2020年10月30日

企業の社会的責任論(CSR)研究の覚書

今期より立教大学大学院のビジネスデザイン研究科で「CSR論」の講義を担当している。
院生さんとCSRについて議論しながら、改めて疑問が続出している。

疑問とは、企業の社会的責任のあるべき姿と、実態に乖離があるということだ。
だからCSR論などがあるのだが、
「社会的」を省いたとして、企業の責任のあるべき姿と、実態にも乖離がある。
と書きながら、「社会的」を含有しない企業の経済性はあり得ない。

顕著な例が、三菱重工のスペースジェット事業の残念な結果。
企業が自費で、技術開発のトライ&エラーを行うのは、
株主が将来への投資として解釈するならありえるとしても、
経済産業省などが「空力設計や先進操縦システムの開発のために約500億円の補助金を拠出」してきたとのこと。
(日経新聞2020年10月23日 20:27 の記事より)

500億円って経済産業省が生んだお金ではなくて、税金なわけで、どうするん?
といった感じだ。
政府の責任も問いたい。

社会の中に存在する企業は、自らが生じた財サービスを市場交換して利益を得、
それを将来に投じて継続する。
企業のすべきことはただ、それだけで、現在は「サスティナビリティ」の言葉で語られる。
それが難しいということか。

と、疑問に思うのが青いのか。

責任の考え方は、「鬼滅の刃」のコンセプトでもある。
煉獄さんのお母様の言葉
「弱き人を助けるのは強く生まれた者の責務です」

弱い強いは比較論だから、きっと皆、誰かより強いので何がしかの責務をおっている。
うーーーーん(-"-)。
研究しよう。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「弱き人を助けるのは強く生まれた者の責務です」

TBS「マツコの知らない世界」で最近のカレーパンの高質化と低カロリー化を知り、
パン屋でカレーパンを見つけると、積極的に購入している。
時折、残念なそれもあるが、総じて美味しい。

200円前後のものが美味しいのは当然として、
セブンイレブンのカレーパンは120円だったかな、秀逸だった。
おススメ☆☆☆☆

他方でローソンでは、「鬼滅の刃」フェア中。
そこで見つけた日本国中の涙を誘っている煉獄さん♪
焼きカレーパンだそう。

IMG_0054.JPG

煉獄さんと、煉獄さんのお母様の言葉
「弱き人を助けるのは強く生まれた者の責務です」が思い出されます(´;ω;`)ウゥゥ

ただ、カレーパンはセブンイレブンに軍配。
posted by H.A at 09:32| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月29日

鬼滅の刃は、涙でメガネがくもる

昨日昼間、ふと思いついて調べたら、レディースデーだし、
夕方の回が、ほぼ満席(コロナで1席あき)ながら、たまたま後部通路側の席が1席開いていたので、GO!
ネットフリックスではまりましたからね。

映画「鬼滅の刃」鑑賞。

IMG_0050.JPG

これはね、いい。
ストーリーも面白いし、映像もきれい(同アニメを教えてくれたアニメに詳しいママ友も絶賛)。
何よりコンセプトが高尚。

IMG_0051.JPG

後半は涙があふれてメガネがくもる。
マスクしてて、苦しいが、泣けてしかたない。

18時20分からの回ながら、小学生男子も多かったが、
こうした質の高い内容の映画が日本で創られ、老若男女に流行るというのは、
まだまだ日本は救われる。

文部科学省は小学校の道徳教育に「鬼滅の刃」を用いたらよいと思う。

飛行機作りにはとん挫した我が国ではあるが、
サブカルチャーでの存在感はまだまだ継続できる。


炭治郎と煉󠄁獄さん♪
IMG_0052.JPG

おすすめ
☆☆☆☆☆
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

光のある部屋へ

ソフトバンク光が息絶えたかと思ったら、
その後生き返ったり、と三途の川をうろうろしているので、
ソフトバンクに連絡をとった。

こうした携帯会社の電話は繋がらないのは常であることは、
以前より何度も経験済み。
2年前の2018年9月にはNTT回線の不具合で慌てている。

根気強く電話がつながるのを待ち、
新しいものを届けてもらい、なんとかこれでしばらくはOKだろう。

それにしてもネットのリスクマネジメント、いかがすべきか。
やはりiPhoneのテザリングを契約したほうが良いだろう。

躊躇しているのは、月に500円かかるから。
私もせこい。

ちなみに私はついこの間まで「デザリング」と思っていた。
「で」ではなく「て」とのこと。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月28日

吐息でネット

当ブログを愛読してくださっている奇特なあなたは、
突発事項に弱い私が、リスクマネジメントに抜かりないのないことはご存じと思う。
大学での対面講義は、PCの不具合、zoomの不具合などの経験より、
PCは二台、zoomも二つからインと、
ハードとソフトに関する二重措置は施してきた。

先日の経営戦略論の講義。
「皆さん、こんにちは、粟屋です。今日は・・・」
と気持ちよく始めたところで、なんと、我が家のソフトバンク光が落ちた。
ハードやソフトではなく、ネットの問題なのでPC2台ともNGだ。

いかん!

突発事項に弱い私は慌てながら、いや待て。
こういう時には、wifi無くても繋がるiPhoneでzoomに入り、
まずは学生さんに声をかけよう!としたら、
がーーん。

先日新しいiPhoneにしたばかりで、まだzoomをダウンロードしてなかった。
慌てるので操作を誤る。
とりあえず同講義を受講しているゼミ生にラインし、
皆さんに少しお待ちいただく旨の伝言を託した。

wifi使えずに
どうする!?
どうする!?

wifiが落ちたので、私だけでなく在宅勤務の家族が右往左往する。
とりあえず、家族のルーターを用いることとなり、その場は乗り切った。

ハード、ソフトに加え、ネット環境のリスクマネジメントも大事であることを再認識。
まさかソフトバンク光が息絶えるとは・・・青色吐息だ。

だからというのではないが、南野陽子の「吐息でネット」をどーぞ。
ご存じ?
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | お仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする