2018年09月19日

九つの峰に守られている呉

広島空港で呉行のリムジンバスを待つ間に、もみじ饅頭。
IMG_7985.JPG

呉駅で家族と待ち合わせ、
IMG_7986.JPG

まずは、腹ごしらえに。
以前Jステーションで(懐かしい!)紹介されていた、
呉服屋さんが営んでいるカフェに行きたいと、
音戸という島へ。

海沿いを走ります。
IMG_7989.JPG

音戸大橋を渡って、島の小さな路地にカフェ。
IMG_7995.JPG

天仁庵。
http://tenjinan.jp/

ランチをいただいたのですが、この手前のお茶がとっても美味しかった!
IMG_7998.JPG


島に渡るのに、音戸大橋という昔からの橋と、
渋滞緩和のためにできた新音戸大橋とあるのですが、
音戸大橋を利用。

手前の下から写っているのが新、
先の橋は旧 の橋。
仲良く並んでいます。
IMG_8018.JPG

そして、また呉市内へ。
海上自衛隊の船を見ながら。
IMG_8022.JPG

久しぶりの呉の街。
呉線も復旧してよかった(´;ω;`)ウゥゥ

フライケーキか、びっくり饅頭か、悩んで
エーデルワイスのクリームパイ。
http://www.ownerchef-sweets.com/hiroshima/edelweiss/

IMG_8025.JPG

街を歩く人が少ないのが、寂しいけど、
呉の街はいつも懐かしい。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 追想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「負けんさんな、広島!」

ドラマ「この世界の片隅に」の最終回の翌日、
私も広島・呉入りしました。

7月の西日本豪雨により私の住んでいたあたりは、ひどい土砂災害があり、
道路、JRとも不通となりました。

公共インフラの不通により、
通勤通学に想像以上の時間を要するということを聞いていたため、
私は気になりながらも、交通渋滞に加担してはいかんと、
そのあたりに行くのを遠慮していたのです。

9月になって関係者の方々の努力の成果で、ずいぶんと日常が戻りつつあるようです。
ようやく、私も母に会いに行けました。

弟家族の車に乗せてもらって、土砂災害のあたりを通ったのですが、
道路沿いの土の露出や、大きな家の1階部分が柱だけになっている様子など、
あちらこちらに災害のひどさが見てとれました。

家は無事でも、道路がNGで陸の孤島になったであろうことも
推測されます。

東京で広島関連のニュースに気を付けていたつもりでも、
離れていると耳に入らなかった災害の実態、
つまりアッという間に人の命が失われた事実を、
広島の親族や友人からも聞きました。

西日本災害で大変なことになった広島、岡山のみでなく、
続く自然の猛威に北海道や関西も、まだ大変な様子。

被害にあわれた皆様のご無事と、
早く日常が戻ることを祈りつつ、
他人ごとではないことにも心を留めたいものです。
自然に敬意を払い、謙虚にありたいものです。

ドラマ「この世界の片隅に」の最後は、
「負けんさんな、広島!」

「頑張りんさい」ではない「負けんさんな」の言葉は
皆が自分に願う言葉ですね。
posted by H.A at 07:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

ドラマ「この世界の片隅に」最終回

樹木希林さんがお亡くなりになられたとのニュース。
タイプは異なるが、宮本信子さんのおばあちゃんの演技に、
泣かされました。

ー負けたらいけんよー

そして、最後のあたりの被曝した母娘の様子を、
よくぞここまで再現してくれたなと。
TBSのドラマ作りに拍手です。

最後のカープとマツダスタジアムの場面は、
私的には過剰感があったのですが、
今の広島に配慮したのでしょう。

人間の生きる力のタフさを感じる作品ですが、
兎にも角にも、戦争はいけん。
これに尽きると思います。
posted by H.A at 10:36| Comment(0) | テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月16日

学部時代の恩師

遠い昔、私が大学生だった頃のゼミの指導教授 I先生が、
65歳で退官された後、奈良の大学に遷られた。
ちなみに、私の学部時代の専攻は国文学で、ゼミは平安和歌。

よって、奈良の大学というのは、平安和歌を専門とするI先生としては、
最適な場所である。
かわられてからすでに4年半経つらしく、
来春には二度目の定年となる。

ということを、昨日伺った。
恩師は、慶應大学で行われた仏教分学会に講演者として招聘され、
上京されていたのだ。
http://www.bukkyoubun.jp/studies/2018.htm


講演後で懇親会前に、少しお時間を頂戴し、
数年ぶりにお会いした。

I先生は、あの頃より小さくなられたように感じたが、
毒舌は変わらずで安心した。

その領域では第一人者のI先生は、
他国に存在する平安和歌の読み解きのために、その国から招聘されたり、
招聘されて講義に渡航したりと、大忙しのよう。

「先生は、研究者として最高に幸せですよね」と申すと、
「それはね、君」と先生、

「僕の努力の結果だよ」(笑)

結局、現在の私は国文学ではなく、経営学領域ですったもんだしているが、
研究を継続し、膨大な業績を残されているI先生の背中から、学ぶものは大きい。

IMG_7980.JPG


それにしても、大学生のころから、かれこれ30年経つ。
なんだかんだと生きてきた。
東京タワーがにじんで見える。
posted by H.A at 19:00| Comment(0) | 尊敬する人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

迫干麺

友人が手土産にくれた広島県は江田島の乾麺。
迫製麺所 という会社らしいが、
これがとても美味しかった。

https://sakoseimen.jimdo.com/

IMG_7973.JPG


讃岐うどんの太さやもちっとした感じとは異なる。
秋田の稲庭うどんより、気持ち太めで、こしが強い感じ。

とても美味しいので、バクバク食べたら、
炭水化物の塊を消化する機能が、他者と比較し非常に劣っている私は、
少し胃に負担がかかった。
家族はなんともなかったので、私の胃腸の問題は抜きにして、
美味。

美味しゅうございました。
posted by H.A at 11:45| Comment(0) | グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする