2006年01月29日

卒論発表でCSR

昨日比治山大学の卒業研究発表会が行われました。
これまでもブログで紹介してきましたが、メセナ研究が2グループ、広島市民球場が1グループの計3グループが粟屋ゼミ。

05年度ゼミ生全員.JPG

どのグループもすばらしい発表で、指導教官の私としては、誇らしい。
特にメセナ研究を最終的にCSR概念につなげたBチームの発表は、私が求めていたものであり、圧巻。
先生や卒業生からの鋭い質問にも、宍戸さんが的を得て即答の様子に、会場中が「ほーーー」とうなる。

.JPG

卒業生が8名来てくれたことも、なんともうれしい。
昨年の卒業者が6名、一昨年が2名。
後輩たちの発表を真摯に聞き、質問してくれる積極性や、
GODIVAのチョコや、京都のあられなど持ってきてくれる気遣いにも、
成長を感じさせる。

今回発表した2年生15名と、次期ゼミ生の1年生の15名、加えて8名の先輩たち。
縦のつながりができ、教員冥利につきる。

ゼミ生勢ぞろい.JPG

で、その後、当然打ち上げです。

打ち上げ.JPG

打ち上げは2年生の12名といったのですが、これまでのお礼に私の費用を皆が持ってくれるという。
うれしいじゃあーりませんか!
おまけに、木製の写真たて(みんなの写真を入れろ、ということらしい)と、
ティッシュボックス(いつもビニールに入ったのを出すから、みすぼらしいと感じたらしい)までプレゼント。

いつものようにゴーゴービールを飲みながら(ワインはMBA仲間より禁止令が出ている)、
なんだかたくさん騒いだ広島の夜。

寂しさになんとはなしに眺むれば
 うれし桜の花盛りかな
posted by H.A at 10:23| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする