2018年01月15日

癒えぬ悲しみ

月曜の朝、週末の仕事の疲れも取れぬまま、起床し支度をする。
テレビのニュースでは、あれから二年と、
軽井沢のバス事故の件。

ああ、そうか、センター試験の休暇時のスキーツアーだったから、
そうだ、ちょうど二年だと気づく。

仕事仲間のリーダー的存在の方のお嬢様が、その被害者であり、
かつ我が娘と同世代であり、
かつ職場の大学生達とも重なり、
この事故は他人事ではない。

そうはいえ、当事者でないと、つい忘れてしまう。

きっと親御さんは、そこにいるはずの我が子のいない現実が、
重しのように覆い被さり続け、
そしてそれは、時が過ぎるごとに、重くなるのだと思う。

言葉にならない。
声のかけようがない。
posted by H.A at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月12日

ふるさと納税自販機

駅構内でお水を買おうとして発見。
日本津々浦々のお水。
ふるさと納税用なので、値段もまちまち。

一番安い、宮崎に納税しました。
IMG_6028.JPG

確定申告に反映されるかな。
無理か!
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

柿の葉寿司

以前の朝ドラ「ごちそうさん」に、柿の葉寿司なるものが出てきた。
jp.tadaimajp.com/2016/06/kakinoha-sushi/

食べたことが無い。
ネットで購入しようとすると、大量にオーダーするようになる。
いかんせん、私は生魚がNGで、お寿司ももちろんNGなのだから、
大量に届いても困る。

ということで、食べられずにいた。
食べたい、食べたい、と募る想い。

ふとデパ地下を歩いていて、発見!
柿の葉寿司。
一つから購入可能とのこと。

IMG_6039.JPG

募る想い、成就。
美味しゅうございました。
posted by H.A at 05:00| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

アナログとデジタルの間で

仕事柄、新しい商品やサービスの情報はキャッチするようにしている。
かつ「効率は金」と考えているので、便利な家電などは、すぐ使う。

しかし、根がアナログ人間なので、
例えば、講義時にPPを投影するスクリーンを示すのに使用するのは、
長い棒の指示棒を愛用している。
非常勤先にも持ち歩いている。

とある企業の方は、胸元にペン型のレーザーポインターを常備していて、
会議の最中に自席からスクリーンをレーザーで示され、
その一連の動きは非常にスマートであったが、
いやいや、スクリーンをガンガン指さないと、私は気が済まないのだ。

ところで先日、自宅の洗面所に常備している体重計に乗ったら、
思わず悲鳴をあげた。
年末年始で鯨飲馬食したとはいえ、ここまで体重が増加するとは!!!

悲鳴を聞きつけ、家族が飛んできたが、どうやら、体重計が壊れているらしい。
この体重計が、デジタル。
内臓脂肪の率も測れるとのことだが、ずいぶん前からその機能は不全だ。
よって、単なる体重計と化していたが、
それも使えない。

ということで、取り寄せました。
アナログの体重計。
キティちゃんの絵付き。

いったい、この針はどちらの線を示しているのか!と思いながら乗る。
この曖昧さにアナログの魅力がある。
どちらにしろ、希望的推測で左寄り。
posted by H.A at 21:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

目立たないこと−秘すれば花なり

PRしてブランド力をつけることも大事だが、
事業や成長度合い、性質などによっては目立たないことが、実は大事だったりもする。

というのも、お正月に実家で、トランプゲームの大富豪で盛り上がったのだが、
その際、強いプレイヤーは他から叩かれる という場が何度もあった。

手持ちのカードが残り少ないことを鼓舞したり、
派手に他のプレイヤーを貶めて優位にゲームを進めると、
そのプレイヤーが強いことが露呈し、
何かあれば、強いプレイヤーの手元にカードが増える策を、
自然と連携して皆が考えるようになる。
その敵味方は、ゲームごとに異なる。

どうすればよいか。
静かに手元のカードを消化して、いつのまにか勝っているのが良いのだ。
勝つというか、ゴールに上がる。

まさに、人生の縮図だ。

某企業の社長さんは、しきりに
「目立ちたくない」と口にする。

実は、その企業はとある業界で取引高No.1。
とても「強い」企業なのだ。
それは、その社長さんはじめ企業の経営努力があって、そこまでに至っている。

よって、ヒアリングしたが、研究倫理としてこの企業のことを論文に書くわけにはいかない(笑)
私としては、いたしかゆしであるが、
私はその社長さんの「目立ちたくない」を応援したい。

となると、宣伝・広報というのはもろ刃の剣であることがわかる。
だから、SNSの情報発信は、難しい。
いかに仕事をしたかを大声で言うことが、よいかどうかはわからない。

やはり、世阿弥の「風姿花伝」の「秘すれば花なり」。
今年の私のテーマは、これだ!





ということを過去の私は考えている。
http://bouchukan.seesaa.net/article/311444312.html
などと、いちいち書くところが、
秘せずば花なるべからず で、私の残念なところでもある。
posted by H.A at 17:45| Comment(0) | 研究:経営学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする