2005年12月02日

秘書検定合格率向上大作戦

比治山大学短期大学部の総合生活デザイン学科の粟屋担当のビジネス系の授業において、
秘書検定受験を必須として推進している。
目的は、経営経済的な一般知識、ビジネス実務やマナー、組織の仕組みを学ぶことと、
それらを学んだ証明とするため。

6月に実施された検定の結果が大学全体的にあまりよくなく、
「合格率がいまいちですよね。」とぼそっと人に言われたことで奮起した。
よっしゃ、次は
「秘書検定合格率向上大作戦」
と一人でもくろんでいた。

11月のとある日、秘書検定が実施され、2年生達がこぞって受験した。
難関とされる準一級一次に10名がトライ。
(準一級は筆記の一次と面接の二次試験があるのです)

一次試験の結果がでました。
合格率70%。
受験者全体の合格率はこれまで59%と発表されているから、
大幅に上回ったexclamation×2
すごいじゃん。よくやった。

1年生のときから地道に学んできたのが花咲いたね。
残念な結果になった優秀な学生もいたが、人間万事塞翁が馬。
めげずにぜひ卒業後も受験し続けてほしい。

二次試験対策も早速昨日行った。
よし、「秘書検定準一級二次試験全員合格大作戦」だ!
posted by H.A at 08:06| Comment(2) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする