープ班は10名、一人が20名にインタビュー調査して、一回でサンプル数200が目標です。
まずは、カープの関谷部長様にご挨拶。

関谷さんから説明.JPG

そして「比治山大学」の腕章をつけて、インタビュー調査です。

比。山腕章.JPG
(一番右端がリーダーの森山さん、彼女がリーダーシップを発揮してくれるので、私は楽できます)

「新聞見たよ〜」と温かい言葉をかけてくださった方、
通り過ぎていく方、いろいろですが、
(私もきっと通り過ぎるタイプ・・・)
学生はめげずに調査に協力していただきたい旨、声をかけます。
サンプル数200のハードルはなかなか低くはないようです。
思ったより、時間かかりました。
その後は、かわいくケーキで慰労会。

慰労会.JPG

ゼミ生諸君、よくがんばった。
私は途中でデパートで買い物でもしようかな〜と思っていたけど、
君らのひたむきな姿に心打たれて、ずっと待ってったよ。

次は5月6日の試合で調査です。
ぜひ、皆様ご協力お願いします!
私は正面玄関で仁王立ちしてますので、お時間があれば、声をかけてやってください。
posted by H.A at 20:29| Comment(3) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

無性に、逢いたくて

なぜだか無性に逢いたくなったので、会いに行きました。
痴呆症がはじまったので神奈川県の施設に入った伯母に。
小さい頃から、私を認めてくれ、かわいがってくれ、ほめてくれた伯母です。
(両親が褒めないタイプだったので、特に伯母の言葉は心にしみたのです)
私の姿を見て、遠いのによく来てくれたと、泣いて喜んでくれました。

若い頃は、颯爽として、バリバリ働いて、明るく元気だった伯母の、随分老いた姿に愕然としました。
(父と10歳以上年がはなれています)

近隣に住んでいる従姉妹二家族とともに大勢での訪問。
伯母は何度も同じことを繰り返します。
・皆が来てくれて嬉しいこと
・おもてなしができなくて申し訳ないこと
・元気になったら(腰が悪くて手術した)皆にご馳走したいこと
・お墓参りに広島に帰りたいこと
・私の両親によろしく伝えて欲しいこと

施設は新しくて、個室も伯母らしくきれいに整頓されていました。
小さな仏壇もおいてあり、中には仏様の小さな絵と、
伯母が書いた伯母のお母さん(私にとってはおばあちゃん、すでに他界)の
名前が書いたお札がおいてありました。

帰り際、駐車場まで送ってくれた伯母。
「お母さんに逢いたいのよ。
 お母さんのそばに行きたいから、
 お母さん、早く迎えに来てちょうだいって、毎日祈っているのよ。」
と小さくなった伯母が吐き出すように、
一度だけ言いました。
posted by H.A at 23:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

金曜日の妻たちへ

ロマンスカーに乗って町田まで。
思い出したドラマ「金曜日の妻たちへV」。
主題歌が小林明子の「恋におちて」のパート。
再放送ではまりました。

古谷一行が時々仕事帰りに乗っていたような。。。
新興団地に住むおしゃれな家族の昔の恋人と焼けぼっくりに火がつく云々のストーリー。

関連して思い出すのは、今井美樹の「半袖」という歌。
妻子ある人をスキになった女子が、彼の住む家を見に行くというもの。
駅から街路樹が続く道を歩いていくというあたりが、ドラマと重なる。

で、その歌の中で、庭で子どもと遊ぶ奥様の半そでからのぞく白くて細い腕にショックを受けるわけです。
だから「半袖」・・・
(私がその妻の立場だったら、きっと女子は自信を持って帰るだろうな、
私が女子の立場だったら、絶対見に行かないだろうな)

到着した町田で見かけた「伝言板」。

伝言板.JPG

今でも伝言板ってあるのですね。
ここで、野口五郎の「私鉄沿線」を思い出したのは私だけ?
(二番の冒頭が、
るんるん伝言板に君の事、僕は書いて帰ります〜なのです)

ロマンスカーで楽しめました。
ずっと頭の中を「恋におちて」が回ってました。

posted by H.A at 20:24| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする