2019年01月16日

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」

映画「ぼけますから、よろしくお願いします。」

私と同郷 広島県は呉市生まれの信友直子氏が、
監督・撮影・ナレーションを務め、
広島県呉市に暮らすご両親の老いていく姿を、記録したドキュメンタリー映画です。

IMG_0697.JPG

冒頭より、懐かしい呉の港町の様子が映し出されます。

聡明で優しくて、いろいろなことに意欲的だったご両親が、
老いて、足腰も弱り、普通の生活をすることが徐々に難しくなる。
お父様は耳が悪い、お母様は認知症になる。

呉に帰ってこようか、と尋ねる娘に、
戦争により東大進学の夢をあきらめた父親が、
代わりにその夢をかなえてくれた娘に、
あんたは自分の仕事をしたらよい、と言う。

男子厨房に入らずの世代の父親が、
火事ができなくなった妻に代わり、
買い物をし、ご飯を作る。

自分がおかしいと、泣き叫ぶ母親。
淡々と世話をしている父親も、我慢できなくなって、言い合いになる。
辛い、死にたいという母親。

二人だけの生活は難しいのに、
介護の制度などを受け入れるのにも、ご迷惑がかかると拒否反応。

過去の元気だった両親の様子が時折、挟み込まれ、
今との対比が如実になる。

もちろん、今の生活も、ささやかな喜びがあり、
笑みがこぼれる。



といった現実を信友直子氏が、映し出すのです。
観ていて、辛い。

翻って、一昨年、亡くなった私の父も、痴呆が進み、
皆が何をしゃべっているのかわからない、と言い、
早くお母さんが迎えに来ないかな、とこぼしていた、とのこと。
また、父の世話をする母に、介護制度の活用を提案すると、
情報不足から、それを受け入れることに、最初、母も拒否反応を示しました。
(結局、お願いをし、とても助かりました)

といった親のことも思い出されますが、
我が身も年を取る、皆年を取る。
いつまでも元気なままではいられない。
元気な時には、それに気づかない。
高齢社会の日本は、不本意ながらも自分で生活できない人であふれることになります。

どうするのか、といった問いを信友直子氏は
赤裸々に家族をスクリーンに映し出すこの映画を通して、
訴えているのでしょう。



まだ親御さんが元気な時に、この映画を観て、
覚悟を持たれることをお勧めします。
そして、自分も老いるのだ、ということを認知することも重要。
posted by H.A at 21:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

猿田彦珈琲

恵比寿というのは私にとっては、あまり縁が無い。
滅多に行かないので、アウェイ感を感じながらも、
というか感じるからか、気になる。

最近たまたま何回か行った。
http://bouchukan.seesaa.net/article/462681624.html
http://bouchukan.seesaa.net/article/461121705.html

なんだかオシャレ。

よって、現在、私の気になる街として、
神楽坂とこの恵比寿がある。
で、その恵比寿には猿田彦珈琲なるコーヒー屋さんがある。

IMG_0608.JPG

美味しいよ。
家用にも買って帰りました。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鰯雲

先日、初めて岩国空港を利用しました。
瀬戸内海を左手に見ながら、山口県は岩国空港へ向かいます。

その時の空と雲と、向こうに見える広島県は大竹のコンビナート。
IMG_0512.JPG

幻想的でした。よ。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月14日

20年経って

今更ながら観た18年12月30日の「日本レコード大賞」の録画。
http://bouchukan.seesaa.net/article/463634660.html

最優秀歌唱賞受賞者として、最後にMISIAさんが、
ドラマ「JIN−仁−」(2009)の「逢いたくていま」、
ドラマ「義母と娘のブルース(ぎぼむす)」(2018)の「アイノカタチ feat.hide(greeeen)」を歌唱。
鳥肌が立つくらい圧巻でした。

ところで、このMISIAさん、デビューして20年らしい。
で、20周年のコンサートで、
「20年歌ってきて、ようやく歌手になれました」
「皆さんに歌手にしていただきました」
と、おっしゃったらしい。


デビュー時から5オクターブの歌唱力などと言われ、うまかったのに、
20年のキャリアを積んだから、ようやく「歌手」と名乗れる、
という言葉には、高いプロ意識を持っている人のみが持つ謙虚さが伺われます。

彼女の伸びのある歌に酔いしれながら、
いたく反省。

「大学の教員してます」「研究者してます」
なんて、100年早いわ、私。

謙虚たれ、私。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいそうだよね (with HITSUJI)

2019年の鏡開きも過ぎたというのに、
今更ながら2018年12月30日の「日本レコード大賞」の録画を鑑賞。
紅白と、レコ大はちゃんと観ないと、年を越せないのです。

さて、レコ大は第60回、平成は30年で最後と記念すべき年のようですが、
大賞は乃木坂46の「シンクロニシティ」とのこと。
審査基準や審査結果の報告が無いのが不満。

私は、DA PUMPの「U.S.A.」かと思ったのですが、いかがでしょう。
乃木坂46の売上高がそれ以上にすごいということなのでしょうが、
ですから、受賞の要因を説明してほしいものです。

それにしても、アラカンのピンクレディが歌い、
80を超えたサブちゃんが歌い、
その他にもいろいろ見ごたえがありましたが、
いかんせん、CMが多すぎ。

何度もCMをスキップしなければならない。
温厚な私も、少しイラっとする。
こうして考えると国民がスポンサーのNHKの紅白はストレスが無いですね


もとい。
一番感動したのは、JUJUと最近大好きな吉田羊さんのコラボ。
「 かわいそうだよね (with HITSUJI)」
この曲、ご存知でした?
私は初めて聴いて、JUJUはもとより、羊さんの歌の上手なことに感動。

そしてこの歌の内容が、泣けるのです。
作詞作曲は平井堅さんの書下ろし。
この曲を知れただけでも、CMを何度もスキップしながら観た甲斐があったと思います。

どうぞ、じっくり聴いてみてください。
https://youtu.be/9TUL2YgWSuA
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする