2005年12月04日

「きみの友だち」

「きみの友だち」.jpg

読書仲間に半ば脅されるように薦められて読んだ重松 清著「きみの友だち」。
小学校、中学校、高校時代の、限られたスペースで人と付き合わざるを得ない頃の
なんとも難しい「友だち」について書かれた短編集。
「友だち」という言葉に縛られて不自由だったあの頃を思い出し、心が痛くて読み続けるのが辛い本。
「勝ち組」「負け組」が顕著にあって、どちらの立場でもコンプレックスを感じるのですねえ。
posted by H.A at 19:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャンパーニュアフターヌーンセット

フォーシーズンズ.jpg

ナイスアングル、よしシャッターチャンスと思ったら、デジカメ壊れてた。。。

目白駅から散歩がてらに歩いたら遠かったフォーシーズンズホテル椿山荘。
ちょっとお茶するつもりが、歩いて喉渇いたしなあ、と思わずシャンパーニュ。
ホスピタリティ度の高いといわれる当該ホテルのサービスを体験したくて行きました。

客層が違いますなあ。
一人だったから、周囲のお客の話し声が気にかかったからそう思ったのかも。
もう少し気候のよいときにゆっくりまた訪問したいと思わせる空間でした。

posted by H.A at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする