2005年10月01日

祝結婚

以前勤務していた自動車メーカーの同期の
金本絵里さん
アメリカでアメリカ人と結婚しました。
おめでとう!

金本さんとは、「組織」という枠の中で
いかに自己実現しながら働くか共に悩んだ仲間。
数年前の早期退職制度を利用して
金本さんも私も、新卒で勤務していた自動車メーカーを離れ
新たな道を選択した同志です。
金本さんはアメリカで経営学を学び始め
活動範囲を拡大し、自己研鑽に励まれたようです。
しばらくは「奥様」を満喫するみたいだけど、
きっとそのうち何か始めるんだろうなあ。

金本さん.jpg

何か一緒にでっかいことしよう!
posted by H.A at 08:41| Comment(3) | TrackBack(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

ビジネスシミュレーションチーム

経営学を共に学んでいる仲間です。
ビジネスシミュレーションのゲームのチームメンバーです。
ようやく初めて4人全員で顔をあわせることができました。
といっても佐藤さんが仕事で少し遅れて合流、
小具さんは翌日青森に飛ぶということで
早めにお帰りで
4人が同じ空気を吸っていたのは20分程度。。。
時間ではない、中身の濃さで勝負ですね。

チーム2.JPG
左から企画会社を経営している佐藤 敦さん、
私、
マーケティングのコンサルタントをしている小具 龍史さん、
証券も製造の経験もある林 賢明さん。

う、小具さんの顔が林さんの顔で隠れている。。。
ではもう一枚。

チーム1.JPG

優秀な皆さんと一緒にチームを組めることに
誇りを感じると共に、
自分の知識と経験と能力の無さが申し訳なくて
胃が縮む思いをしています。
迷惑をかけないようにがんばりますので
よろしくお願いします。
posted by H.A at 20:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強仲間 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

季節を感じる

庭の金木犀が良い香りを一面に漂わせています。
先日は(と言っても9月中旬ですが)朝散歩をしていて
彼岸花を見つけて、
慌ててお墓参りに行きました。
おはぎも食べました。
日ごろの雑事に追われて、季節の移り変わりに気づかないことは情けないものです。
「忙しい」というのは
人間の高慢の象徴だと思います。
とはいえ、働かなきゃ食べていけないし、
働いてるとなんだかんだあるし、股さき状態で、どうしろっちゅうねんむかっ(怒り)
と、いちいち悩みながら
朝起きて、トイレ行って、ご飯食べて、出かけて、お風呂入って、寝てという毎日を
繰り返していくんでしょう。
金木犀.JPG
posted by H.A at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

VENTO

比治山大学の一般向け広報誌「VENTO」に粟屋ゼミのグループが取り上げられました。
2005年度の粟屋ゼミはABCの3グループ。
その中のCグループが「若者に魅力ある広島市民球場」という調査研究をしています。
それが掲載されました。

広島市民球場の建替えについて少し前から物議をかもしていましたが、
若者の意見を反映させたい!という思いから取り掛かった研究です。
現地調査をし、アンケート調査をし、アイデアをまとめ、
7月末には広島市の市民球場担当課長さんへ、
8月末には広島東洋カープの総務部長さんへ、
提案にいきました。
その様子が取材されたのです。

このCグループ5名は別名「ライダーズ」。
皆原付で動き回る元気な女子大生たち。
一緒にいるとおもろいですよ。

かわいい「ライダーズ」をよろしく。

VENTO.JPG
posted by H.A at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月09日

フィランソロピーについて

渋谷に事務所を持つNPO SERVICE FOR PEACEの
伊藤さん(右)と橋本さん(左)。
企業の社会貢献活動についてお知りになりたいとのことで
お会いしました。
調子にのってしゃべりすぎる私の話を
にこやかに聴いて下さるお二人。
志の高いお二人は、なんだか崇高。
一緒に話してても空気が透明なんですよね。

学生時代にボランティア活動に励んだ人が
企業に就職して後、継続が難しいという課題などについてディスカスしました。


SFP.JPG
posted by H.A at 21:41| Comment(0) | TrackBack(1) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コーヒー

コーヒーその1.JPG
コーヒーが好きです。
特にイノダコーヒーが好き。
余裕のあるときは豆をミルで挽いてゆっくりコーヒーを味わいます。
至福のとき。

しかしっ、
胃を壊しているので最近は
一日一杯でがまんしている。
(それまでは5杯、6杯・・・)

体のことを考えて高麗人参茶なんか飲んでみたり・・・
(黒木 瞳がいつも飲んでるらしい)
高麗人参茶.jpg

ところで、飛行機で出るコーヒーはまずいふらふら
JALもANAもどちらも。
よくあそこまでおいしくないコーヒーがいれられるものだと思うほど。
よって私は飛行機では
熱い日本茶かスープを頼みます。
でもね、昨日は機内で
ちょうど読んでいた小説にコーヒーを飲む場面があり、
ついコーヒーが飲みたくなりました・・・

案の定
まずい。。。
おまけに
おなかも痛くなる。。。
有料でもいいからおいしいコーヒーを機内で飲みたいものです。


posted by H.A at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月10日

秋の花火

夏の名残の花火をしました。
季節はずれの10月10日。
夏が終わったとは思っていましたが、時の経つのは早いものです。

秋の花火もいい。
まず、暑くない。
汗と煙で体がベトベトというのはない。
涼しい風のなか、純粋に花火を楽しめます。
こうして考えれば「夏に花火」とうのは不適切かも。
暑い中熱い火を扱ってよりあついあつい
秋の花火.JPG
posted by H.A at 19:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女子大生の事件簿

簿記を少しかじって興味をもち、
山田昌哉氏の本にはまっています。
「女子大生会計士の事件簿」1から4まで読破exclamation
軽いミステリーを楽しみながら会計が少し学べるというもの。
さらっと読めますよ。

女子大生の事件簿.JPG


その他にも移動途中の時間を使って読みました。
「半落ち」横山秀夫著・・・映画と少し違うやん。映画もよいが小説もよい。
「冒険の国」桐野夏生著・・・処女作らしい。初々しい。グロテスクな感じはそこまでしない。
「池袋ウエストパークW」石田衣良著・・・私、池袋っ子ですからね。身近ですよね。
「スローグッドバイ」石田衣良著・・・短編集ですが深い。
「疾走」重松 清著・・・うーーん。こういうのは苦手だけど「孤独」「孤立」「孤高」あたりは納得。みんな「ひとり」なんだよね。「上」が見つかんないんだけど、どこいったんだろ。

半落ちなど.JPG

本好きな人って少ないんですよね。
読書観など語れる人ってホントいない。
残念・・・
posted by H.A at 20:03| Comment(2) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

「弱い」女

高校時代に男子友人A君が女子友人Bちゃんのことが大好きでした。
A君曰く「Bちゃんはとても美人だし、弱いから僕が守ってあげないと!」

OL時代に男性知人Cさんが女性友人D子ちゃんのことが大好きでした。
Cさん曰く「D子ちゃんはかわいいし、弱いから僕が守ってあげないと!」

あほか!
BちゃんもD子ちゃんも確かにルックスがよいのでよくもてていました。
しかし、強いぞ。二人とも。
砂漠の中で一人で永遠に暮らせるぐらい強いぞ。
オトコというのは、少なくとも彼らは、
何を持って「弱い」と判断するのか。

今、年をとってみて思うに、
きっと彼らは弱い人間で、だから強そうに見せたくて
自分よりも「弱い」(そうに見える)彼女をスキだったのでしょう。
彼らの恋は両方とも躊躇無くリジェクトされました。
実ったとしても、彼らは守れはしない、
何かあれば逃げるタイプ。
少なくともCさんは既婚者でしたしね。

一方、ウンナンのウッチャンが結婚するときに
「彼女の(性格の)男前なところに惹かれました」と言ってた。
これはね、きっと彼女もステキなのでしょうが
ウッチャンもナイスガイだということを顕している発言だと思います。

性格が男前なオンナでありたいものです。

posted by H.A at 08:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月16日

学生時代の友人

大学時代からの友人 森田久美子(千葉県在住) に息子が生まれたので
お祝いに行った。
学生時代には10人弱でつるんでいたが、
彼女は親分肌。
旧姓 井上 だったので皆「井上組」というつるみ仲間だった。
当然彼女のあだ名は「久美(組)長)。
つまり、私は二代目の誕生祝にかけつけご挨拶を申し上げる組員という立場。
二代目の写真を撮影しようとしたら、
デジカメの電池が切れたのは何か意味があるのだろうか・・・

なかなか二代目に恵まれず、
このまま夫婦二人で仲良く年老いて行こうとライフデザインした矢先の妊娠に
とても戸惑っていた彼女。
(二馬力で働いていたので、リッチだし、時間はあるから夫婦でスポーツジム行ったり、
週末は待ち合わせしてデートしたりととても楽しそうであった)
まだ三ヶ月の息子の世話をし、
鍛えようとしている姿は幸せそうなだけに、
どうも組長には不似合い。。。
なんだか性格も穏やかになっちゃってたらーっ(汗)

来春には仕事復帰を狙っているとのことなので、
二代目のすくすくとした成長を祈りながらも、
組長とまたいろいろ熱く語り合えることを
楽しみに待つこととする。
posted by H.A at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 友人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春を待つ

今の季節、金木犀やシュウメイ菊が庭を彩っていますが、
春を楽しむために、仕込みました。
(球根を植えました)

イフェイオン ウィスリーブルー
イフェイオン ウィスリーブルー.jpg

オキザリス バーシカラー
オキザリス バーシカラー.jpg

スノークロッカスミックス
スノークロッカスミックス.jpg

春にはうまく育てば、これらの花が見れると思うんだけど。
人生も植物と一緒。
苦労や努力は先に花咲く。
その準備をするかどうかの違いが大きいのでしょう。

posted by H.A at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホスピタリティの仕事

羽田発 最終の飛行機。
機内は照明も落とされ、とても静か。
その中、延々とキーキーと響き渡るフライトアテンダントの声。

彼女の真正面に座っていた客人が話しかけたことが引き金となり
彼女のおしゃべり心に火をつけたらしい。
客人に話しかけられたことに対する答えであるなら
話し声もいたしかたないと思うのだけど、
そうでもない。
過剰な対応である。
おまけに語尾を上げる自己愛独特のしゃべり口調。

うるさい・・・

シートベルト着用サインが消え、
業務のために席を立った彼女。
しかし静寂はつかの間。
ゆれがひどいため、飲み物サービスは控えるとのこと。
着席したフライトアテンダント。
自ら話しかけ、自分達の雇用システムや制度について説明している。

うるさいどんっ(衝撃)

お客様は目の前の男性だけではないわけで、
その他の客人、少なくとも
私の付近にいた客人は同様に迷惑だったと思う。
ホスピタリティ業務を遂行する彼女は
目の前の一人の男性に対しては最高の応対だったかもしれないけど、
その他に対してはどうよ。
posted by H.A at 21:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月17日

満月

我が家の出窓から大きくてまん丸な満月が見えます。
空気が透き通ってきました。
posted by H.A at 19:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月19日

粟屋ゼミのかしまし娘たち(一部)

かわいいゼミ生です。
今は「学生の視点でみた企業の社会貢献」の2005年度版、第三弾の冊子の原稿を書くのに、ひいひい言っています。
なぜならいつもは天使のような粟屋センセが厳しいからです!
原稿はつき返すか、真っ赤にして返すかで、皆大変。
学生の醍醐味は卒論たい。がんばれ。

ゼミ生2 05.10.18.JPG

なんてったって、署名入りで冊子をつくるのですから、ちゃんとした文章に仕上げなければいけません。
この冊子は企業などに配布しますしね。

2003年度から作りはじめた「学生の視点でみた企業の社会貢献」。
「継続は力なり」で今後も作り続けたいものです。
ちなみに、今年度は「メセナ編」と「まちづくり編(広島市民球場)」
お楽しみに手(チョキ)

CIMG0444.JPG
posted by H.A at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 学生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

ホテルに常備

いつも宿泊するホテルに常備しているもの。
左からボディスプレー、クレンジングオイル、シャンプー、歯磨きこ。
ホテル常備.JPG
posted by H.A at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラーメン激戦区の池袋

勉強の後、ラーメンを食べにきました。
「光麺」テレビでも取り上げらているそう。
麺がアルデンテで美味。
スープはもう少し辛くてもよいかも。
スタッフの人の対応もよく、
店内もコンクリ打ちっぱなしっという感じでオシャレ。
あー、おいしかった!
ラーメン光麺.JPG
posted by H.A at 09:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学び舎

経営学を学んでいるところです。
足を踏み入れるたび身が引き締まる思いです。
立教1.JPG
立教2.JPG
立教3.JPG
posted by H.A at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋は忙しい!

食欲の秋、スポーツの秋、読書の秋と気候のよい秋は、何かと行事が多い。
今日の日曜日もわんわんさ。
まず、午前中は町内会の運動会。
これは大人が応援にも競技にも燃えました。
町内会運動会.JPG

途中で抜け出し、我が教え舎(学び舎に対して言葉を作ってみました)、
比治山大学の大学祭へ。
10月22日の土曜日、23日の日曜日と開催。
昨日は映画「ちゃんこ」の無料上映会が!
比治山大学の高橋学長が、
6月まで広島大学の福学長だった関係で、
出演までしているという。
今日の平均年齢21歳の神楽演舞も動きにキレがありよかったとのこと。
残念ながら私は見れてないのだけど・・・

過ぎてみると懐かしくて愛しい学生時代。
大事にしてね。

比。山際.JPG

このほかにもお世話になっているSPF主催の
ボランティアフェスティバルが広島市の市民交流プラザで開催されてる。
このパネルディスカッションのチェアマンの依頼を受けたのだけど、
残念ながら上記のスケジュール等で応諾できず残念。
というのもそのパネルディスカッションのテーマが
「ボランティアは教育で義務にすべきか?」
私の最も興味のある一つ。
また何かでっかいことやりましょうね。


posted by H.A at 20:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月25日

負けるが勝ち

日曜日に町内会の運動会があり燃えたことは以前書いた。
特にリレーが応援してる側は責任がないのに、勝敗が見えやすいので燃える。
そこで面白い出来事があった。

小さい子から順にリレーは走るのだが、
私の居住域は前半ダントツ最下位の5位。
それもぐーーんと引き離されての5位。
ところが4番目に走った少年が早かった。
4位に追いついた。
その後も4位にくっついた5位のままアンカーへ。

アンカーの男性、一見速そうにみえなかったのだが(すみません、失礼なこと書いて)
涼しい顔して速い!
まず一人抜いた。
抜かれた男性は悔しそうに帽子を投げ捨てながらはしる。
次の一人も抜けそうだ!
皆が声を上げて応援する。
もう少し、もう少し、がんばれ、行け行けーーーーーーーーーーーーーっ

どてっ

ゴールの前、どてっともつれあって二人ともこけた。
ひええーーーー
とともに大笑いが会場中に起こった。
3位は難なくゴールインできた帽子を捨てた人。

あそこでこけるっていうのもありだよな。
町内会の運動会だから速くて勝って、そりゃうれしいが、
この場合はみんながハッピーなほうがいい。
帽子を投げ捨てた人もこれでかっこうがつくし。

こけたのわざとかな、なんて思うと心がホカホカする。

posted by H.A at 08:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月26日

早寝早起き&手作りお弁当

早寝早起きが気持ちよい。
昼間、がーーっと働いて、頭も体もものすごいスピードでフル活動をさせ、
夜大好きなドラマもそこそこにこてっと寝る。
だから朝4時過ぎに目が覚める。
ベッドでまどろみながら5時ごろ起き出し、
勉強したり、仕事したり。

外も明るくなってきたら、朝食の準備。
そして、なんと最近はお弁当作って職場へ。
以前は途中で買って行ったり、学食で食べたり。
学食の量は私には多いし、
コンビニのお弁当は胃痛もちの私には不適当だと
比治山大学の職員の松田谷さんにアドバイスを受けた。
よってお弁当。
とても人様にお見せできるものではないが、
野菜たっぷりで、体にはよい。

たくさん寝て、体にいい粗食を食べて、
一生懸命動いて、働いて、なんだか体調も心の調子もいいぞ〜
基本は大事だにゃー。
posted by H.A at 06:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

僕らはみんな生きている

カメムシもがんばっているのです。
今日は大きな写真で行きますよ〜

カメムシ1.JPG

反対側から見ると

カメムシ2.JPG

近くの踏み石にも

カメムシ3.JPG

踏み石の向こう側、小さな丸石にも何匹もくついてるのわかります?

なんだかすごいのよ。
庭にはいつくばって撮影してたら

ジャリっ・・・

じゃりって踏んだわよ、カメムシたくさん。

ブログ書きながら、拡大写真見ながら
なんだか体中が痒い私・・・
みんな生きてるんだって。わかってるって。
posted by H.A at 22:55| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

セレブな世界

先日、東京成徳短大の浅岡柚美先生と帝国ホテルのチチェローネでお食事をしました。
浅岡先生は企業から大学の教員になったという経歴でも先輩であり、
MBAを学ばれた先輩であり、
私が経営学を学ぶきっかけとなった先生。
いつも美しくオシャレで皆に慕われてカッコイイ、とても素敵な先生です。
よって、私は、この私が緊張しました。
仕事の話、勉強の話、プライベートな話など、私にとってはとても充実したひととき。
今後ともご指導くださいませ。

チチェローネ.jpg
posted by H.A at 20:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月31日

東京タワー

リリー・フランキー/著の「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」を読んだ。
東京タワーの見える部屋に住みたい私は、タイトルに惹かれたから。
作者は私より少し上の世代。
昨年ダウンタウンの浜ちゃんが歌った「チキンライス」に雰囲気が似てる。
今から思えば、あのころと比較したら、
今ってリッチだよね。
何でもあるし、何でも手にはいる。
私が大人になって自由になるお金をもっていることと
時代の変化と二つ要因はあるよね。

この小説は大好きなお母さんとのつながりを息子の視点で書いたもの。
老いていくお母さんと、
仕事で成功する筆者の対比が切ない。
自分が成長するってことは、
親がそれだけ心身を削ってるってことなんじゃやない?

東京タワー.jpg

posted by H.A at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ホームページ

ハロウィンの今日アップしました。
情報発信しますよーーーーーー!
http://www.hijiyama-u.ac.jp/users/awaya/
感想お聞かせください。
posted by H.A at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする