2005年11月02日

大笑い

同い年で同業の女性の友人がいる。
彼女とは以前勤務していた企業でも同期で同僚であった。
おまけにその企業の入社面接も同じグループと言う
なんとも腐れ縁である。
現在は勤務大学は違う。

彼女からメールが届いた。
勤務先の大学の体育祭でこけた、顔に傷をおった、というもの。
いい大人が、顔からこけるか?と思いながら電話でよく聞くと・・・

彼女は教員グループのリレー選手。
自分の番になり、バトンを受取り、
よし走るぞ!と
振り向いたとたん、

どてっ

こけたらしい。

もちろんこけたとき、手もついたが、
顔もつっこんだとのこと。
余程勢いがあったのかと思いきや、
なんせ走り出す時だから、
勢いなんてない

見たかったね。
posted by H.A at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月03日

SHINOBI

遅ればせながら「SHINOBI」観ました。
まあGOODな作品と思います。

「忍び」ですから、忍者なわけで、
非現実の戦いだと思うと、グロテスクな場面でも気は楽です。
辛いことや悲しいことも、この世のことではないと
人事のようにとらえることができたら
楽なんだと思います。

仲間由紀恵はとりたてて美しいわけではないけど、
声に品があり好感度よいですよね。
(「トリック」も「ごくせん」も好きです)
オダギリジョー君の衣装がよかった。
あのマフラーの着こなしは絶品。
他の人が真似したからといって、同じになるわけではないので、
お気をつけください。

さて、封切りからしばらくたった「SHINOBI」ですから、
上映時間も朝の9時10分からの一回。
朝も早くから起きて向かった先のシネコン。
エレベーターに乗って気づいたのは、財布がバッグの中に無い・・・

がーん

ここまで来て。。。
ここまで来たのに。。。
それはないだろ。。。
家に戻れば間に合わないではないか。。。
どうしよう。。。
どうしたら。。。

・・・電話しました。
近所に住む友人。
一万円貸してもらいに車で5分の彼女の家に行きました。
ありがたいものです、友人は。

特に、運動会のリレーで顔から突っ込むほどむきになって走る友人は。

そうです、昨日ネタにした彼女です。

一万円持って、小銭がでたら困るだろうと
財布にまで入れて貸してくれた彼女の顔には名誉の傷が!
膝にも手の甲にも。。。
彼女に感謝しつつ笑いがとまりません。。。

彼女はこのブログの存在は知りません。
永遠にヒミツとします。

posted by H.A at 18:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バレエのレッスン

久しぶりにバレエのレッスンに行きました。
通常は土曜日で、東京行きと重なるのでここのところお休みをしているのですが、
振り替えで「文化の日」に。

体もなまってるし、そろそろやめるかな、と思いながらも
行くと楽しい。
高校生の細身で体も柔らかくしなやかなお嬢様たちにまざって
トドのような私が(トドにも失礼だ!)
ひーひー言いながらレッスンをするのは
人様にも迷惑だし、私自身も大変屈辱的。
しかし、とても素敵な先生(50代とは思えない!)に
教えていただいていると、
なんだかいい気分になるものです。

単純ゆえにがんばって、
レッスン終了後はくたくたです。
肩こりが治るというメリットもあります。
できれば、もう少しお尻がプリっとあがって、
足首がきゅっとすればよいのですが、
夢のまた夢でしょうか・・・
posted by H.A at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月04日

人形展をプロデュースする山本さん

明窓園山本さん.JPG

創医社に勤務する山本恵由美さんは
明窓園(呉市本通6−2−4)というギャラリーを運営し
メセナ活動を積極的にしている元気な女性。
現在は呉市の他のギャラリーも巻き込んで、
「呉が創ったアートたち展」を開催。
(11月1日から8日まで)

で、その一環を担う明窓園では人形作家さんによる人形展を実施。
いつもながら山本さんのセンスあふれる部屋のコーディネートに脱帽。
加えて、神戸のコーヒを堪能。
心温まるホスピタリティに感激。(韻を踏めず、残念)

以前秘書として仕えていた大病院の院長先生のご家族が収集していた人形を
地域の方々にも楽しんでいただこうとはじめた小さなメセナ活動が
会を重ね、ファンを増やし、そして市単位で大きな風を起こそうとしている
山本さんは、とてもダイナミック!
話すとおもろいし。

フィランソロピーを研究する私にとっては
この山本さんの草の根メセナ活動は
それらの目的が何であるか基本に立ち返らせてくれる
清き場なのである。

このギャラリーの詳細は現在ゼミ生が
「学生の視点でみた企業の社会貢献2005年度版」に書きますので
乞うご期待!

明窓園1.JPG

明窓園2.JPG

明窓園3.JPG

明窓園4.JPG

明窓園5.JPG


posted by H.A at 19:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月05日

モーニングミーティング

私が22歳のころから常に背中を追わせていただいている
以前勤めていた会社の先輩H.Yさん。(イニシャルトークもいいですね〜)
彼女は今もその企業に勤務されてて、それなりの役職にも就かれている。

お互い忙しいので、今日は朝7時より
パン屋さんでモーニングをいただきながらの会合。

私は早寝早起きなのでよいのですが、きっと
H.Yさんは昨夜の飲み会明けできつかったと思います。すんまへん。

転職する前は、仕事の進め方とか、物事の考え方とかよく教えていただいたものです。
H.Yさんは20代のころから、話が上手だったなあ、とパンをかじりながら思いました。

彼女は大変なアイデアマンである一方、実は堅実で慎重派。
無茶なことは考えないし、しない。
よい意味で地に足がついているのです。
組織で働くと言うことを淡々と捉えていて、
歴代の数々の上司からも好かれ、頼りにされ、
先輩からもかわいがられ、後輩からも慕われる。
こうして文言にすると、改めてスゴイ人だなあ。

今日もたくさん話を聴いていただきましたし、
示唆もいただきました。
今度は飲みに行きまっしょい。
posted by H.A at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

恋の時間

また見損ねちまった。。。
TBSの「恋の時間」
録画しているつもりが、つもりでしかなかった。
ビデオテープに録画している人がいたら貸してくださいーーーーーっ

「花より男子」は録画したの全部見ました!手(チョキ)
あれは、ありえないでしょうーーー。

それにしてもドラマは楽しい。
生まれ変わったらドラマを創る人になって、
みんなに元気を与えたいものです。

koinojikann.jpg
posted by H.A at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「学校へ行こう」

V6の「学校へ行こう」は高質な番組だと思う。
ハートが感じられる。
世の中のがんばってる若者達に焦点をあてて、
それをV6が応援する。
V6のメンバーがみんな温かくてよい。
宮崎の高校の弱小合唱部が努力して部員を増やして、練習してコンクールに出場して
立派な結果を出す様は涙を誘った。
今日はロッククライミングの高校生。

ちなみに私は岡田君が好きです。
あの鼻の形は芸術だね。
posted by H.A at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

目白散策

目白駅に降り立ちました。

まずは、駅前の地下にある蕎麦屋へ。
東京の黒いだしのお蕎麦を食べてみたかったのです。
そば.JPG

そんな黒くない。
そばの麺が白い!
広島では黒っぽい麺だよね。

学習院大学もある目白。
私は山手線の外側へ。
街路樹が色づく道に歴史がありそうなお店、
新しくてオシャレなお店が立ち並び、とてもナイスセンスな町。
こじんまりとして、生活感がありながらもこじゃれてる感じ。
チョコレートショップやおいしそうなコーヒーショップ。
今度友達を誘ってこよう。

派出所で道を聞きながら池袋へと向かいます。
大通りを入ると住宅街。
おっとそこに、こんもりと木のある重厚そうな建物が!
徳先鑼明会.JPG

「徳川黎明会」と表札に。
「徳川黎明会」とは、

・・・財団法人徳川黎明会は、尾張徳川家の第19代当主の侯爵徳川義親が、「美術並ニ史学ノ研究ニ資スル為 尾張徳川家伝来ノ什宝ノ保存 其ノ他美術品ノ蒐集保管公開ヲ為シ 且ツ之ニ関スル指導奨励ヲ為ス」ことを目的として、昭和6年(1931)12月に設立されました。
 現在、本会では、東京都豊島区目白にある総務部の統括のもと、徳川美術館(愛知県名古屋市)、徳川林政史研究所(東京都豊島区)という2つの施設を置き、上記の目的を達するため、美術史・林政史の研究をはじめ、展覧会や各種講座の開催、所蔵史料の閲覧・公開など、多くの公益事業を展開しています。・・・

総務部なのか。。。


posted by H.A at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

池袋夜歩き

「池袋ウエストゲートパーク」(著 石田衣良)の小説が好き。
で、思わず「池袋ウエストゲートパーク CLASSIC EDITION 」というCD買って
聞きほれてるほど。
一曲目の「弦楽セレナーデ」より第1楽章(前半抜粋) (作曲:チャイコフスキー) がよい。

で、夜の「池袋ウエストゲートパーク」

池袋ウエストゲートパーク.JPG

写りが悪くてすみません。
若者で活気のある池袋の街を歩きながら
静かに飲めるお店は無いモノかと探索。
異国の雰囲気香るイギリスパブに行くと、
音楽がうるさくて、ほとんど怒鳴りながら会話してる感じになるからなのです。

見つけました!
カフェ+バーラウンジ オガジー.JPG
カフェ+バーラウンジ オガジー(西池袋1−38−7)

今ビジネスシミュレーションで一緒にチームを組んでる林さん、
再びブログ登場です!
posted by H.A at 10:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飛行機順番待ち

最終便の羽田発飛行機は必ず出発が遅延する。
扉を閉じて滑走しても離陸までに時間がかかる。
夜は離発着便が多く込み合うらしい。
「当便は10番目です」と以前アナウンスがあったときはシートベルトを引きちぎろうかと思った。

いつもは通路側に座るのだが、たまたま窓側に座った。
見えました。
飛行機が数台縦に並んで、じりじり進んでいる姿。
トイレに並ぶ人と一緒です。

その先では順番に飛び立っています。

大きな飛行機もこうしてみると小さなものです。
人間はわずかなお金払って自分の命を預けているのですから
なんだか妙な感じです。

羽田空港のいくつもの明かりが
ま、ぼちぼち行きましょか!
とニッと笑ってるようです。
posted by H.A at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

紅葉

いつのまにか秋も深まっているようで・・・
比治山大学の紅葉の様子。
我が部屋の瀬戸内寂聴さんの日めくりカレンダーは
まだ9月のまま。
心の余裕が無いなあ。
紅葉.JPG
posted by H.A at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミスチル

自動車通勤の私の親友はミスチルの桜井さん。
桜井さんは私に
「平凡な毎日の積み重ねが幸せ、
ドカーンとあげる花火も喜び、
もう、ここまできたら、やるっきゃない。
走れーーーー!」

とささやいたり、怒鳴ったりしてくれます。

人間いろんな想いがあって、それは常に矛盾していて、
人の幸せなんて考えてたら、それはそれでやさしいかもしれないけど、
自分が傷つくよ。
でもへこまずに次に行け、というようなことが歌の端々に盛り込んであります。

I LOVE YOU.JPG

最新アルバムの「I LOVE YOU」では私は
「キャンディ」で自分の中のときめきを見つめ、
「ランニング・ハイ」で自分の中の向上心をあおり、
「Sign」で日常に幸せを見出す、という楽しみ方をしています。
posted by H.A at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月17日

季節行事

2005年11月17日はやはり飲みすぎた日。
三越のエノテカまで買いに行く時間がなかったので、
近所のセブンイレブンへ。
セブンイレブンのワインだと侮るなかれ。
ソムリエの田崎さんが選んだ(ものらしい)

酔っ払ってヒーターの前で寝込んでしまいました。。。

2005ボジョレーヌーボー1.JPG
posted by H.A at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月20日

ノルウェイの森

村上春樹の「ノルウェイの森」は私の青春時代を代表する一冊。
まだ初々しくて青かった私は、これを読んでゴーゴー泣きました。
この中で、主人公のワタナベ君と直子が二人でひたすら歩くという場面があります。
この道を辿りたいと、長年思っていましたが、ようやく実現しました。

木枯しが吹く空気の透き通った11月の土曜日。
天気は晴れ。絶好の夢の実現日。

「僕と直子は四ッ谷駅で電車を降りて、」
スタートは四ツ谷駅です。

「線路わきの土手を市ヶ谷のほうに向けて歩いた」
風を受けながら歩きました。
ふと右を見ると釣り堀が。

市ヶ谷釣り堀.JPG

お、これはもしかして、TBSドラマ「今夜一人のベッドで」で
瀬戸朝香と要潤が出会うところではないか!

それにしても風が冷たい。
よって耳がちぎれるまえに。途中で知る人ぞ知るホテルでお茶。
The Agnes Hotel and Apartments Tokyo

アグネスホテル.JPG

無国籍風でオシャレな内装に家具たち。
いただいたアールグレイのお茶も美味。
あ〜 幸せ喫茶店
ここのホテルにはまた来よう。

「彼女は飯田橋で右に折れ、お堀端に出て、それから神保町の交差点を越えてお茶の水の坂を上り、」
歩く歩く、風を受けながら。
近代的な明治大学を見上げながら、トイレを借用したのが、
文筆家の方々が缶詰めになるという 山の上ホテル。

山の上ホテル.JPG

缶詰めされる身分になるぞーーー!

「そのまま本郷に抜けた」
抜けましたよ。
で、右手に見えてきた 東京大学。

東大赤門.JPG

今度ゆっくりキャンパス見学したいものです。

「そして都電の線路に沿って駒込まで歩いた」
都電の線路は今ないので、ひたすら歩きました。
このあたりはお寺が多いなあ。

「ちょっとした道のりだ。駒込に着いたときには日はもう沈んでいた。穏やかな春の夕暮れだった」
もうね、最後は惰性で足が動くほど、歩きました。
10時半出発で駒込についたのは14時半ごろ。
途中45分ぐらいお茶したから、3時間ちょっと歩いたかなあ。
秋の昼下がりだった、んですけどね。

「我々は駅の近くのそば屋に入って軽い食事をした。喉が渇いたので僕は一人でビールを飲んだ。注文してから食べ終わるまで我々は一言も口をきかなかった。僕は歩き疲れていささかぐったりとしていたし、彼女はテーブルの上に両手を置いてまた何かを考え込んでいた。TVのニュースが今日の日曜日は行楽地はどこもいっぱいでしたと告げていた。そして我々は四ツ谷から駒込まで歩きました、と僕は思った。」

当然駅の近くのそば屋に入りました。
ビールも飲みました。

「直子はテーブルに肘をついて、しばらく壁にかかったカレンダーを見ていた。」
肘をついて、カレンダー見ました。
ここまでするとアホですねえ。

夢の実行で達成感、充実感に満ち満ち、あ〜幸せ。
小説と一つ違うのは、ワタナベ君と直子はひたすらだまって歩いていた。
しかし友人と私は、人生観、職業観、恋愛観、結婚観など機関銃のようにしゃべった。

あ〜面白かった。
なんだか、お正月とお盆とクリスマスと卒業式と入学式と成人式とお誕生日会とがいっしょにきたような一日でした。

ちなみに最後はコンラッドホテルでお茶。
以上、食べすぎ、飲みすぎ。


posted by H.A at 10:47| Comment(4) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月22日

13階段

第47回 江戸川乱歩賞を受賞した「13階段」高野和明/[著]読みました。
ハラハラドキドキ、最後でどんでんがえし。
面白く読めたので、待ち合わせなど有意義に時間つぶししたいときにはいいかも。
待ち合わせ相手が来ても、読み続けたい!というリスクはあります。
ご用心を。
posted by H.A at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

クールガイ

先日椛D井総合研究所主催の「情熱経営フェスタ」に聴講に行った。

情熱経営フェスタ.JPG
4名の方が講演されるものだったが、二人目の途中から入った。
3人目の五日市剛さんの、
ツキを呼ぶ言葉は「ありがとう」と「感謝します」であるという講演は
当たり前のことをおもしろおかしく、体験談を交えながら話してくださり、
とてもよかった。
4人目の椛D井総合研究所の取締役常務執行委員の佐藤芳直さんの話も
常々私が考えていることを、
彼の視点で体系的に知的に高質にまとめてあり、勉強になった。

たまに人の話をきくのも良いものです。

それにしても、なぜ私がこのような根性系の講演に行ったかと言うと、
私の周囲で、賢さナンバースリーの一人である
庄子素史さんからの紹介であったから。

庄子さん.JPG

庄子さんは今は椛D井総合研究所のコンサルタント。
前職は某テーマパークでミッキーマウスをしながら、
営業企画をしていた。

というと彼はいつも怒る。
「ミッキーに人は入っていないですよ」
しかしいつも私はしつこく、「入っていたという」
必ず彼は「違う」という。
お互い筋は曲げない。

営業口調でクールっぽく話すところが玉にキズだが、
視野も広く、知識も豊富で、
何より考え方が柔軟で高尚で良い。
高尚ぶりすぎるところも玉にキズだが、許してやろう。

お互い人付きあいが苦手なところが共通点ではないかと思っているのだけど、
きっと彼は否定するだろうなあ。
posted by H.A at 11:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「大停電の夜に」

「ALWAYS 3丁目の夕日」とどちらを見ようか迷い、時間の関係で標記に。
途中、寝ました。いつものことです。

うーーん、優しい気持ちになる内容。淡々とした進行。
世の中いろんな人がいて、辛いこともあるけど、ささやかな幸せを大事にしながら生きてるーーー、みたいな内容。
時間と心に余裕があるときに見たら、きっと心にしみる。
私は昨日から忙しくてバタバタしていたので、謳歌できなくて残念。

お酒が飲みたくなる映画。
大きくなったら、ジャズバーのマダムになろうかなあ。

ところで、
通路挟んだカップルが、鯨飲馬食状態。
静かな映画のBGMは、彼らの食べ物を咀嚼するバリボリバリボリ。
うるさい。
ジュースもわざわざ氷を揺らす。
おまけにポップコーンを最後の一粒まで食べようと、
カップを逆さにして、口の中にポンポン。

私が温厚であることに感謝せよ。
posted by H.A at 21:30| Comment(0) | TrackBack(3) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月24日

かわいいOLだった頃

むか〜しむかし、私が若くてキャピキャピしたOLだった頃、
会社や社会の仕組みなど何もわからず、
働くこともファッションと捉え、毎日お気楽に過ごしていました。

唯一不思議で合点がいかなかったことは、
通常はやさしくてチヤホヤしてくれているいい歳をしたオジサマたちが、
役職の高い低いに関わらず、
私の直接的な責任ではないことに対して、
時折嫌味を言ったり、声を荒立てたりすることでした。

たとえば、口の立つ私の上司に対する不平不満、言いたいこと、クレームなど。
一度は上司のタクシーチケットの使い方に対して大きな声で怒られたことがありました。

一つ上の女性の先輩が、
「みんなね、辛いのだと思うのよ。
もって行き場が無くて、一番弱い、言いやすい私(達)に言ってくるのだと思うよ」
とポツリ。

そっか。。。
みんな辛いのか、でもいやだな。
早く大きくなって、嫌味など言われない立場になりたい!と強く願いました。

その後、今の職業に転職しました。
この職業は基本的人権が大変尊重される職業で、
理不尽な扱いを受けることはなくなりました。あーよかった。

しかし、今日久しぶりに、人から八つ当たりをされました。
どこにももって行きようのない憤りをぶつけられたのです。
突然のことで、久しぶりで、おなかもすいていたし、
つい、はじき返してしまいました。
まだ私はピチピチギャルのようです。
他人のサンドバックになるつもりはありませんが、
どうしようもない想いを受けとめてあげられる人間でありたいものです。

そして自分がそんな想いを抱いたときには、
自分で飲み込んで消化できる強さがほしいものです。

ここのところ調子よく毎日過ごしていましたが、
少し自省し自制し、ふんどし締めなおします。
posted by H.A at 21:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月26日

本格珈琲 昭和

時間があったので、いつもと違う道を通って池袋駅へ。
何か面白いものはないかと、キョロキョロしながら歩いていたら、

「本格珈琲 昭和」
(西池袋3−24−3)

私は平成をエンジョイしてますけどね、週末に池袋で会う人たちの中には
「昭和」にノスタルジアを感じている人(達)が!
ついつい階段を下りました。

ブレンド珈琲とチーズケーキ。

ブレンド珈琲には「平成ブレンド」と「昭和ブレンド」。
私は平成をエンジョイしてますけどね、
「昭和ブレンド」頼みました。

おいしーーー!
思わず口にだすと、お店の人がにっとしました。

レコードプレーヤーがあったのでレコードかけるのかと聞くと、
置いているだけらしい。
雰囲気のあるお店なので、歴史があるのかと思いきや、
3年前にオープンしたらしい。(トイレがきれいさ)
なぜ「昭和」か、と根掘り葉掘り。。。

たまたま不在のマスターが、個人経営の喫茶店が最近はつぶれてるから、
復活させたかったこと、
マスターが学生時代に喫茶店にたむろしてたから、
カフェではなく喫茶店をしたかったこと、などアルバイトらしきスタッフから聞きました。

一人でぼーっとカウンターに座っていられるお店。
私は平成をエンジョイしてますが、
昭和好きな友人を誘ってこよう。
posted by H.A at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月27日

ALWAYS 3丁目の夕日

センスのあう友人から「お勧め」とメールもらった映画。
笑いながら泣きました。
堤 真一がごーーーっと怒るあたり。腹を抱えて笑いながら、何だか切なくて涙が出る。
一生懸命喜怒哀楽している様子がいい。
あっという間の二時間。
オススメ。

三丁目の夕日.JPG

薬師丸ひろ子。。。セーラー服と機関銃は遠い昔 −_−(遠い目)
posted by H.A at 22:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

島耕作とAB型

常々読破したいと思っていたのですが、「課長 島耕作」から始まり
「部長 島耕作」の10巻まで読みました。
弘兼憲史の人間観察力と表現力に脱帽。

「部長 島耕作」4巻の最後に付録「島耕作を華やかに彩る女性模様」があります。
こんなにもてないだろう!?と思うくらい女性がガンガン出てくるのですが、
その女性のなりと関係が列記してあります。
ガンガン女性が出てくる中でプライオリティが明確なのですね。
島耕作が永遠の恋人と思っている大町久美子がダントツ一位。
で、大町久美子の血液型の設定がAB型。
聡明な女性として描かれているワイン通の新宿のチャコのママもAB型。

ふっ、私もAB型。。。(だから、なんだ!)

いろんなことが気になるAB型は、我ながら面倒くさいなあと常々思っていたので、救われたような気分になりました。
弘兼憲史の好みなのでしょうが・・・
posted by H.A at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月29日

ドラゴン桜

「学歴なんて関係ないっすよ」
と言って説得力があるのは、やっぱ
東京大学に入学した人ではないだろうか!(日本では)

で、せめて匂いをかごうと行って来ました、東京大学。

東大歩道.JPG

正門から安田講堂までの歩道。
観光客が多くてね、写真とってるんすよね〜いやだなあ、もう。

安田講堂.JPG

三島由紀夫がいませんか?これが安田講堂。

その地下にある学食、行きました。
くら〜い階段下りるとそこは学食。
赤門ラーメン.JPG

名物(だと思う)赤門ラーメン。
麺の上にマーボー茄子みたいなのが掛かっていて辛い!

その後、三四郎池へ。
三四郎池.JPG

学生時代に、この池のそばで缶コーヒー飲みながらデートする身分であったら、私の人生もかわっていたのか!?

賢い空気に触れて、脳も洗練された感じ。
キャンパスは木が多くて大きくていいですねえ。
見上げてたら、首がぼきっというくらい大きい木がすき。

不忍池がすぐ横なんですね。
スワンボートには乗ってませんよ。
不忍池.JPG


posted by H.A at 20:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする