2006年01月11日

専門の重み

あ、目の横にぶつができた・・・またか・・・
左目の横と眉間の辺りにぶつぶつ・・・と今朝のこと。

昨年の悪夢が思い出されます。

昨年の2月から5月まで私の顔はぶつぶつだらけでした。
特に3月は化け物状態。
当然化粧もできず、人前に出るのも相手が嫌がるだろうと思われたので、
極力引きこもり生活をし、
仕方なく外に出る場合は、顔半分隠れる大きなマスクとサンスラスをしていたのです。
もちろん皮膚科に通っていました。
ずっと。

帯状疱疹かもといわれ(雅子様か!)
口の周囲はニキビだといわれ、
では目の周囲のひどいぶつぶつは何かと聞けば、やはりニキビだといわれ、
その前には目の周囲は汗腺が無いからニキビはできないといわれ、
どっちなんじゃい!
病名ははっきいりしない。顔はぶつぶつだらけ。

何とか4月からの参勤交代までには治したいと思いながらも、
まったく変わらず、
鏡を見るたび、我が醜さにため息、ため息・・・

何とかしなきゃなあ、このまま化け物のままかなあと思っていたら、
ゴールデンウイーク明けに、通勤路に新たなクリニックビルが新築オープン。
藁にもすがる思いで訪ねると、
そこの先生、私の顔をじっと見て、
「あ、これは○○○○○○○○○○だよ。」
(漢字が8個ぐらい並んでいました。病名は覚えられませんでした・・・)
と、皮膚病医学の書籍を開いて見せてくれ、
治りにくい病気であること、
原因ははっきりしないこと、
よく効く薬はあること、など丁寧に話してくれました。

で、処方された飲み薬と塗り薬。。。
1週間もすると、治ったのです!
少なくとも化け物ではない。
夏ごろまで通って、その後忙しくて行っておりませんです、はい。

最初行った皮膚科の先生、A先生としましょう、
A先生は、正しい診断にいたらなかったわけです。
初診でできないにしても、治らない患者のぶつぶつがいったい何なのか、
専門書を紐解いて調べる努力をしてくれてもよかったと思うのです。

すがるようにしていった次の皮膚科のB先生は、完璧でした。
それまでは総合病院の皮膚科部長をしていたらしいので、
多くの症例を見てこられたのでしょう。

でも私が支払ったお金はA先生のほうが多いのです。
治らないから何度も行きましたし、検査も多々しましたから。
高い医療技術を持ったB先生に支払う額は少ないのですよね。
今の厚生労働省のシステムでは。

この体をはった一件で、私は「専門」という言葉の重みを痛いほど感じました。
「専門」という言葉は慎重に使いたいものです。

で、またぶつぶつができ始めたようなので、
来週あたりB先生のとこに行きますか!
posted by H.A at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノンキャリアの選択

「負け犬の遠吠え」を書いた酒井順子氏の言によれば、
女性の職業の多くを占めるノンキャリアの最高峰はテレアナと客室乗務員。
女性の私が言うのもはばかられるが、
「若い方がいい」といわれているものです。

テレアナの入れ替わりは激しく、世代交代が顕著。
でも蝶よ花よの時は、それに気づかなくて、
自分より年下が引き上げられだした時に、あれーーーーっ?てなるのでしょう。

で、フジテレビの内田恭子アナが婚約とのニュース。
彼女、べっぴんでとても感じがよいので、
やめちゃうのねと少し残念。
でも「今」という一点だけ見れば、ある意味賢い選択かなあ、とも思う。

女性のライフデザインは難しい。
特に20代の女性は揺れてると思う。
一生懸命仕事もがんばりたいが、いい出会いがあれば、そちらのプライオリティが高くなる。
だから、何だか中途半端になっちゃったりもする。
もちろん、結婚しても働いている人もいるわけですが。

男の人はその点、いい仕事をすれば男っぷりがあがる。
女性がいい仕事をして、それはそれでいいのだけど、
それだけで幸せかというとそうでもないような・・・
なんてことをここのところずっと考えています。
しかし、「仕事」が一番、達成感、充実感を味わえるものだから、
生きている喜びを感じられるのは「働く」ことが近道でもある。
女っぷりをあげながら、いい仕事をするってどういうのなのでしょうね?

と、なんだかよくわからないのですが、
20代でも花、30代でも花、40代でも花、50代でも花でいたいものです。
もちろん世代によって「花」の意味あいは変わりましょう。
60代以降は目指しますよ!


第二の細木和子手(チョキ)
posted by H.A at 08:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする